アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
【フジロック・サマソニ・ロッキン】だけじゃない! 2022年初夏からの注目音楽フェス11選

VACATION

【フジロック・サマソニ・ロッキン】だけじゃない! 2022年初夏からの注目音楽フェス11選

  • 2022.05.23

2022年4月以降、コロナ禍の行動制限も大幅に緩和され、今年は音楽フェスが目白押し。FUJI ROCK FESTIVAL(フジロック)、SUMMER SONIC(サマソニ)、ROCK IN JAPAN FESTIVAL(ロッキン)は有名ですが、今回は、3大フェス以外の注目の音楽フェスを紹介します。

夏にかけて全国で行われる注目の音楽フェス

3大フェス以外で、都心の公園、ドーム球場、高原リゾート、ビーチや港などいろんな場所や趣向で開催されるオススメの音楽フェスをラインナップ。ライブだけでなく、大人から子供まで楽しめイベントやワークショップも盛りだくさんで、きっと充実した時間を過ごせます。選りすぐりの11選、あなたはどのフェスに参加してみたいですか?

GREENROOM FESTIVAL'22

潮風を浴びながらおしゃれな音楽とアート体験

2022年5月28日、29日:横浜/赤レンガ倉庫

2021年の様子。
今年17回目の開催を迎える「グリーンルーム フェスティバル」は、“Save The Beach Save The Ocean”をコンセプトに、サーフカルチャー、ビーチカルチャーをルーツに持つ音楽とアートをミックスさせた近郊型野外フェスティバル。

「このフェスで体験できる音楽とアート通して、海やビーチと共生するライフスタイルや文化を伝え、子供たちの世代にも大切な海やビーチを残していきたい」を目指しています。

現在単独公演ではプラチナチケットといわれるVaundyやSIRUP、ブレイク直前の(sic)boyやKroiなど新進気鋭のアーティストたちの音楽をチェックできることは大きな魅力です。

■5月28日出演アーティスト
UA / Dragon Ash / KICK THE CAN CREW / Def Tech / SIRUP / LOVE PSYCHEDELICO (Premium Acoustic Set) / 優里 / (sic)boy / TAIKING(Suchmos) / 沖野修也 / YOSA &TAAR / YonYon 

■5月29日出演アーティスト
Nulbarich / Chara / KREVA / Vaundy / SUPER BEAVER / Caravan / TENDRE / ROTH BART BARON / Kroi / DJ HASEBE / DJ KANGO / MARMELO

■公式サイト https://greenroom.jp

日比谷音楽祭 2022

大人から子供まで、あらゆるジャンルの音楽を楽しむ

2022年6月4日、5日:東京/東京ミッドタウン日比谷

日比谷音楽祭 2022 | HIBIYA MUSIC FESTIVAL 2022
「日比谷音楽祭」は、東京事変のメンバーでもある音楽プロデューサー・亀田誠治さんが主導する都市型の音楽フェス。

「親子孫3世代、誰もが気持ちのいい空間とトップアーティストのライブやさまざまな質の高い音楽体験を楽しみ、新しい音楽の循環から日本を元気にしたい」をコンセプトに掲げ、なんと入場無料(ライブは抽選制で、オンライン生配信もあり)です。

出演者も、ジャンルや世代を超えた、さまざまなアーティストが参加。演歌の大御所もいれば、新進気鋭の注目ラッパーのが登場したり、クラシック界を牽引する指揮者のパフォーマンスまでも予定されているバラエティに富んだタイムテーブルです。

日本の野外コンサートの歴史を作った聖地「野音」を擁する日比谷公園を舞台に、ライブ以外にもワークショップやトークショーなど様々な催し物を楽しめます。

■6月4日出演アーティスト
The Music Park Orchestra with SKY-HI / Def Tech / 新妻聖子 / Future Music Power(佐藤ひらり、RIO、YOYOKA) / YOYOKA / The Music Park Orchestra with 石川さゆり / EXILE SHOKICHI / 日比谷ブロードウェイ(井上芳雄・佐藤隆紀(LE VELVETS)・木下晴香)with劇団四季 / MIYAVI / やのとあがつま
MC:DJダイノジ 

■6月5日出演アーティスト
DREAMS COME TRUE / The Music Park Orchestra with 角野隼斗 / KREVA / 半﨑美子 / 藤井フミヤ / マレー飛鳥 / 山弦

