アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
MADURO STYLE第113回/ロフトやテラス付きで平屋建て!MADURO STYLEまごころ住宅のモデルハウスがオープン!その①

RECOMMENDS

MADURO STYLE第113回/ロフトやテラス付きで平屋建て!MADURO STYLEまごころ住宅のモデルハウスがオープン!その①

  • 2022.01.14

今回、MADURO STYLE岐阜&滋賀のモデルハウスが岐阜県大垣市に完成。そこで、MADURO STYLE岐阜&滋賀を運営している、まごころ住宅さんを取材。全国的に平屋建てブームな昨今、今回のモデルハウスも平屋建てで、シンプルでモダンな外見、ロフト、バルコニーテラスなど魅力満載な仕様です。早速、そんなモデルハウスの詳細について、まごころ住宅彦根支店・店長の小林秀一郎さんにお伺いしてきました。

「MADURO STYLEまごころ住宅」のモデルハウスの4つのポイント

①岐阜、滋賀でも人気の平屋建て仕様。
今、全国的に平屋建てが大人気。岐阜と滋賀でも平屋建てが増えています。「岐阜と滋賀で平屋建てが人気の理由は、土地が安く、広く土地が取れるからです。つまり、狭い土地に2階建てよりも、広い土地に平屋建ての方が、費用対効果も高いのです」と、小林店長は分析。
②マンションでは叶わない、平屋建てだからこそできる、自由で大胆なLDK設計。
リビングすぐ横にテラスを設置。そのテラスから外に出入り可能。いわゆる、もう1つの玄関です。こんな動線は、マンションでは絶対叶いません。「広く設計されたLDKから空を感じるので、視覚的にも開放感たっぷりです!」と、小林店長。
③子供も大人も秘密基地的に使えるロフトを設置。
平屋建てなのに、リビングの端には階段が…。登ってみると、秘密基地のようなロフトが出現! 子供の遊び場としてはもちろん、プロジェクターで映像を壁に映せばミニシアターにも早変わり。
④多種多様に使える!平屋建てにマストなパティオ。
道路側にはパティオを設置。目隠し用の壁を1枚設けて植物を植えれば、外からの目線も気になりません。平屋建ての広い土地だからこそ、大胆にパティオを配置できます。オープンカフェとして、BBQテラスとして、子供プールとして、いろいろ使えます。
MADURO編集部(以下Mに略) 今回のこのモデルハウスは、どんなところに力を入れているのでしょうか?

小林 これまでは耐震や断熱、太陽光パネルなど、いわゆる家のメカニズムに重きを置いて、家を建ててきました。お客さまも、それで満足いただいておりました…。しかし、コロナ禍の昨今、お家時間が増えて、家の中をどう楽しめるか、を求めるようになりました。つまり、家の中の生活様式が大きく変わりました。安心安全面、機能面がしっかりしているだけの家創りでは、十分に満足していただけません。楽しい暮らし、素敵な暮らし、ワクワクするような家が求められています。それにしっかり対応していくために、1年前にnattoku住宅さんとパートナーシップを結びました。さらに今回、格好良くて住み心地のいい家をお客さまに体感していただくために、このモデルハウスを創りました。これでようやく自信を持って、お客さまに新しい家創りを提案できるようになりました。

M どうして平屋建てにしたのですか?

小林 岐阜や滋賀は、隣の京都や大阪、名古屋に比べて全体的に土地が安いこともあり、広い土地を購入できます。むしろ、2階建てよりも、広い土地を使って平屋建てにした方が、費用対効果も良く、余裕を持って間取りを設計できます。平屋建てブームのこともあり、ここ最近お客さまから「平屋で建てたい」という要望がぐんと増えました。そこで、岐阜県大垣市の幹線道路沿いに平屋建てのモデルハウスを今回建てたのです。75坪の土地に、建坪は45坪。広々とゆとりを持って設計できました。

M モデルハウスを拝見して気付いたことは、まず玄関のドアが引き戸というのが特徴的でした…。

小林 玄関手前に屋根付きの大きなスペースを設けて、自転車やベビーカーを置きやすいように、玄関は引き戸にしました。引き戸の玄関だと、ドアの開閉時にデッドスペースができないので、とても使いやすいです。玄関を入ってすぐ右のシューズクローゼットから洗面所〜バス&サニタリー〜LDKに繋がる動線も、外からの菌を家の中に持ち込まないための仕様です。もちろん玄関正面のドアから直接LDKに繋がる動線も設計。玄関から2つの動線を設けたことも、このモデルハウスの特徴です。

M 最近、コロナ禍で需要が多い「玄関から手洗いへの動線」も、しっかり設けていますね! LDKもとても広く感じます!

