アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
謎のアーティスト「WurtS(ワーツ)」Youtubeで100万回再生の中毒性【必聴ミュージック】

RECOMMENDS

謎のアーティスト「WurtS(ワーツ)」Youtubeで100万回再生の中毒性【必聴ミュージック】

  • 2022.05.30

本格的な音楽活動を始めてわずか1年。アグレッシブでジャンルレスな音作りで、音楽シーンの中心に踊り出たWurtS(ワーツ)。中毒性の高いキャッチーな表現力で、世代を超えて支持される謎に迫ってみました。

最新曲「ふたり計画」に昭和の薫り?

【短編映画】いつか回り回って恋人に戻れたら幸せです - 純猥談。
「かぐや姫の『神田川』みたいだな」。これはある50代のオーディエンスから届いた感想です。WurtS(ワーツ)の新曲「ふたり計画」は、性愛にまつわる体験談投稿サービス「純猥談」の短編映画第4作「いつか回り回って恋人に戻れたら幸せです」の主題歌。

10分に満たない短編は、高校時代の初恋の相手をいつまでも忘れられない男女が、同窓会で再会して、「もう一度やり直したい」という思いの中で意外な結論を出す物語です。

純愛でありたいと願いながら、どこか倒錯した思いに駆られる若者の心情を上手く投影し、その情感は約半世紀前の大ヒット曲の世界観に通じるものがあります。
そしてその主題歌になった曲「ふたり計画」もしかり。

二人の「愛する」が惰性になって、その思いにお互い気づいているのに知らぬふりをして結論を先延ばしにする。時代も状況設定も異なるけれど、壊れやすい二人は、どこか「神田川」とシンクロする情緒を覚えるでしょう。

【特別映像】WurtS - ふたり計画 (Lyric Video)

21世紀生まれで、おそらく現役大学生のWurtSは、お洒落な音楽だと認識されているかもしれません。作詞、作曲、アレンジ、アートワークや映像制作に至るまですべてをセルフプロデュースし、同世代の旗頭で稀代のポップセンスを披露し続けている日本のシンガーソングライターVaundy(バウンディ)からも「WurtSは売れるぞ」とツイートされた通り、10代後半〜20代を中心にした多くの支持を得ているコンテンポラリーなセンスや感覚は、いわゆる最先端の「お洒落」なのかも…。

ただ、DTMとして厚みを持たせた伴奏(アレンジ)は、ノイジーなニュアンスをまとい、どこか泥臭いロックテイストを感じ、感情を吐露しないフラットなボーカルは「なげやりな青春」「ひねた態度」を連想させます。

また、上手くいかない恋愛をテーマにした楽曲も多く、その歌詞は抽象的な言葉を使いながら、真逆にある直情的な「やるせなさ」というシンパシーを放っているように聴こえてきます。それは「夏目漱石」「太宰治」を愛読する文学青年らしいという側面からも納得はできます。

素性は謎のアーティスト、不良の匂いはエモくてメロウ

素性は謎のアーティスト、WurtS。
そう、WurtSって本当にヤバイ。不良の匂いを漂わせながら、令和のクールな若者から昭和の薫りを好む世代まで、胸ぐらをつかむように心を鷲づかみにしていきます。それは「エモくて、メロウ」とイマドキの言葉で表現すればより伝わりやすいかもしれません。

実際、サビだけの投稿で、わずか1ヶ月で100万回再生を超えた「分かってないよ」は、誰しもが思う意思疎通の難しさをテーマにしながらも、万人の心に突き刺さるようなインパクトのあるキラーチューンになっています。

スノッブなBGMとして最適な、最近のシティポップなどにちょっと食傷気味な方々には、一聴しただけでワクワクするアグレッシブで、刹那的かつ中毒性のあるWurtSの楽曲をぜひ聴いてみてほしいと思います。

WurtS - 分かってないよ (Music Video)

2022年6月に東京、名古屋、大阪で「W’s LIVE 2022」を開催予定。
ちなみに去る4月18日に、初の有観客ワンマンライブ「WurtS LIVE 2021-2022」を開催しましたが、6月には東京、名古屋、大阪で、盟友「PEOPLE1(ピープルワン)」と対バンする「W’s LIVE 2022」も控えています。今後はもっと積極的なライブ活動も期待されます。機会があれば、生でもぜひWurtSを体験してください。
●WurtS(ワーツ)
2021年本格始動。
作詞・作曲・アレンジ、アートワークや映像に至るまで全てをセルフプロデュースする21世紀生まれのソロアーティスト。しかし、その素性は謎のまま。

2021年6月、TikTokでバズった「分かってないよ」はデジタルEP「MAGICAL SOUP」に収録され、自主レーベル「W's Project」からリリース。同年8月、デジタルEP「Radio Sausage」収録の「リトルダンサー feat. Ito (PEOPLE 1)」が、トヨタ自動車「カローラシリーズ」のCMソングに起用。1stアルバム「ワンス・アポン・ア・リバイバル」は、「第14回 CDショップ大賞 2022」で大賞<青> を受賞。

2022年5月発表の最新曲「ふたり計画」は、「純猥談」の短編映画「いつか回り回って恋人に戻れたら幸せです」の主題歌に起用。WurtSが発信する楽曲は、ロック、ヒップホップ、エレクトロ等、様々なジャンルの垣根を超え、日々変貌を遂げています。
鶴田茂高
気持ちいいと感じた音を多くの人に伝えたいと願う音楽愛好家。グルメ、酒、ファッション等もお伝えします。
記事の一覧へ