■公式サイト https://hibiyamusicfes.jp/2022

ザ キャンプブック 2022

キャンプ+ミュージック+スクールで大切な何かを学ぶ

2022年6月11日、12日:長野/富士見高原リゾート

2019年の様子。
「Be-In CAMPus=共に学び・共に遊ぼう。かっこいい音楽を聴きながら、大自然の中でゆったりと時間を過ごす。大人も子供も、関係ない。好きなように踊り、心から許せる仲間と笑う、好きなだけ食べて、好きな時間に眠る。みんなが子供に戻って、『最高の遊び』から、大切な何かを学ぶ。そう、まるでCAMPusのような、音楽フェス。」主催者、樋口大貴さんはこんなふうに呼びかけています。

「ザ キャンプブック」は、「心が豊かに育つ場所」をコンセプトに、「キャンプ」「ミュージック」「スクール」の融合を目指している野外音楽フェスです。

南アルプスを一望できる富士見高原リゾートを会場に、大自然の中でゆっくりと音楽やキャンプを楽しみながら、自然からいろいろなことを学び、誰もが成長できる時間を提供します。

■6月11日出演アーティスト
氣志團 / RHYMESTER / ROVO / toe / GLIM SPANKY / THA BLUE HERB / BIM / 田我流 / MONO NO AWARE / TENDOUJI / TURTLE ISLAND

■6月12日出演アーティスト
Yogee New Waves / DOPING PANDA / ハンバート ハンバート / TENDRE / YOUR SONG IS GOOD / eastern youth / LEO IMAI [LEO今井 岡村夏彦 シゲクニ 白根賢一] / 民謡クルセイダーズ / OBRIGARRD / nutsman / YOUNG-G(stillichimiya)

■公式サイト https://the-camp-book.com/2022

CURRY & MUSIC JAPAN 2022

カレーと音楽を愛するすべての人へ

2022年7月16日〜18日:横浜/赤レンガ倉庫

CURRY&MUSIC JAPAN 2022
「1859年6月2日に横浜港開港とともにカレーは日本に入ってきた」という俗説がありますが…

「カレー&ミュージック ジャパン」は、こんなカレーとの関わりが深い横浜で、日本独自の進化を遂げ、国民食ともいえる「カレーライス」と、カレーや横浜にゆかりのあるアーティストたちによるライブ、トークを楽しめる、「カレーと音楽」をこよなく愛する人々へ捧げるイベントです。過去のオンライン開催も含め、2022年で3回目となり、リアル開催は2019年以来3年ぶり。

オフィシャル・アンバサダーはホフディランの小宮山雄飛さん。「カレーと音楽で世界はもっと楽しくなる。毎回楽しみな化学反応で今年は何が起きるか?お楽しみに!」とコメントを寄せています。

■現在、出演アーティストは調整中。
2019年には、ホフディラン、KIRINJI、サンプラザ中野くん、Caravan、FIVE NEW OLD、真心ブラザーズ、PUFFY、TENDOUJI、the band apart(naked)、などのライブがありました。

■公式サイト https://curryandmusic.com

ナンバーショット 2022

なんばしょっと?盛り上がろっ!

2022年7月17日、18日:福岡/福岡PayPayドーム

NUMBER SHOT2022
「ナンバーショット」は、福岡県で開催される九州最大級の夏フェス。人気アーティストが多数出演し、九州の夏を熱く盛り上げます。イベント名は博多弁の「なんばしよっと」(何をしている?)に引っ掛けたもの。

2014年以来8回目のリアル開催で、2021年からはマスク着用時の熱中症対策を考え、海の中道海浜公園から福岡PayPayドームへ会場を変更。空調が効いている屋内はとても快適だと評判です。

■7月17日出演アーティスト
クリープハイプ / FUNKY MONKEY BΛBY'S / KANA-BOON / King Gnu / Saucy Dog / SHISHAMO / sumika / 東京スカパラダイスオーケストラ / Vaundy / ヤバイTシャツ屋さん ほか

■7月18日出演アーティスト
10-FEET / C&K / HEY-SMITH / KEYTALK / マカロニえんぴつ / マキシマム ザ ホルモン / PassCode / SUPER BEAVER / THE イナズマ戦隊 / THE ORAL CIGARETTES ほか

