アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
【アウトドア】癒しの「薪ストーブ」で冬を満喫!暖かくて料理もできるぞ

RECOMMENDS

【アウトドア】癒しの「薪ストーブ」で冬を満喫!暖かくて料理もできるぞ

  • 2022.11.15

炎のゆらめきに癒される薪ストーブは、キャンパーなら一度は使ってみたい憧れのギア。身体も暖まって料理もできる、そんな薪ストーブで冬キャンプを満喫しませんか?

冬キャンプに持って行きたい!癒しの「薪ストーブ」3選

【DOD】オーブン付きでピザも焼ける

引用元/ビーズ。
薪ストーブをまだ使ったことがないという方におすすめしたいのが、DODの「おとなのまきちゃん」。使用するにあたって必要なギアがあらかじめ揃っているので、手軽に始められます。

炎のゆらめきが見える大きなガラス窓を搭載。4つの吸気口と煙突部分のダンパーで空気の流れを調整し、ダイナミックに燃え上がる炎から静かで神秘的な炎まで、好みに合わせてコントロールできます。
引用元/ビーズ。
燃焼室の下にはオーブンが搭載されており、ピザやスキレット料理などの調理が可能。上に鍋を載せて調理をすることもできます。
引用元/ビーズ。
収納時はストーブ内部に煙突などのパーツを入れ込めるので、持ち運びに便利。専用のキャリーケースが付属しており、車載時も安心です。
商品名/おとなのまきちゃん
価格/3万9600円
サイズ/(全体組立時)約50×31×256cm、(ストーブ本体)約47×27×28.5cm、(煙突直径)約8.1cm、(収納時)約51×32×30cm
重量(付属品含む)/約18.7kg
材質/(製品本体・煙突受け部・ロストル・テーブル)スチール、(煙突・煙突固定リング・ワイヤーロープ)ステンレス、((キャリーバッグ)ポリエステル
静止耐荷重/(テーブル)40kg
セット内容/製品本体(薪ストーブ)、煙突受け部、煙突(下部)、煙突(中間部)×4本、煙突(上部)、煙突固定リング、ワイヤーロープ×2本、ロストル、テーブル、キャリーバッグ
カラー/ブラック
●ビーズ

【FUTURE FOX】3つの窓で迫力の炎を鑑賞

引用元/ラソブルーミング。
FUTURE FOXの「薪ストーブ」は、熱伝導性の高い鋼板タイプのストーブ。3面に大きな窓がついており、迫力のある炎のゆらめきを多方向から鑑賞できます。
引用元/ラソブルーミング。
遠赤外線効果で暖かいうえ、鉄製で耐久性にも優れているので、ハードなアウトドアシーンにぴったり。
引用元/ラソブルーミング。
防寒対策として薪ストーブを使うとなると、火を灯しておく時間も長いはず。そんな時は、身体を暖めながら薪ストーブの炎を活用して調理すれば、コンロを用意する手間が省けます。上部の天板を外せば、直火に近い状態で調理できますよ!
商品名/FUTURE FOX 薪ストーブ
価格/3万9800円
サイズ/52.5×40×263cm
重量/約14.3kg
素材/(本体)SPCC、(持ち手)耐熱ガラス、エボナイト、(網・サイドシェルフ)ステンレス
●ラソブルーミング

【ホンマ製作所】コンパクトなのに40cmの大きな薪もOK

引用元/ホンマ製作所。
ソロキャンプや小サイズのテントでの使用を考えている方は、ホンマ製作所の「ステンレス ストーブコンロセット」をチェック。280×480×445mm(本体)とコンパクトでありながら、40cmの大きな薪を入れられるので、細かくカットする手間も省けます。
引用元/ホンマ製作所。
天板の2ヵ所で調理できるので、料理を作りながらお湯を沸かすことも可能。ステーキ鉄板や煙突ガード、収納バッグなどを必要に応じてオプションで購入すれば、よりスマートに冬キャンを楽しめます。
商品名/ステンレス ストーブコンロセット APS-48DX
価格/2万9000円
本体サイズ/280×480(煙突口まで D520)×445(煙突含 655×1830)mm
重量/約6.9kg(本体のみ 約4.6kg)
材質/ステンレス
煙突位置/背面
最大薪長さ/400mm
最大熱出力/3000kcal
暖房面積/10~15坪
付属品/エビ曲90°×1、専用半直筒×3、専用トップ×1、脚×4、煙突支えセット×1
生産国/日本
屋外専用
●ホンマ製作所
記事の一覧へ