アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
100万円台で!マツダ最小SUV「CX-3」は価格も機能もちょうどいい【MADUROセレクション】

SELECTION

100万円台で!マツダ最小SUV「CX-3」は価格も機能もちょうどいい【MADUROセレクション】

  • 2022.04.30

街乗りから山キャンプまで大活躍! 冒険心が満たす人気のSUVをセレクション。新しい生活を新しいクルマで始めよう。

マツダの最小コンパクトSUV「CX-3」

SUVの進化が止まらないマツダで、もっともコンパクトなSUVモデル「CX-3」。2021年秋には一部改良モデルも発売され、大きな話題となりました。

エクステリア&インテリア

CX-3が本来持っている先鋭さを研ぎ澄ませながら、より魂動デザインを深化。上質さを磨き上げ、クオリティを追求したデザインに。
引用元/マツダ。
全長4275mm、全幅1765mmのコンパクトなボディサイズ。最小回転半径は5.3mmで、狭い場所や駐車場での切り替えしもスムーズです。
引用元/マツダ。
前後のホイールアーチ部分をカバーするクラッディングとフロント、リアバンパー下部もグロスブラック塗装。18インチの切削加工アルミホイールも相まって、エクステリアの質感をより際立たせています。
215/50R18 92Vタイヤ&18×7Jインチアルミホイール(切削加工)。引用元/マツダ。
2トーンの新カラーコーディネートを含む、全8色のボディカラー。匠塗による特別色をはじめとしたボディカラーは、魂動デザインをより上品な印象に。
引用元/マツダ。
美しさと先鋭さをさらに磨き上げた、洗練のインテリア。コマンダーコントロールとEPBスイッチの最適レイアウトによりデザインと操作性を両立。さらにセンターアームレストの採用により、あらゆるシーンにおける使い勝手と快適性が向上しています。
引用元/マツダ。
引用元/マツダ。
収納スペース&便利アイテムも充実。ボトルホルダーやドリンクホルダー、12V電源ソケット付きフロントコンソールなどを備えています。
引用元/マツダ。
引用元/マツダ。
ほとんどのタワーパーキングに入庫できるボディサイズながら、最大350Lの大容量ラゲッジルームを確保。リアシートには、使い方に応じてスペースをアレンジできる6:4分割可倒式シートバックを採用しています。
引用元/マツダ。
引用元/マツダ。

走行性能

自然な姿勢でまっすぐに座れる、理想的なドライビングポジション。シートに座り、自然に足を伸ばした先にペダルがくるよう設計されています。
引用元/マツダ。
シートは、カーブを描いたS字型。背骨が柔軟に動き、地面からの力を受け止めつつバランスを取る姿勢(=人間が歩く姿勢)を座ったときに再現できるよう、骨盤を支持するシートが開発されました。
引用元/マツダ。
アクティブ・ドライビング・ディスプレイを装備。わき見を防ぐ、計算され尽くされた情報レイアウトです。
引用元/マツダ。
進化を続ける高効率直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」と、余裕の走りを実現したクリーンディーゼル「SKYACTIV-D 1.8」の2種類をラインアップ。SKYACTIV-D 1.8はディーゼルエンジンならではの力強さで、登り坂や高速道路での追い越し時などにも素早いアクセル操作を叶えます。
引用元/マツダ。
自然にバランスを取ろうとする人間の能力をクルマづくりに応用した、先進の車両構造技術「SKYACTIVVEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」を搭載。シートとサスペンションに取り入れて最適化し、クルマの動きを自分の体のように感じられる、上質で心地よい走りを実現しています。
引用元/マツダ。
タイヤの動きや路面状況などをリアルタイムにモニターし、スリップ予兆を検知すると即座にトルクを配分する先進のAWDシステムを搭載。重量増による燃費悪化を抑制する効果も期待できます。
引用元/マツダ。

安全性能

衝突被害軽減ブレーキなど、ドライバーのミスから生じる危険を回避・軽減する先進技術を多数搭載。安全走行をアシストできるシーンをさらに拡大しています。
引用元/マツダ。
ペダルの誤操作による急発進を抑制する「AT誤発進抑制制」機能。時速10km以下での徐行中や停車時、カメラや超音波センサーが前方または後方に車両や壁などの障害物を検知しているにも関わらず、必要以上にアクセルペダルを踏みこむと、表示および警報音を発動。同時にエンジン出力を抑えて急発進を抑制します。
引用元/マツダ。
見えない部分の危険察知をサポートする、360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー。引用元/マツダ。
「スマート・シティ・ブレーキ・サポート」は、後進時に車や障害物を検知する機能。時速2~8kmで後退時に、超音波センサーで障害物をとらえ、衝突の危険性を判断。ブレーキを制御し衝突の被害を軽減します。
スマート・シティ・ブレーキ・サポート。引用元/マツダ。
アクセル、ブレーキ、ステアリングの操作アシストなど、先進技術が危険な状況につながる疲労や誤操作を抑制。長時間ドライブでもストレスなく運転を楽しめます。
引用元/マツダ。
車種名/MAZDA CX-3(ディーゼルエンジン)
価格/192万5000円から
グレード/15S、15S Touring、特別仕様車15S Urban Dresser、特別仕様車15S Super Edgy、XD、XD Touring、特別仕様車XD Super Edgy
総排気量/1496~1756cc
エンジン(SKYACTIVE-G 2.0)/水冷直列4気筒DOHC16バルブ
最高出力(SKYACTIVE-G 2.0)/110kw(150PS)/6000epm
最大トルク(SKYACTIVE-G 2.0)/195N・m(19.9kgf・m)/2800rpm
燃料消費率/15.7~23.2km/L
サイズ/全長4275×全幅1765×全高1550mm
重量/1210~1370kg
最小回転半径/5.3m
乗車定員/5名

●マツダ
記事の一覧へ