アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
MADURO STYLE第128回/滋賀でMADURO STYLEのモデルハウスを展開する、まごころ住宅の暮らしやすくて格好いいSDGsな家創りの全貌を明かします!

RECOMMENDS

MADURO STYLE第128回/滋賀でMADURO STYLEのモデルハウスを展開する、まごころ住宅の暮らしやすくて格好いいSDGsな家創りの全貌を明かします!

  • 2022.08.26

前回、機能性とデザイン性を兼ね備えたMADURO STYLE滋賀モデルハウスを取材しました。その着工を手がけたまごころ住宅は、セルロース建材や太陽光パネルに長けた、滋賀、岐阜で展開する地域のビルダーです。今回は、前回に引き続きモデルハウスの性能面や環境面をひも解きながら、地域でSDGsでウェルビーイングな家創りを推進している、まごころ住宅のフィロソフィーについて、まごころ住宅彦根店の店長・小林秀一郎さんにお話を伺いました。

MADURO編集部(以下Mに略)このMADURO STYLE滋賀モデルハウスは、すぐ近くに幹線道路があるのに、クルマの音がほとんど聞こえないですね。家の中は、とても静かですね!

小林 外壁に、高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート「ALC」を使用しています。このALCが、騒音のシャットアウトに貢献しています。遮音性が優れているだけでなく、断熱性も非常に高くエアコンの効きも抜群なので、光熱費の節約にも繋がります。さらに、窓は機密性の高いリクシル製のサッシを採用しています。このお陰で、夏は涼しく冬は暖かい、抜群の室内環境に仕上がっています。電気の使用を抑えられます。SDGsの観点から環境への配慮もなされています。

M 確かにこのLDKは24畳という広さなのに、エアコンが1機しかありませんね!

小林 さらにALCは、アスベストはもちろん、トルエンやキシレンなどの揮発性有機化合物(VOC)を一切使用していません。アトピーなどのアレルギーに配慮した、体に安心安全な環境を徹底しています。さらに断熱材は、セルロースファイバーという天然素材(パルプ)を使用しています。ですから、まごころ住宅が創る家は、人や環境にとても優しいんです!

M 環境に優しいと言えば、まごころ住宅はずいぶん前から、「太陽光発電の住宅」に力を入れてるんですよね?

小林 はい。東北大震災をきっかけに日本全土で、いや地球規模で「再生可能エネルギー」への取り組みが加速しました。2000年代に入って太陽光発電が出てきまして、震災以後、まごころ住宅も家創りにおいて太陽光パネルの設置に力を注いできました。当初は太陽光発電で溜めた電気を住宅1軒につき年間100万円ほどで売却できたこともあって、売電目的でかなりの勢いで全国的に太陽光パネルが普及しました。でも、現在は売電単価は低くなりました。売電目的よりも「子どもたちの未来の環境」や「災害や停電」を考えて、太陽光パネルの設置を検討されるお客さまが増えました。SDGsについて皆さん真剣に考えている方が増えている証拠です。災害対策について考える方も増えました。コロナ禍や戦争の影響で物価が上がっていく昨今に、電気代の大幅な上昇も考えられますので、太陽光=自然のパワーを電気に変え、それを蓄えることができる太陽光パネル&蓄電池は、ウェルビーイングな社会作りやより良い快適な暮らしには必要不可欠だと思います。

M  現在〜未来を見据えたまごころ住宅の家創りは、まさにサスティナブルですね。MADURO STYLE滋賀モデルハウスをご覧になれば、まごころ住宅の取り組みがよくわかります。ぜひご覧になってください!

