アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
MADURO STYLE第119回/神奈川にMADURO STYLE秦野のモデルハウスが完成!アイ.創建がこだわる身体に優しい家創りとは!? その①

RECOMMENDS

MADURO STYLE第119回/神奈川にMADURO STYLE秦野のモデルハウスが完成!アイ.創建がこだわる身体に優しい家創りとは!? その①

  • 2022.04.08

神奈川県西部で注文住宅を展開する、地域密着型で住む人の快適な暮らしをプロデュースするアイ.創建。ハウスダストやアレルギーなどに配慮して、住む人が快適で健康的な毎日を送れるように、とことん自然素材にこだわっています。そんなアイ.創建の拠点である秦野市にMADURO STYLEのモデルハウスを創りました。そのモデルハウスに込められた家創りへの思いや自社の歴史について、アイ.創建の平原社長に取材しました。

アイ.創建の家創り3つの特徴

①凄腕大工の父親、1級建築士の母親…家族全員で家創りのプロ、家業として、お客さまの注文を叶えます。
平原社長は2代目で、父親がアイ.創建の創業社長。現在は社長業は息子に受け継ぎ、今もまだ現役の腕の良い大工として活躍中の父親。そして、母親は1級建築士として、今も設計や営業で活躍中。家族全員が家創りのプロ。家族だからこそ、家業だからこそ、あうんの呼吸でセンスや感覚を共有できる…そんな家族経営のモノ作りの良さが、このアイ.創建の家創りにも反映されています。
②心地いい家創りとは、人に優しい家創り。だからこそ、自然素材にとことんこだわります!
平原社長の息子さんがアトピーになったことをきっかけで、「人(の身体)に優しい」が家創りの第一義に。シックハウスへの悪影響を及ぼす化学物質をできるだけ排除。自然な素材を中心に使います。壁は天然の漆喰、床は無垢素材、建材はナラやシンゴンなどの自然木を使用し、アトピーやウイルスに対応。アイ.創建で家を建てたお客さまからは、「子供のアトピーが良くなりました」というたくさんの声が。心地いい暮らしの根底には、人に優しい家創りがあるのです。
③注文住宅の臨機応変な適応力を活かしたリノベーションは、マンション、店舗などあらゆる場面で対応可!
注文住宅だけでなく、賃貸住宅や店舗などの設計施工や、マンションのリノベーションにも対応。創業以来、大工の父親と設計士の母親の「あうんの呼吸」で奏でる、次元を超えた高品質な仕上がりが信条。これは技術力だけでなく、徹底した施工管理を家族間で共有して大切にしている証。どんな設計デザインも完璧に叶えます。
MADURO編集部(以下Mに略)家族経営の良さが特徴のアイ.創建ですが、創業してどれくらいですか?

平原 父が1986年に創業。今年で36年目です。父は中学卒業後、東京の親戚の工務店で大工の修行をしていました。一緒に修行していた父の兄が神奈川県の大磯で独立する時に父も大磯に移り住みました。最初はそこで大工の仕事を手伝っていたそうです。当時、母はパートで働いていたのですが、「夫は腕の良い大工だけど、このままではただの大工の棟梁だけで終わる。このままではダメだ、私も何か手伝わないと!」と一念発起。母は設計士の資格を取得して、父と共にアイ.創建を創業しました。父が大工で社長、母が設計士で営業も担当。創業時から、大工と設計士の、このスタイルは今も変わりません。その後、母は1級建築士まで取得しました。今は社長業や営業は私の役割で、まさに家族全員で家業としてお客さまに対応しています。

M 工務店として仕事を受注して、良い家を建てる。工務店としての評判が高まれば、父親の大工としての評判、母親の設計士としての評判も高まる…そんな、平原社長の母親の先見性が、今のアイ.創建のカタチを創ったのですね!

平原 母は設計士になるために、設計事務所に無償で修行に入りました。そこで設計について学んだそうです。並行して学校にも通いました。そんな努力のかいがあって、設計士の資格を取ることができたのです。秦野市で創業したのは、父の兄の進言から。「神奈川県の中でも大磯よりも秦野市の方が土地代が安い。だから、これからはどんどん秦野市は開発されていく」と。その兄の言葉通り、秦野市は分譲地の開発が盛んになりました。その仕事を請け負ったアイ.創建は、その後順調に受注が増えていきました。

M それは、素晴らしい! 平原社長ご自身はいつからアイ.創建さんに入ったのですか?

