アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
レースのために生まれた一台。アプリリア新型「Tuono V4 Factory」

NEWS

レースのために生まれた一台。アプリリア新型「Tuono V4 Factory」

2021.06.15

レースのために生まれたRSV4のシャーシ構造やエンジンをベースとし、ハイハンドルを備えたスーパーバイクとして唯一無二のパフォーマンスを誇るハイパーネイキッドにエアロダイナミクスや電子制御システムを進化させた、新型「Tuono V4 Factory」が全国のアプリリア正規販売店にて販売されます。

1


Tuono V4 Factoryは極めて特別感が強いバージョンで、多くのコンポーネントをRSV4から受け継いでいます。


2つのメインライトを囲むように配置された新デザインのトップフェアリングは、高いレベルの防風性能を実現。新型RSV4に導入された革新的なデュアルフェアリングのコンセプトを踏襲していて、少ない面積でもエアロダイナミックパーツとしての機能を果たします。


3


電子制御システムも進化を遂げ、6種類のライディングモードを採用。シャシー構造は軽量で高剛性の新デザインのスイングアームで、安定したコーナリングを実現します。デザイン面も前世代から全面的に刷新。スポーティさを強調するコンパクトなフォルムが特徴です。


ウィンカーランプは2つのDRLの横側に組み込まれ、フロント部がコンパクトに。ライティングシステムはトワイライトセンサーによってロービームが自動的に点灯、急ブレーキ時にはウィンカーランプが急点滅します。さらにコーナリングライト機能によって補助ライトがコーナーの内側を照らし、コーナリング時の視認性を高めます。


横幅が狭く、従来とは異なるデザインを採用した新しい燃料タンクが導入され、ライダーのバイクへのフィット感が向上。ブレーキ時に上体をしっかりサポートすることで腕への負担を軽減し、さらにコーナリング時の外脚のレストポジションを確保します。


4


サドルは従来モデルよりも長く、長身のライダーにも対応。オーリンズ社が開発し、アプリリアのエンジニアと提携して微調整を加えた、最先端のセミアクティブ電子制御サスペンションが搭載されています。


2


もちろんTuono V4 Factoryは、アプリリアの最もスポーティなモデルの伝統を踏襲。パッセンジャーフットペグ、ライセンスプレートブラケットなど、サーキット走行に必要のない全ての要素を簡単に取り外せるように設計されています。


5


商品名/Tuono V4 Factory
価格/225万5000円
エンジン/4ストローク 水冷65°V型4気筒 DOHC 4バルブ
総排気量/1077cc
フレーム/アルミニウム製デュアルビームフレーム、Öhlins製Smart EC 2.0電子制御ステアリングダンパー
サイズ/207×810mm
重量/209Kg(燃料90%搭載時)
タンク容量/17.9L


●ピアッジオ グループ ジャパン
03-3454-8880

記事の一覧へ