アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
【ひと駅散歩】JR京浜東北・根岸線 関内駅〜桜木町駅

VACATION

【ひと駅散歩】JR京浜東北・根岸線 関内駅〜桜木町駅

  • 2021.06.09

お散歩好きな筆者が神奈川県横浜市の人気エリアである、JR京浜東北・根岸線「関内」駅〜「桜木町」駅を、ひと駅散歩。素敵なスポットを紹介します。外出の規制が緩和された際には、ぜひ観光プランに組み込んでみてください。

今回のひと駅散歩は、どんな発見があるのでしょうか。さっそく出発しましょう!


関内駅


画像


県外の方にはあまり馴染みのない駅かもしれませんが、実はこちら横浜DeNAベイスターズの本拠地「横浜スタジアム」の最寄り駅なんです。ですから駅改札からすでにベイスターズ一色。駅の入り口上部には野球用の帽子のオブジェがくっついていて、いい意味で「そこまでやるか!」と突っ込みたくなる駅になっています。


ちなみにこの「ベイスターズ改札口」は南口。横浜スタジアム(以下、ハマスタ)へはこの改札口を利用するのが1番近いです。


さて、ベイスターズ改札口を出たらやっぱりココは見ておきましょう。


ハマスタ


ハマスタ


この日はハマスタで試合をしていなかったので、賑わいがあまりないですがホームゲームの時はとても盛り上がって活気にあふれていますよ。


ちなみに、ハマスタ周辺のマンホールはコチラ!


マンホール


ぜひ関内駅付近へ行った際は注目してみてくださいね。それでは桜木町方面へ進みましょう!


馬車道


馬車道


馬車道通りにはイギリスからきたガス灯が設置され、クラシカルな雰囲気。素敵な通りを楽しみつつ歩いていると…何やら不思議なものを発見!


馬車道


この「水飲馬牛」と書かれている牛馬飲水槽は、大正に牛馬の途中休憩所として機能していたそう。こちらは以前、磯子区八幡橋際にあったもの。普段何気なく歩いている道も、よく見ると新しい発見があるのですね。


さて、馬車道を抜けしばらくビル街を行くと、これまでのレトロモダンな雰囲気とは違う、近未来の街並みが見えてきましたよ。


「みなとみらい」が一望できるおすすめスポット


橋


ゴールの桜木町駅付近にある「さくらみらい橋」。実はこの橋から、みなとみらいを一望できるのです。


みなとみらい


少し遠目ですが、みなとみらいのランドマーク「コスモクロック」と「インターコンチネンタルホテル」が重なっていないアングルで写真撮影ができます。こちらは、個人的にかなり好きなスポットです!


さぁ、みなとみらいを一望し橋を下りたら到着です。


桜木町駅


桜木町駅


ミュージシャン ゆずの歌にもある「桜木町」駅。駅自体は小さめですがビジネスマンをはじめ、みなとみらいエリアを利用するお客さんなどでいつも賑わっています。


そして「桜木町」駅前には4月22日から新スポットが誕生しています。その名も


YOKOHAMA AIR CABIN


エアキャビン
引用元/横浜観光情報。

歩いて向かうには少々遠かった「桜木町」駅前と横浜ワールドポーターズ前を結ぶ、都市型循環式ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)」です。


エアキャビン


土曜日昼過ぎで約30分待ち。一度は乗ってみたい…♡ちなみに運賃は、片道おとな1000円、子ども(3歳〜小学生)500円です。


ヨコハマエアキャビンで盛り上がる「桜木町」駅前ですが、同じく駅前にあるショッピングモール「コレットマーレ」にはあのショップが。


ワークマン女子


ワークマン


女性目線のアウトドアファッションを主に取り扱う「ワークマン女子」第1号店です。入口は女子感高めですが、フロアはレディースとメンズ商品が半々くらいでしたので、ご家族はもちろんカップルでも一緒に買い物を楽しめる空間でした。


ワークマン女子
SNSで「映え」と話題の床を探しながらショッピングするのも楽しい!

お散歩しながらお気に入りスポットをみつけませんか


今回は、横浜の人気エリアをブラブラ歩いてみました。普段、何気なく通っている道でも注目すると新しい発見があって楽しく、豊かな時間を過ごせましたよ。ぜひみなさんも散歩を通して、新たな発見を探してみませんか。


原 結
食べ歩きや旅行、アウトドアが大好きなアクティブ系女子。旅先でもショッピングは二の次、自然とのふれあいを求めてしまうタイプです。話題のレシピや新商品のレポートなど毎日の暮らしに役立つ情報をお届けします。

記事の一覧へ