アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
三菱のスポーツSUV「エクリプス クロス」PHEVは、災害時に頼りになる【MADUROセレクション】

SELECTION

三菱のスポーツSUV「エクリプス クロス」PHEVは、災害時に頼りになる【MADUROセレクション】

  • 2022.04.14

街乗りから山キャンプまで大活躍! 冒険心が満たす人気のSUVをセレクション。新しい生活を新しいクルマで始めよう。

2021年改良、三菱自動車のクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」

先進のPHEV(プラグインハイブリッドカー)システムを搭載し、力強い走りを実現した三菱自動車「エクリプスクロス」。クーペのような流麗なSUVスタイルに、逞しい4WD制御技術を搭載しています。
引用元/三菱自動車。

たくましいSUVフォルム、上質な内装

上質感を高めながら、いっそう流麗で洗練されたフォルム。 三菱自動車のフロントデザインコンセプト「Dynamic Shield」を進化させた、精悍でスポーティな表情が特徴的です。
引用元/三菱自動車。
シャープで立体的な六角形のリヤデザインは、SUVとしての機動性とスタビリティの高さを表現するもの。走りへの欲求を掻き立てる、“エクリプスクロスだけ”の新造形です。
引用元/三菱自動車。
上質な雰囲気漂う内装にも、細やかなこだわりが詰まっています。
P〈4WD・PHEVモデル〉、ボディカラー:ブラックマイカ、本革シート(ライトグレー)。引用元/三菱自動車。
水平基調のスタイリッシュなインストルメントパネルに、シルバーアクセントやプレミアム感漂う素材を配置。航空機のコックピットを思わせる運転席やディテールにもこだわりを尽くし、洗練されたスポーティな印象の空間を実現しています。
引用元/三菱自動車。

先進のPHEVシステムを搭載した走行性能

前後輪それぞれを高出力モーターで駆動する「4WD」とすることで、EV走行ならではの初動トルクによる力強い発進・加速性能を発揮。さらに、制御性に優れたツインモーター4WDを基本とする車両運動統合制御システム、S-AWC(Super-All Wheel Control)を採用。走行安定性を向上させ、クルマを意のままにコントロールできる4WDシステムを実現しています。
引用元/三菱自動車。
バッテリーの残りが少なくなったときでも、効率と静粛性に優れた2.4Lエンジンが発電を開始。モーターとバッテリーへの送電によって、ツインモーター4WDのスムーズな加速と心地よいEV走行を叶えます。
引用元/三菱自動車。
モーターとエンジンの状態を直感的に認知できるデザインのパワーメーター。アクセルペダルを踏み込むほどに針が右に動きEV出力の増加を表示。エンジン始動の可能性が高い領域やエンジン出力量のほか、回生ブレーキ量をパワーメーターで確認できます。
引用元/三菱自動車。
下り坂や減速時のエネルギーを電力に換えて充電。アクセルオフ時の減速度・バッテリー充電量をステアリング横のパドルで[B0]から[B5]まで6段階に、セレクターレバーで[B3]と[B5]の2段階に調節できます。
引用元/三菱自動車。
引用元/三菱自動車。

日常を支える安全性能

高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット(MI-PILOT)」を搭載。レーダークルーズコントロールシステム(ACC)と車線維持支援機能(LKA)の2つの機能で、高速道路での運転をアシストします。アクセルペダルから足を離していても追従走行のサポートを受けられるため、渋滞走行や長時間の巡航走行で感じていたストレスや疲労を軽減できます。
引用元/三菱自動車。
意図せぬ車線外れを防ぐ「車線逸脱警報システム(LDW)」を搭載。フロントガラス上方に装着したカメラにより、前方の車線位置を監視。車線を外れそうになると、警報ブザーとインフォメーション画面表示でドライバーに注意を促します。
引用元/三菱自動車。
死角になりやすい斜め後方車両を検知し、バックをサポートする「後退時車両検知警報システム(RCTA)」も頼もしい機能のひとつ。駐車場などで後退して出庫する際に接近車両を検知すると、警報ブザー、インフォメーション画面表示、ドアミラーインジケーターの点滅で注意を促します。
引用元/三菱自動車。
このほか、誤発進抑制機能や誤発進抑制機能など多数の安全機能を搭載。ドライバーはもちろん、乗客や周囲のクルマ、人を守ります。
誤発進抑制機能(前進&後退時)。引用元/三菱自動車。

ますます便利な充電、蓄電、給電

自宅などでの普通充電は、専用の充電ケーブルで車両とEV充電用コンセントをつなぐだけで可能。急速充電スポットでは、ちょっとした立ち寄りの際にすばやく充電できます。駆動用バッテリー残量が減っても、自動的にエンジンで発電しながら走行するので安心!
引用元/三菱自動車。
クルマのバッテリー電力が使える100V AC電源(1500W)を、ラゲッジスペースに1ヶ所設置。最大1500Wの出力により、アウトドアや災害時にもコーヒーメーカーや炊飯器、ホットプレートなど、消費電力の大きい電化製品を使用できます。
引用元/三菱自動車。
クルマに蓄えた電気を家で使う仕組み「V2H(Vehicle to Home)」に対応。満充電の状態で一般家庭の最大約1日分、エンジンでの発電も組み合わせれば、ガソリン満タンで最大約10日分の電力量が供給可能です。
引用元/三菱自動車。
車種名/エクリプス クロス
価格/PHEVモデル:384万8900~451万円、ガソリンモデル:253万1100~334万6200円
サイズ/4545×1805×1685mm、ホイールベース2670mm    
エンジン/直列4気筒 1.5リッターターボ
変速機/CVT
乗車定員/5名
燃料消費率/JC08モード:~15.0km/L、WLTCモード:13.4km/L
タンク容量/43~63L
総電力量/13.8kWh

●三菱自動車
記事の一覧へ