アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
手軽で美味しいメスティン料理「パエリア」編!冬はおうちでキャンプ飯

VACATION

手軽で美味しいメスティン料理「パエリア」編!冬はおうちでキャンプ飯

  • 2021.11.23

寒さが厳しくなり、気軽にキャンプに行けなくなった方も多いのでは? そこで自宅でキャンプ気分を味わうべく、「メスティンキャンプめし」に掲載されているレシピの中から、手軽で美味しい「パエリア」を紹介します。パパッと作れて美味しいキャンプ飯で、キャンプ欲を満たしてみませんか?

今回参考にしたレシピは、手軽に作れるメスティン料理が掲載されている「メスティンキャンプめし」。ご飯だけでなく、麺やパン、デザートなど、幅広いレシピを揃えたキャンパーなら持っておきたい1冊です。

こちらの本のレシピから、バレンシア地方発祥のスペイン料理「パエリア」をピックアップしてみましょう。見た目も鮮やかなパエリアは、美味しいだけでなく写真映えもする料理。それでいて意外と簡単に作れちゃうんです!

材料

・米…1合
・エビ…4尾程度
・アサリ…10個程度
・黄パプリカ…4分の1個
・玉ねぎ…4分の1個
・ミニトマト…5個
・にんにく…1かけ
・コンソメ顆粒…小さじ1
・白ワイン…大さじ2
・オリーブオイル…水140cc
・イタリアンパセリ…適量
・レモン(くし形切り)…2分の1個程度
こちらは、約3.5合まで炊飯できるラージサイズのメスティンを前提とした分量。今回筆者はレギュラーサイズのメスティンを使用したため、こちらの半分の分量を目安に作りました。

作り方

1.玉ねぎと米を炒める

熱したメスティンにオリーブオイルを入れニンニクを少し炒めた後、玉ねぎと米を加えて透明になるまでさらに炒めます。定期的にかき混ぜないと焦げてしまうので、目を離さないように注意してください。

2.食材をプラスし、炊く

コンソメ顆粒、白ワイン、水、エビ、アサリ、ミニトマト、黒オリーブ、パプリカを入れて、通常のご飯と同様に炊き上げます。ここで具材をバランスよく配置することが大切です。

3.水気を飛ばして、完成!

炊き上がったら、さらに水気を飛ばすために、フタを取って3〜5分ほど加熱します。後は、レモンとイタリアンパセリを散らすだけ。食材の準備時間を含めても、20分足らずで出来上がりました。

気になる味は?

味付けにはコンソメしか使用していないにも関わらず、想像以上に本格的なパエリアの味! お米もパラパラで、お店で食べたあのパエリアがしっかり再現されていました。シーズニングやスパイスを使用していないため、エビやアサリ、トマトなど、具材本来のシンプルな味が楽しめます。今回はレシピに記載されていた通りの具材で作りましたが、お肉を入れても美味しそうです!

メスティンで気軽にキャンプ気分

ここで取り上げたパエリアは、料理工程も少なくお米も洗う必要がないため、キャンプ場でも簡単に作れます。見た目もおしゃれな料理なので、キャンプ飯としてだけでなく、パーティー料理としても活躍してくれること間違いなし。ぜひ今回の記事を参考に、美味しいキャンプ飯を味わってみてくださいね。
記事の一覧へ