■公式サイト https://numbershot.jp/2022

ジャイガ 2022

アクティブ派もまったり派も充実した音楽体験を

2022年7月23日、24日:大阪/舞洲スポーツアイランド

2021年の様子。
「ジャイガ」という愛称で知られる「オオサカ ジャイガンティック ミュージック フェスティバル」は、大阪・舞洲スポーツアイランドを会場に開催する音楽フェスです。

2017年に「ウェスト ジャイガンティック シティランド(WEST GIGANTIC CITYLAND'17)」としてスタート。ビッグネームから新進気鋭までジャンルに偏らずバラエティに富んだアーティストが出演します。

大阪湾に隣接する絶好のロケーションの会場は、スタンディングエリア・シートエリア・テントエリアがありそれぞれの楽しみ方ができます。また、フードエリアやグッズエリアはもちろん、熱中症対策グッズエリアやフォトスポットなどもあるため、アクティブ派もまったり派も充実した音楽体験を楽しめます。

■7月23日出演アーティスト
Crossfaith / coldrain / Suspended 4th / Survive Said The Prophet / さユり / 湘南乃風 / ずっと真夜中でいいのに。 / Def Tech / ハンブレッダーズ / ビッケブランカ / Fear,and Loathing in Las Vegas / HEY-SMITH / マキシマム ザ ホルモン / ヤバイTシャツ屋さん / yama / ROTTENGRAFFTY

■7月24日出演アーティスト
ウルフルズ / Omoinotake / ORANGE RANGE / Creepy Nuts / sumika / FUNKY MONKEY BΛBY’S / 04 Limited Sazabys / Vaundy / BLUE ENCOUNT / ベリーグッドマン / Penthouse / MY FIRST STORY / Mr.ふぉるて / 優里 / 緑黄色社会

■公式サイト http://giga-osaka.com

ライジングサンロックフェスティバル 2022

何もないからできるオールナイトイベント

2022年8月12日〜14日早朝:北海道/石狩湾新港樽川ふ頭

2019年の様子。
「ライジングサンロックフェスティバル」は、1999年より北海道石狩市の石狩湾新港樽川埠頭横 野外特設ステージで開催されている国内最大級の野外オールナイトの音楽フェスの1つ。

コンセプトは「周りに何もない石狩湾新港だからこそ開催できるオールナイトイベント」。工業用地に数基のステージ、テント村、屋台村、物販スペース、臨時FM局等を特設するユニークな会場です。

出演者は、ロックに限らずテクノ系やヒップホップ系のパフォーマンスもありジャンルレスに音楽を堪能できます。

今回は開催2日目、8月13日AM11:30の開演から翌14日AM5:00 までの夜通しのライブを予定。音楽とともに朝陽を迎えることができます。

■出演アーティスト(出演日調整中)
ASIAN KUNG-FU GENERATION / カネコアヤノ / Creepy Nuts / クリープハイプ / 坂本慎太郎 / ズーカラデル / SUPER BEAVER / ずっと真夜中でいいのに。 / 怒髪天 / NUMBER GIRL / Vaundy / ハルカミライ / 羊文学 / BiSH / the pillows / 04 Limited Sazabys / My Hair is Bad / マカロニえんぴつ / 緑黄色社会 / LOSALIOS ほか

■公式サイト https://rsr.wess.co.jp/2022

スペース シャワー スウィート ラブ シャワー 2022

世界文化遺産「富士山」の麓で、魅力あふれる音楽体験

2022年8月26日〜28日:山梨/山中湖交流プラザ きらら

公式インスタグラム
「スペース シャワー スウィート ラブ シャワー」通称「ラブシャ」は、1996年より東京・日比谷野外音楽堂で毎年開催されていましたが、2007年以降は、会場を世界文化遺産の「富士山」と山中湖畔の抜群の自然環境を体験できる「山梨県 山中湖交流プラザ きらら」へ。

ライブだけでなく、どこからでも富士山を眺めることができる絶景なロケーション、地元食材を使った特製メニューやアーティストとのコラボフード、自然を楽しむアトラクション体験など、魅力あふれる野外フェスとして人気を博しています。2020年、21年は中止となり、3年ぶり通算25回目の記念開催となります。

■現在、出演アーティストは調整中。
2021年には、マカロニえんぴつ、緑黄色社会、ずっと真夜中でいいのに。、MAN WITH A MISSION、WANIMA、宮本浩次、東京スカパラダイスオーケストラ、SUPER BEAVER、SHISHAMO、Vaundy、THE BAWDIES、ヤバイTシャツ屋さん、折坂悠太(重奏)、変態紳士クラブ など人気アーティストが多数出演する予定でした。