小林 高さを活かした「縦のスペース」を上手く活用できた結果ですね! 吹き抜けで高さを設けると、開放感が生まれ、平米数以上に広く感じます。屋根の傾斜を利用して、2階建てのような吹き抜けの仕様をプラスしました。さらにキッチンの真上には、ロフトを設けました(※このロフトの天井の高さは1.4mを超えていますので、構造上、厳密に言えばこのロフトは2階にあたります)。子供の遊び場やミニシアターとしても使えます。さらに秘密があって、ロフトの先にはテラスもあるんです。外から見ても全くテラスはわかりません。つまり、ロフト同様にこのテラスも秘密基地なんです。お客さまは「え〜、平屋建てなのに、2階にテラスがある!」って、みんなビックリします!

M 見事なスペース活用ですね! このモデルハウスは間取りの工夫といい、素材や装備といい、とても盛りだくさんですね!
 
小林 モデルハウスは、家を創る側(ビルダー)が「お客さまに体感してほしい仕様」をいろいろ盛り込んでいます。つまりモデルハウスは「見せ場」が多く、間取りが大きくなり、設計も豪華になります。モデルハウスを見学したお客さまは皆感激してくれます。しかし、その反面「こんなに豪華な家は、予算的に無理かも…」と引いてしまうことも多いのです。ですので、お客さまには、ぜひとも「モデルハウスの気に入ったところ」を切り取って、ご相談いただければと思います。

M お客さまにとっても、まごころ住宅さんにとっても、このモデルハウスの役割はとても重要ですね!

小林 はい! まごころ住宅は、お客さまにモデルハウスを体感していただきながら、理想の家創りをお客さまと共有しながら、予算に合わせてギュッと凝縮したプランをこれからも提案していきます。そのために、この岐阜県大垣市のモデルハウスの他に、滋賀県彦根市に2022年3月モデルハウスが完成する予定です。ぜひ、そちらも参考にしていただければと思います。
リビングからキッチン&ダイニングを眺めた光景。キッチンの上にはロフト、さらにリビング横には4畳半の和室が。和室は玄関からも入れます。
リビング奥のテレビスペース台の下には、間接照明を設置。壁上部の間接照明と窓からの採光も合わせて、気持ちのいい明るいリビングが実現。エアコンの目隠しなど、細かいところにも配慮。
キッチンの天板には、白と黒がマーブルになった御影石を使用。キッチンの後ろ側にはガラス戸を設置。ガラス戸の奥には、冷蔵庫スペースと収納棚を設けました。ガラス戸で冷蔵庫やキッチン用品、調味料を隠せるから、すっきりとしたお洒落なキッチンが実現。
玄関左には、飲み物や保存食料、キッチン用品などを収納するパントリーも設置。スペースを上手く有効活用した好例。
玄関のシューズクローゼットの先には、洗面台を設置。洗面台の真上にはトップライト、さらに天井はガラス窓を設置して、明るい空間に。モデルハウスは洗面台が2つ並んでいますが、1つを収納棚に変更することも可能。
玄関のシューズクローゼットの隣には、小上がりが付いた4畳半の和室を配置。ゲストが訪れた時は、まずはこの和室でお茶を飲みながら待機していただいて、その間にリビングやキッチンを片付ける…という便利な使い方も!
キッチン奥の階段を上ると、テラスとロフトが出現! 平屋建て仕様なのに、2階建てのような仕組み。外観からは予想できない仕掛けに、見学に来たお客さまは皆ビックリしながらも、大感動。
まごころ住宅
彦根支店・店長
小林秀一郎さん

1978年生まれ。滋賀県出身。23歳の頃から不動産業に携わり、15年前にまごころ住宅の代表の藤村典久さんと会社を設立。6年ほど現場監督を務めて、その後、営業に。「不動産や建物の構造まで熟知している営業」としてお客さまから信頼され、メキメキと成績を上げていきました。当時は、営業の最前線として年間20棟販売。現在は店長として彦根支店を統括。妻と4人の子供をこよなく愛す、良きパパ。

MADURO STYLEまごころ住宅モデルハウス
https://magokoro-home.co.jp/jutaku/
岐阜県大垣市東町3-20-9
営業/10:00〜17:00(予約制)

まごころ住宅 岐阜本社
☎️058-214-7790
岐阜県岐阜市東鶉3-61

まごころ住宅 彦根支店
☎️0120-23-1855
滋賀県彦根市戸賀町153-4
地域に家を建てたい方、興味がある方は
MADURO STYLEの公式HPへ
https://www.maduro-style.com

公式HPではMADURO STYLEのコンセプトや仕様の解説に加えて、納得住宅工房の建てた家を巡り、その魅力やオーナーさまの感想をまとめた連載「週刊MADURO STYLE」も展開中です。またお問い合わせた方には嬉しい特典も!?
記事の一覧へ