アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
【ひと駅散歩】東京メトロ千代田線・湯島駅~新御茶ノ水駅 東京のご利益エリア!情緒溢れる街を歩く

VACATION

【ひと駅散歩】東京メトロ千代田線・湯島駅~新御茶ノ水駅 東京のご利益エリア!情緒溢れる街を歩く

  • 2022.03.12

散歩好きな筆者が、東京メトロ千代田線 湯島駅から新御茶ノ水駅まで、ブラブラと歩きながらすてきな場所をご紹介。今回は神田明神、湯島聖堂、湯島天神、かんだやぶそば、ニコライ堂、万世橋など情緒を感じられる名所がいっぱいです!

湯島駅に降りたった!

スタートは東京メトロ千代田線の湯島駅。都内屈指のパワースポット「湯島天神」があることでも有名なエリアです。

さて、今回はどんな出会いが待っているのでしょう♡
駅事務室の脇には天神様のお膝元らしく「安全輸送」の絵馬が掲げられていました。

湯島天神

正式名称「湯島天満宮」は、学問の神様菅原道真公が祀られていることで有名です。学業成就や合格祈願、病回復や宝くじ運アップといったご利益もあるらしく、都内屈指のパワースポットなのだとか。

散歩した日はちょうど梅まつりで、沢山の方が拝観されていました。

神田明神

湯島天神から8分ほど歩くと神田明神にたどり着きました。江戸城の鬼門(北東)に鎮座し、江戸総鎮守として知られる神田明神は、仕事運と商売繁盛を祈願するうえで欠かせない神社となっているそう。日本経済の中心、大手町や丸の内を氏子地域に持っています。

湯島聖堂

神田明神から道路を挟んで向こうにあるのは湯島聖堂。儒教の祖、孔子様を祀る廟所で国指定史跡にも登録されています。日本に現存する数少ない孔子廟のうちでは最も有名だそう。儒教の廟なので中国風の建築様式が印象的でした。

万世橋

散歩したこの日は春の陽気が心地良く、予定より少し遠回りして散策することに! やってきたのは秋葉原の象徴でもある、万世橋。アールデコ調の橋灯がついた親柱がとても印象的です。

歴史を感じる建築様式を随所に発見できるのは、街散歩ならでは! これだから街散歩はやめられません♡

かんだやぶそば

商品名/山かけそば
価格/1430円
商品名/せいろうそば
価格/825円
商品名/季節の天ぷら
価格/1650円

●かんだやぶそば
新御茶ノ水駅方面へ進むと、明治13年(1880年)創業の老舗そば屋「かんだやぶそば」に到着。お昼ごはんをいただきました。

山かけそば、せいろうそば、季節の天ぷらを注文。私が頼んだ山かけそばは、出汁と山芋の絶妙なトロトロ感に細麺そばがよく絡みます。せいろうそばは、そばの香りが引き立ってとても上品な味わいでした。

ニコライ堂

ニコライ堂は、大主教ニコライ・カサートキンにより明治24年(1891)に建てられたギリシャ正教会の聖堂。緑青のドーム屋根は高さは38mと、日本に現存するビザンチン様式の建物としては最大級。国の重要文化財にも指定されています。

新御茶ノ水駅に到着!

ニコライ堂から2分ほど歩き、ゴールの新御茶ノ水駅に到着です。美しいステンドグラスが印象的!

今回は都内屈指のご利益スポットをメインにひと駅散歩してみましたが、首都・東京には気になるスポットがたくさん! また時間を見つけて散策してみようと思います。

※緊急事態宣言等で情報が異なる場合がありますのでご注意下さい。
原 結
食べ歩きや旅行、アウトドアが大好きなアクティブ系女子。旅先でもショッピングは二の次、自然とのふれあいを求めてしまうタイプです。話題のレシピや新商品のレポートなど毎日の暮らしに役立つ情報をお届けします。
記事の一覧へ