■関連サイト https://www.sweetloveshower.com/2021
※公式サイトは準備中です。

Local Green Festival’22

グリーンとグッドミュージックに包まれながら

2022年9月3日、4日:横浜/赤レンガ倉庫

Local Green Festival
グリーンがコンセプトの新しい秋フェス「Local Green Festival」。

「Life with Green」をコンセプトに、横浜赤レンガ倉庫がボタニカルガーデンに変身。野外ステージでは、「Life with Green」に親和性の高いミュージシャン・DJによるオシャレで軽快なライブパフォーマンスが繰り広げられます。

ボタニカルショップがたくさん集まったグリーンマーケットや地元の食材を使ったローカルフードコートも充実。グリーンとグッドミュージックに包まれる2日間。2020年、2021年の中止を挟み、2019年以来3年振り3度目の開催です。

■出演アーティスト(出演日調整中)
!!!(CHK CHK CHK) / iri / Awich / Ovall / YONA YONA WEEKENDERS / Lucky Kilimanjaro / Kroi / (sic)boy / yonawo / kiki vivi lily / ReN / tonun / 大橋トリオ / 七尾旅人 / chilldspot / 新東京 ほか

■公式サイト https://localgreen.jp

りんご音楽祭2022

信州の自然と音楽を満喫

2022年9月23日〜25日:長野/アルプス公園

2021年の様子。
「りんご音楽祭」は、2009年、松本市蟻ヶ崎のアルプス公園にて「瓦RECORD」代表の古川陽介さんが個人で始めました。以来、支持者を増やしながら毎年行われてきた野外フェスです。

アルプス公園は松本の中心市街地からほど近い山の上の公園で、北アルプスの山々や裾野の風景も美しく、りんご音楽祭では、信州の自然と音楽を満喫できます。

古川さんは、「松本から日本を代表する音楽家が数年に一度は誕生する」と松本の文化の活性化を目的に掲げ、地元のミュージシャンや全国からオーディションを勝ち抜いた若手ミュージシャンのサポートにも心がけています。

ちなみに「りんご音楽祭」という名称は、「わかりやすさ」・「親しみやすさ」・「松本らしさ」をこめて、長野名産のりんごにあやかって名付けられました。

■現在、出演アーティストは調整中。

■公式サイト https://ringofes.info

GREENROOM Beach

初開催のビーチ音楽フェス

2022年9月24日、25日:大阪/泉南りんくう公園 センナンロングパーク

NEWS - GREENROOM BEACH
「グリーンルーム ビーチ」は、2022年が初開催となる野外音楽フェスティバル。海風が心地良い大阪泉南りんくう公園 センナンロングパークを舞台に、日本のポピュラーミュージックシーンを牽引している気鋭のアーティストたちによるおしゃれな音楽ライブをはじめ、雑貨やアパレルなどのビーチマーケットや特製のフードメニューを楽しむことができます。

■出演アーティスト
Nulbarich / SIRUP / Def Tech / Iri / Awich / Vaundy / I Don’t Like Mondays. / TENDRE / LUCKY TAPES / YONA YONA WEEKENDERS / chelmico / toconoma ほか

■公式サイト https://greenroombeach.com

音楽フェスで新しい体験を楽しみましょう

20年を超える歴史のあるフェスから今年初開催のイベントまで、趣旨や会場の規模、出演者の音楽カテゴリーもさまざまですが、フェスは、通常のライブとは異なりたくさんのアーティストが集まって、それぞれの代表曲を中心としたセットリストでパフォーマンスします。お気に入りのアーティストの演奏を聴いて盛り上がるだけでなく、いままで聴いていなかった新しい音に耳を傾け、その素晴らしさを発見するいい機会になります。

また、会場のロケーションを堪能したり、フェスに参加した人だけが楽しめる特製のフードメニューや限定グッズも大きな魅力です。さらにワークショップなどで、未知のアートや初体験のカルチャーなどに触れる絶好のチャンスにもなるはずです。

あなたも新しい体験を楽しみに、音楽フェスに出かけてみませんか。
鶴田茂高(ツルタシゲタカ)
気持ちいいと感じた音を多くの人に伝えたいと願う音楽愛好家。グルメ、酒、ファッション等もお伝えします。
記事の一覧へ