平原 私はずっと父の大工の仕事を見て育ってきました。大学を卒業してすぐに父の元で大工の見習いから始めました。家創りの要は、大工です。そして、大工の仕事をさらに極めるために3年間修行にでました。私が25歳くらいの頃、2005年後半にアイ.創建に戻り、まずは営業の仕事から始めました。昔の工務店は、兄弟や親戚などを辿って、その血縁関係から発注をいただき、それで仕事が回っていました。今の時代はそれではやっていけません。大工の腕がいいだけでもやっていけません。これからはもっと広くアピールして、どんどんお客さまの新規開拓をしなければいけないと思って、家業では営業職を選びました。

M 工務店の古い体質の問題点を洗い出した結果、営業職に行き着いたんですね!

平原 ええ。でもチラシを持って家を一軒一軒回るという、とても地味な営業をコツコツと続けました。それを地道に続けたところ、3年くらいで営業が実り始め、受注が増えていきました。ですが、利益率は悪く、利益を出しにくい厳しい経営体質でした。ローコストの家ばかり建築、販売していたのが原因です。さらに追い討ちをかけるように、息子がアトピーを発症。いくつもの病院を回ったのですが、アトピーの原因はわからない…。でも、いろいろと調べていくうちに、どうやら家の壁や床などに使われている接着剤や塗料、そして部屋のカビやホコリが原因だと判明。これをきっかけに、価格が高くなってもいいから「人の身体に優しい家」を作ろうと決意しました。
「価格の安い家」から「人に優しい家」創りにシフトしてから、利益率は改善し始めました。

M アイ.創建さんのコンセプトである「自然素材にとことんこだわった温もりのある家創り」の始まりですね。

平原 はい。でも、初めは「はたして高価な家は売れるだろうか?」と不安でいっぱいでした。ところが結果、高くても良い家を望むお客さまが、たくさんいらっしゃったのです。アトピーやアレルギーに敏感な子供は多いです。それを一番悩んでいるご家族も多く、アトピーやアレルギーのない快適な毎日の暮らしをもとめていました。つまり、快適な毎日の暮らし=自然素材を使った「人に優しい家」が必要だったんです。「子供のアトピーが良くなった」と喜びの声をたくさんいただけるようになりました。

M そうして2013年、アイ.創建さんはnattoku住宅とパートナーシップを結ぶ…

平原 はい! 「人に優しい家創り」に、nattoku住宅さんの「デザインへのこだわり」「お客さまへの心配り」が加われば、さらにお客さまからの喜びの声が増え、より良い快適な暮らしを実現できると思いました。パートナーシップのおかげで、さらにブラッシュした高品質で快適な家を提供できるようになりました。

M 素晴らしいですね! 次回はnattoku住宅と一緒に創ったMADURO STYLE秦野モデルハウスを詳しく紹介していただきます。

次回、詳細をご紹介! 以下の写真は、アイ.創建が手がけるMADURO STYLE秦野モデルハウスをチラ見せ。
外壁には、防音性の強いALCパワーボードを採用。交通量が多い国道に面しているにも関わらず、家の中は静か! さらに、アイ.創建独自の「耐震/制振」構造が、家族の安心安全を保証します。
内装と床の色に合わせて、家具もセレクト。リビングを吹き抜けにすることで、28坪というコンパクト設計ながら、家の中が開放的に広く感じられます。
nattoku住宅のお家芸、温かみのある凸凹した無垢のフローリングを採用。素足で歩くと凸凹と無垢の素材が最高に気持ちいい。豊富な木の種類の中から、フローリングを選ぶことができます。
MADURO STYLE神奈川
アイ.創建
代表取締役社長
平原 績

100の家族の暮らしがあれば、100通りの家創りがある。だからこそ「建築計画を自分色にまとめる作業をする、お客さまのサポート役です」が会社のモットー。それを実現できるのは、平原社長本人はじめ、父親、母親と家族全員が家創りのスペシャリストだからこそ。家業として腕も目利きも一流だからこそ、長く快適で安心安全に暮らせる家を提供し続けられるのです。
MADURO STYLE秦野モデルハウス
☎️0463-75-3633
神奈川県秦野市堀西440
営業/10:00~17:00 ※予約制(火曜、水曜定休)

MADUEO STYLE秦野
アイ.創建

☎️ 0463-75-3633
神奈川県秦野市戸川448-2
地域に家を建てたい方、興味がある方は
MADURO STYLEの公式HPへ
https://www.maduro-style.com

公式HPではMADURO STYLEのコンセプトや仕様の解説に加えて、納得住宅工房の建てた家を巡り、その魅力やオーナーさまの感想をまとめた連載「週刊MADURO STYLE」も展開中です。またお問い合わせた方には嬉しい特典も!?
記事の一覧へ