アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
トヨタ「タウンエースDX」が動く山小屋に!?大人5人が寛げる広々キャブコン【MADUROセレクション】

SELECTION

トヨタ「タウンエースDX」が動く山小屋に!?大人5人が寛げる広々キャブコン【MADUROセレクション】

  • 2022.03.11

気軽に始める軽自動車から、充実装備の輸入車まで、いつかは欲しい夢の「キャンピングカー」。そのコンプリート車の中を覗いてみよう!

タウンエースベースの山小屋風キャンパー

引用元/MYSミスティック。
MYSミスティック「レジストロアウル」は、小回り自在なコンパクトキャブコン。ベース車両であるトヨタタウンエースDXの屋根部分にシェルを架装し、快適なスペースを確保しています。

エクステリア

引用元/MYSミスティック。
リブ付きアルミサイディング外板を採用することで、欧米車のようなオシャレさを演出。「レジストロ」シリーズに根付く、唯一無二のデザインです。
引用元/MYSミスティック。
乗車定員は6名、就寝定員は5名。ファミリーキャンプにもおすすめです。
引用元/MYSミスティック。
ルーフの高さはあえて抑え、側面は丸みを帯びたデザインに。走行時の揺れを軽減し、安定性を高めています。
引用元/MYSミスティック。
サイドとリアには、結露対策に効果的な高断熱アクリル2重窓を採用。寒い冬にも室内の温度を保ち、クルマ旅ならではの不便さを大幅に軽減します。コンビシェードはフルオープンのほか、網戸と遮光シェードにも対応。
引用元/MYSミスティック。
出入口には、スムーズな乗り降りを叶える昇降ステップを設置。もちろん走行時には格納できるので安全です。

インテリア

リアシート前向きバージョン。引用元/MYSミスティック。
リアシート横向きバージョン。引用元/MYSミスティック。
リビングルームは、ぬくもりあるウッドテイスト。“動く山小屋”と称されるのも納得な上質デザインです。
引用元/MYSミスティック。
運転席上部にバンクベッド、車両後方にギャレーや出入り口を配置することで、中央スペースにゆとりを確保。車両はコンパクトですが、のんびり寛げる広々空間となっています。
引用元/MYSミスティック。
引用元/MYSミスティック。
キッチンスペースのカウンターにはシンク、キャビネット下部には収納を設置。給水・排水タンクはそれぞれ19Lと、このサイズのキャブコンとしては十分な容量。アウトドアシーンはもちろん、万が一の備えとしても安心です。
引用元/MYSミスティック。
大人2名が眠れるダイネットソファーベッドのほか、大人3名が眠れるバンクベッドを装備。このほか、105Aサブバッテリーや12Vの走行充電、脱着式のダイネットテーブルなども標準搭載されています。FFヒーターや家庭用クーラー、100Wソーラーパネル、ガイナセラミック断熱塗装といったオプション装備も充実。
引用元/MYSミスティック。
バッテリーボックス。引用元/MYSミスティック。
天井にはLEDライトとルーフベントを装備。日中はもちろん、夜間も快適に過ごせます。
オーバーベッドキャビネット。引用元/MYSミスティック。
ファンタスティックファン。引用元/MYSミスティック。
車種名/レジストロ アウル
ベース車両/トヨタタウンエースDX
駆動:価格/2WD:499万円、4WD:524万2000円
サイズ/全長4680×全幅1910×全高2610mm、室内高1770mm
定員/乗車:6名、就寝:5名
●MYSミスティック
記事の一覧へ