アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
【オートキャンプ】クルマを傷つけない吸盤式タープ!カンタン設営【MADUROセレクション】

SELECTION

【オートキャンプ】クルマを傷つけない吸盤式タープ!カンタン設営【MADUROセレクション】

  • 2022.05.07

オートキャンプで大活躍! 今月の特集はクルマと一体になれる、カーサイドテント、カーサイドタープ、カーサイドシェルターなどを毎日セレクション。自分に合った一張を見つけよう。

まるで折りたたみ傘!ワンタッチ開閉できるカーサイドタープ

アウトドアブランド「アウトドアマン」から発売されているカーサイドタープ「カラップ」。ユーザー目線で機能を厳選し、最高に使いやすい仕様に。取り扱いやすいのでキャンプビギナーにもおすすめ!
引用元/アウトドアマン。
特徴は、折りたたみ傘のようなワンタッチ形状。面倒なポールを挿す手間がなくパッと開くだけなので、慣れれば約5分で設営できるように。
引用元/アウトドアマン。

吸盤式でさまざまな車種に対応

クルマを傷つけにくく、簡単に取り付けられる「Sucker attachment(吸盤式取り付け)」を採用。グロメットが4箇所あるので、軽自動車から普通自動車までオープンモードであれば多種多様な車種に取り付けられます。
屋根に取り付けができない場合は、一番外側のグロメットを使って車の側面に固定することも可能。引用元/アウトドアマン。
車の側面はもちろん、後方に設置したり自立させることも。場所的にどうしても側面に設置できない場合でも、工夫次第でさまざまな場所に設置できます。付属のキャノピーポールを使用すると、リビングスペースがさらに広々快適に。空間をゆったり使えます。
引用元/アウトドアマン。
引用元/アウトドアマン。

横幕&メッシュ窓付きで快適

横幕を閉めると、周囲からの目隠しに。着替えや就寝時にプライバシーを確保できます。なお、横幕を閉めてもメッシュ付きの窓があるので、風通しは十分。外の景色を楽しむこともできます。
引用元/アウトドアマン。
引用元/アウトドアマン。
遮光性&強度が高い150D生地を採用。急な突風にも十分耐えうるスペックです。縫い目には、シームテープ加工をプラス。フライシートの耐水圧は約2000mmで、急な雨に見舞われたときも安心です。
引用元/アウトドアマン。
フライシートの生地には、シルバーコーティングの遮光加工が施されています。UVカット率95%以上(UPF50+)で紫外線をブロックし、日焼けや肌へのダメージを予防。テント内の温度上昇も軽減されるため、夏場でも涼しく過ごせます。

付属品の活用でさらに便利に

ランタンを吊るせるS字のランタンハンガーのほか、S字無しループも搭載。夜でも灯りを確保できます。
引用元/アウトドアマン。
地面が硬い場合など、ペグが打てない場所での設置時に便利な砂袋付き。砂や重り、水などを入れたペットボトルを袋に入れて、タープをしっかり固定することができます。
引用元/アウトドアマン。
商品名/カーサイドタープ「カラップ」
内容/タープ、フライシート、Sucker attachment(吸盤式取り付け)×2、キャノピーポール×2、ペグ×12、ロープ×2、収納袋(ペグ・ロープ用)、砂袋×2、収納バンド×2、収納バッグ
価格/1万9800円
カラー/ブラック
サイズ/W220×D240×H200cm
重量/約6kg
スペック/最低耐水圧:約2000mm、紫外線保護:UPF50+

●アウトドアマン
記事の一覧へ