まごころ住宅がウェルビーイングを徹底する「太陽光発電」3つの特徴

①太陽光パネルを活用して光熱費いらず! SDGsも考慮した、これからの自家発電スタイル。
「東北大震災をきっかけとして10年前くらいから、再生可能エネルギーが注視され始めました。まごころ住宅は、その頃から住宅の太陽光パネルに力を入れてきました。SDGsの観点からも、太陽光パネルは住宅に必要不可欠です」と語る小林店長。他のメーカーの住宅は1パネルにつき250Wの電力が一般的ですが、まごころ住宅が使用するパネルは400W! だから、太陽の光=自然のパワーで、毎日の生活で必要な電気が効率良くまかなえるのです。
②電気自動車にも充電できるから、ガソリン代いらずで! CO2排出もなし!
まごころ住宅では、TESLA(テスラ)の家庭用蓄電池「パワーウォール」を採用。太陽光パネルで集めた電気をここに溜めて、余った電気は電気自動車に充電することができます。「車が電気にすべて変わっていく世の中で、未来を考えて、車に充電できることも重要視しました。車で家族を駅まで送迎したり、買い物でスーパーに出かけたりすると1日で約15〜25km走ります。それくらいの走行距離でしたら、半日で充電も十分に済みます」と小林店長。ガソリン代入らずで経済的! さらにCO2も排出しないので、環境的にも◎。
③電気代が上昇しても心配ご無用! 節約のカナメになるのが、太陽光パネル!
コロナ禍や戦争など地球規模のさまざまな環境変化によって物価が上昇。それに伴い、電気代も上昇していきます。まごころ住宅では、太陽光パネル&蓄電池の設置を考慮した家創りを推進しています。太陽光パネルがあれば、電気代の上昇も心配いりません。食品や衣料、ガソリン代をはじめ衣食住全般に渡り毎日の暮らしの中で物価がどんどん上昇していく昨今、「節約」は最重要項目。SDGs的にも節約的にもウェルビーイングな暮らしに、住宅の太陽光パネルは欠かせなくなりました。しかも、まごころ住宅の家はデザイン性も秀逸(格好いい!)。大手ハウスメーカーには絶対真似できない家創りです。
「大手ハウスメーカーの住宅も太陽光パネル設置の対応をしておりますが、そのほとんどがパネルが大きすぎて、しかも枚数も多いのです。それ故に、太陽光パネルが悪目立ちしてしまい、家の外観の仕上がりが格好良くないんです」と小林店長。まごころ住宅は、小さくて高性能な太陽光パネルを採用。だから、外側からは太陽光パネルが目立たない、デザイン性に優れた外観に仕上がるのです。
余剰電気は、もちろん売却可能。「電気を売却すると、以前は年間で100万円くらいになった時期もありました。しかし現在は、売却単価が低くなったとはいえ、一般家庭なら年間20万円くらいの臨時収入も期待できます」と小林店長。
まごころ住宅
彦根支店・店長
小林秀一郎さん

1979年生まれ。滋賀県出身。23歳の頃から不動産業に携わり、2013年のまごころ住宅設立時に入社。6年ほど現場監督を務めて、その後、営業に。「不動産や建物の構造まで熟知している営業」としてお客さまから信頼され、メキメキと成績を上げていきました。当時は、営業の最前線として年間20棟販売。現在は店長として彦根支店を統括。妻と4人の子供をこよなく愛す、良きパパでもあります。

まごころ住宅 岐阜本社
☎️058-214-7790
岐阜県岐阜市東鶉3-61

まごころ住宅 彦根支店
☎️0120-23-1855
滋賀県彦根市戸賀町153-4

MADURO STYLE滋賀モデルハウス
滋賀県彦根市西今町775-62
営業/10:00〜17:00(予約制)
地域に家を建てたい方、興味がある方は
MADURO STYLEの公式HPへ
https://www.maduro-style.com

公式HPではMADURO STYLEのコンセプトや仕様の解説に加えて、納得住宅工房の建てた家を巡り、その魅力やオーナーさまの感想をまとめた連載「週刊MADURO STYLE」も展開中です。またお問い合わせた方には嬉しい特典も!?
記事の一覧へ