アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
MADURO STYLE第118回/平屋建てブームの先駆者、翼創建が建てたMADURO STYLE群馬のモデルハウスが完成その②

RECOMMENDS

MADURO STYLE第118回/平屋建てブームの先駆者、翼創建が建てたMADURO STYLE群馬のモデルハウスが完成その②

  • 2022.03.25

前回に続き、群馬県太田市に完成した平屋建てのMADURO STYLE群馬モデルハウスをご紹介。このモデルハウスは、平屋建てブームの先駆け的ビルダーの翼創建とnattoku住宅がタッグを組んだ自信作。その魅力を翼創建の稲津社長に取材してきました。

MADURO STYLE群馬モデルハウス3つの特徴

①ブームの先駆者だからこそ、平屋建ての良さを知り尽くした設計。
翼創建が平屋建てを推進し始めたのは、およそ15年ほど前から。それまでは平屋建てと聞くと、古臭くて、ちょっとダサい印象がありました。しかし、翼創建のおかげで、平屋建てはモダンでハイセンスな印象に180度変わりました。群馬から日本に広めた住宅の最新トレンドとなりました。今や翼創建の注文住宅の6割が平屋建て。平屋建てトレンドを創り、その実績や豊富な経験を元に、熟知した翼創建が創る平屋建ては、余計な装飾を排除したミニマム、シンプル、モダンが信条。ハイセンス=シンプル。これが一番格好良くて、暮らしやすい。そんなお客さまの新しいライフスタイルをモデルハウスに落とし込みました。
②今求められているラグジュアリーとは、無駄な装飾を排除したシンプルモダン…そんな次世代注文住宅。
広い土地に贅沢に建てられるのが、平屋建ての良さ。海外の高級住宅街や別荘地にある平屋建ては、まさに、シンプル•イズ•ラグジュアリー。そこで、このモデルハウスでも、ディテールに渡り余分な装飾を排除したシンプルデザインで設計。例えば、家の中のどこにも出っ張りがない造り。また、窓の高さを全て統一したり、天井の高さも凸凹をつけずにフラットに揃える…そんなライン取りがミニマムデザインで美しい。さらにコンセントを目立たないように隠したり、壁と床の境目にある「巾木」を目立たないようにしたり、細かいところまでこだわる。それが随所に渡り丁寧に設計されているからこそ、結果、全体的に暮らしやすい機能美デザインとしてまとまっています。
③大手メーカーでは実現不可能!宮大工出身ならではの丁寧で美しいディテール。
神社・仏閣を建造してきた宮大工出身の稲津社長。それゆえに、翼創建が創る注文住宅のディテールを見ていくと、宮大工出身ならではの丁寧な仕事と細かいこだわりに気付きます。このモデルハウスにも宮大工出身ならではの「造りの良さ、美しさ」が随所に詰まっています。例えば、床のタイルの目地に真鍮を入れたり、建材や家具の素材や色味をきちんと全て合わせたり、継ぎ目を目立たなくしたり…まるで神社・仏閣のごとく丁寧な仕上がりになっています。
MADURO(以下Mに略) なぜ、群馬県で平屋建てをここまで推進するのですか?

稲津社長(以下、稲津に略) 群馬県は広い土地が手に入りやすいこともあって、狭い土地の2階建てに住むよりも、広い土地の平屋建てに住む方が快適で暮らしやすい!と推進してきました。というのも、平屋建てなら、2階までの階段の上り下りがなくなりますから、小さい子供はもちろん、ご家族が歳を取られてからも住みやすいんです。だからと言って、広大な土地に漠然と家を建てるのではなく、敷地を最大限に活かした、暮らしやすくてモダンな平屋建て提案しています。パッと見、シンプルにして、細かいところの仕上がりが美しい…まさにシンプル・イズ・ラグジュアリー! そんな平屋建てをたくさん創ってきました。これからも群馬県のより良い住宅事情を推進していきたいと思います。

