アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
MINI「クロスオーバー」は超ワイルド!4輪駆動システム搭載車も【MADUROセレクション】

SELECTION

MINI「クロスオーバー」は超ワイルド!4輪駆動システム搭載車も【MADUROセレクション】

  • 2022.04.24

街乗りから山キャンプまで大活躍! 冒険心が満たす人気のSUVをセレクション。新しい生活を新しいクルマで始めよう。

小さいのに頼れる! 5シートのミニ・クロスオーバー

引用元/MINI。
2011年の登場以来、都会派SUVとして人気を集めるMINI「クロスオーバー」。2020年にはマイナーチェンジも実施され、内外装の刷新や8速ATなども新たに採用されました。

エクステリア&インテリア

個性的で無骨なルックスに、冒険心を融合させたたくましいエクステリア。都市の街路と郊外の道、どちらにも対応するオールラウンダーです。
引用元/MINI。
堂々とした顔つきを強調するのは、磨き上げられたフロント・グリルとバンパー。ハウジング・トリムで装飾されたグリルは、クロームのほかオプションのピアノ・ブラックを選べます。
引用元/MINI。
新デザインのLEDヘッドライトは、カーブの際にも横方向をしっかり照射。これまで見落としがちだったエリアまで視認でき、ドライビングの安全性を向上させます。
引用元/MINI。
デザインを一新したリヤ・バンパー。引用元/MINI。
ボディ・カラーは全7種類。ルーフには、ボディとコントラストをなす魅力的なカラーリングをアクセントとして選べます。このほか、上質な素材を用いたオプションが数多くラインアップされています。
引用元/MINI。
引用元/MINI。
ドライブをこれまで以上に愉しくする“気の利いたディテール”が詰め込まれたインテリア。洗練されたデザインのコックピットは、スリリングで多彩なドライビング・エクスペリエンスを提供します。
引用元/MINI。
インテリアの中心は、8.8インチ ワイド・カラー・ディスプレイ。カーナビゲーションとインフォテインメントを担う司令塔として、情報やエンターテインメントを直感的に操作できます。

ラゲージルーム

都市から郊外、オフロードまで、あらゆる旅に対応。リア・シートを倒すと、ラゲッジ・スペースとフット・スペースが広がり、最大1390リッターの荷物を収容できます。
引用元/MINI。
引用元/MINI。
後部座席を使った状態でも450リッターのラゲージルームを確保。コンパクトSUVとは思えない収納量です。
引用元/MINI。

ドライビング性能

マルチ・ディスプレイ・メーター・パネルを標準装備。洗練された光沢ブラック・パネル・デザインのカラー・ディスプレイには、エンジン回転数・速度・燃料残量・走行距離・気温・ナビゲーションなどの詳細が表示されます。
引用元/MINI。
快適なランバー・サポートを備える電動シートが、卓越した座り心地を実現。個別に調節できるため、リラックス&リフレッシュした状態で目的地に到着できます。
引用元/MINI。
メモリー機能で、2つのセッティングを保存可能。整形外科学に基づいた健康的な姿勢で着座できるため、背中の筋肉も疲れずロングドライブもツラくありません。
引用元/MINI。
プラグイン・ハイブリッド車となる「MINI Crossover PHEV」も展開。考え抜かれたデザインと精密なエンジニアリングが、パワーと効率を完璧に両立。エンジンと電気モーター、それぞれの駆動特性をうまく融合させた一台です。
引用元/MINI。
車種名/MINI CROSSOVER
価格/399万円から
エンジンタイプ/ディーゼル、プラグイン・ハイブリッド、ガソリン
グレード(最高出力:kW/PS/rpm)/BUCKINGHAM(75/102/3900)、COOPER D(110/150/4000)、Cooper D ALL4(110/150/4000)、Cooper SD ALL4(140/190/4000)、Cooper SE ALL4(    100/136/440)、John Cooper Works(225/306/5000)
総排気量/1498~1998㎤
サイズ/全長4315×全幅1820×全高1595mm、ホイールベース2670mm
車両重量/1490~1770kg
燃料消費率/JC08モード:15.8~20.5、WLTCモード:13.7~16.9km/L

●MINI
記事の一覧へ