M  なるほど。経験と技術に裏付けされたノウハウをお持ちなんですね。

稲津 経験上、注文住宅で一番大事なことは、「無駄な廊下」を作らないこと。例えば、玄関からLDKへのアプローチは、できるだけ短く! 玄関→LDKの動線が短くても、LDKの入口に重厚な扉を一枚設置するだけで、快適さ、暮らしやすさは数倍アップします。玄関では宅急便やAmazonなどの受け取りもしますので、動線が短くても、扉一枚あれば家の中のプライバシーは確保できます。この扉を一枚設置するだけで、広くて快適なLDKが実現するのです。また、お風呂から洗面所、そしてランドリースペースの動線…つまり水回りを一つにまとめて動線をダイレクトにすることで、奥さまの家事効率がグンとアップします。いくら平屋建てと言っても土地は限られていますので、無駄な動線やスペースを創らないことが、平屋建てをよりシンプル・イズ・ラグジュアリーに広く見せるポイントです。無駄な動線やスペースを創らない分、パティオを設けてバーベキューやオープンカフェなどアウトドア感覚も楽しめる設計にしています。パティオは外部からの視界が気にならないように壁を設けたりしてます。その壁の高さも家の中に「優しい日差し」が入り込む絶妙な高さに設定しています。これらは、注文住宅の6割が平屋建ての経験の成せるノウハウです。

M このモデルハウスで、他にもこだわった点はありますか?

稲津 前回も申し上げたとおり、大手住宅メーカーのような画一化した家を絶対に創りたくありません。お客さまが「どんな暮らしをしたいのか?」「どんなライフスタイルを望んでいるのか?」を最優先し、いかにそれを具現化できるか、を最大限のミッションにしています。暮らしやすさの機能面ばかりを優先しても、ワクワクさや面白みに欠ける家になってしまいます。そこで「格好良さ」「センスの良さ」も同時に追及しています。というのも、ライフスタイルを大事に考えているお客さまは、「格好良さ」「センスの良さ」も大事にしているからです。暮らしやすさに「格好良さ」「センスの良さ」も加わらなければ、お客さまが本当に満足してくれる、より良いマイホームは実現できません。そんな家創りこそ、翼創建の真骨頂です。

M  すごく納得です!

稲津 このモデルハウスのLDKのデザインにも、そんな真骨頂が見られます。壁や床、キッチンカウンターの天板、さらにテーブルや椅子などの家具類まで、全て素材感や色味を合わせて、シックな印象に調和させて、丁寧に仕上げています。「パッと見、シンプルだけど、格好いい、センスいい!」。それができるのも翼創建でインテリアコーディネーターを抱えているからです。建材の素材や色味だけでなく、家具のグレードや色味までトータルにコーディネートできてこそ、お客さまに本当に満足していただける家が完成するかと思います。

M このモデルハウスにも、そんな真骨頂が見て取れますね!

稲津 今回のこのモデルハウスで、お客さまが「格好いい! こういう家に住みたい!!」と、新しいライフスタイルを発見していただければ何よりです。新しいライフスタイルが、これまでよりもグレードの高い暮らしになるように、細かいディテールにまで徹底的にこだわって仕上げました。実際の暮らしがイメージできるような、リアルなモデルハウスにしています。例えば、ウォークインクローゼット。スタイリストにお願いして、実際にクローゼットの中に洋服を入れてもらったり…キッチンにはシンプルで格好いいリーデルのグラスやバルミューダのキッチン家電を揃えたり…と。もちろん、見た目の格好良さばっかり追求しているわけではありません。前述のパティオの壁を高くすることで外部からの視線はもちろん、騒音の遮断対策まで対応しています。また、広い窓を設置することで、採光をしっかり取ることができます。この採光によって、電気や暖房などの光熱費の節約にも繋がります。さらに、漆喰の壁は高級感や美しさだけでなく、調湿や防臭効果もあるんです。

M まさに「家族のウェルビーイングな暮らし」を追求した、お手本のようなモデルハウスですね!

稲津 ぜひ、皆さん、一度このモデルハウスをご覧ください!
玄関左にはシューズクローゼットを設置。シューズクローゼットを鏡張りにすることで、玄関からLDKのアプローチが短くても、広く開放的に見えます。玄関先のLDKの扉の左右をガラス張りにすることで、プライベート感を守りながらも、さらに開放感もプラス。モデルハウスに訪れたお客さまは、まずこの玄関を入った瞬間から「ラグジュアリー!」と大感動。
モデルハウスは国道に面しているため、外からの視線も気になります。そこでLDKの前にパティオを配置。さらにパティオには高いタイル壁を設置。クルマの騒音も遮ります。LDKにしっかりと「優しい日差し」が入るように、壁の高さも計算されています。
リビングのテレビの後ろ壁には、イタリアから直輸入の塗り壁「ユーロスタッコ」を採用。さらに「ユーロスタッコ」の左右には、LDKの前にあるパティオの壁に使ったタイルでデコレーション。パティオのタイル壁が家のリビングまで繋がっている印象を与えることで、空間がより広く感じられます。
白を基調としたダイニングキッチンは、大きな窓からの採光でとても開放的で明るい空間に。
キッチン後ろの家電を置く棚の奥を鏡張り仕様に。このおかげで、奥行き感が出て、より開放感をアップ。さらに海外ブランドでキッチンをコーディネートすることで、ラグジュアリー感とセンスの良さをプラス。ミーレやバルミューダの高級家電、グローエやリーデルなどの高級キッチンツールなど海外ブランドの代理店もしている翼創建だからこそのコーディネート。
床や壁、天井にふんだんに木を使った主寝室。優しくて落ち着いた感じは、良い眠りを約束してくれます。さらに枕元の照明と天井の間接照明が、リラックス感をさらにアップ。
花粉、ホコリやウイルスが気になって、洗濯物を外で干したくない…そこで広めのランドリースペースを設けて、室内干しも可能に。さらに、乾燥機の設置位置までもこだわりました。乾燥機から出したシャツ類はそのまま後ろのクロークに、下着類はすぐ隣の衣類棚に。
バスルームには広い窓を設置。これで、バスタイムが数倍快適に。広い窓の先にはパティオが配置。パティオの先には高いタイル壁。これで開放感たっぷりにして、プライバシーも確保。夜は星を見ながら、バスタイムを満喫。
バスルームのシャワーシステムには、ドイツの高級バスブランドの「ハンス グローエ」を採用。床や壁には白とグレーのタイルを採用。海外の5つ星ホテルのようなラグジュアリーなバスルームに仕上がっています。
3畳の広いウォークインクローゼット。廊下などの「無駄な動線」は徹底的に排除していますが、その分、収納などの「必要なスペース」はしっかり確保。このモデルハウスではよりリアルな暮らしをイメージしてもらうために、通常のモデルハウスよりも多めに洋服を収納。これで洋服が増えても、セレクトショップのようにお洒落できれいに収納できます。
MADURO STYLE群馬
翼創建
代表取締役社長
稲津幸司

もともと宮大工として働いていたこともあり、細かいディテールにまでこだわった丁寧な家創りが信条。また「現場はいつも整理整頓きれいな環境で、ゴミが散らかっていてはいけない!」「目に見えないところも手抜きせずに、きっちり丁寧に仕上げる!」など、家創りに対してとても厳しい姿勢を、社員や大工さんにも貫いています。そんな昔気質な仕事ぶりに、お客さまからの信頼も絶大。また、時代の変化に合わせて、space creative「thinks」という注文住宅ブランドで、お客さまからの新しい生活ニーズにも応えています。さらにショールームにカフェを併設したり…と、従来の工務店のイメージを一新。常に新しい風を吹き込んでいます。
MADURO STYLE群馬モデルハウス
☎0276-56-9242
群馬県太田市東矢島町1371-1
営業/10:00~18:30※予約制(水曜、月3回火曜定休)

MADUEO STYLE群馬
翼創建

☎︎0270-32-8411
群馬県伊勢崎市富塚町221-11


地域に家を建てたい方、興味がある方は
MADURO STYLEの公式HPへ
https://www.maduro-style.com

公式HPではMADURO STYLEのコンセプトや仕様の解説に加えて、納得住宅工房の建てた家を巡り、その魅力やオーナーさまの感想をまとめた連載「週刊MADURO STYLE」も展開中です。またお問い合わせた方には嬉しい特典も!?
記事の一覧へ