アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
マツダ「CX-5」はSUV市場を牽引する内外装の美しさ!【MADUROセレクション】

SELECTION

マツダ「CX-5」はSUV市場を牽引する内外装の美しさ!【MADUROセレクション】

  • 2022.04.22

街乗りから山キャンプまで大活躍! 冒険心が満たす人気のSUVをセレクション。新しい生活を新しいクルマで始めよう。

力強さと造形美、機能性すべて叶えたマツダ「CX-5」

引用元/マツダ。
昨年11月に大幅改良が行われた、マツダ「CX-5」。SUV市場を牽引する存在であり、同社を代表する上級ミドルサイズSUVです。

エクステリア

最新のマツダデザインを取り入れ、機能性と造形の美しさをさらに深化。SUVらしい力強さと大人の風格、品格あるフォルムにさらに磨きがかかっています。
引用元/マツダ。
匠塗による特別色をはじめとしたボディカラーは、全8色展開。魂動デザインをより質感高く際立たせる上質カラーです。
引用元/マツダ。
よりタフな見た目を望むなら、力強さと上質さ、さらに実用性を兼ね備えたオプション「プロ・クロススタイル」も。強度と柔軟性を兼ね備えたLINE-X®塗装とシルバー塗装2種類の3トーン塗装により、強くて個性的なスタイリングを実現します。
引用元/マツダ。
よりスポーティなスタイルを求めるなら、「シグネチャースタイル」もイイ。スポーティなデザイン造形とシルバーのスキッドプレートを組み合わせた2トーン塗装により、SUVらしいタフさと上質な品格を演出します。
引用元/マツダ。

インテリア

車内は、細部にまで機能美と造形美を追求した快適空間。美しいだけでも機能的なだけでもない、品格ある大人のインテリアデザインです。
引用元/マツダ。
体圧を広く分散できる構造や場所に応じた剛性の最適化により、体幹をしっかりと支えて乗員の安心感と快適性を向上。座面には“人間が不快に感じる振動”だけをカットする性質を持ったウレタンを採用しています。
引用元/マツダ。
引用元/マツダ。
わき見を防ぐ情報レイアウトも印象的。アクティブ・ドライビング・ディスプレイや8.8(または10.25)インチセンターディスプレイ、7インチマルチスピードメーター(TFTカラー)などが搭載されています。
引用元/マツダ。
ラゲージルームは、乗員乗車時もゴルフバッグ4つが入る大容量。フロアボードは上下段にセット可能です。上段にセットすればフラットな荷室を実現。ボードは前後に2分割することも可能です。
引用元/マツダ。
中央席のシートバックだけを前方に倒せばスキー板やスノーボードを積み込むことができ、そのうえ大人4人が乗車可能。後席左右・中央席それぞれのリモコンレバーを引くだけで、ラゲッジルーム側から各席のシートバックを前に倒せます。
引用元/マツダ。
リバーシブルラゲッジボードなので、防水加工面を表にすれば濡れたり汚れたりした荷物も気兼ねなく積むことができます。サブトランクボックス内も防水加工なのが嬉しい。

走行性能

悪路走破性を向上させるオフロード・トラクション・アシストを採用。ドライバーの意図に忠実な優れたコントロール性を実現しています。悪路からの脱出が困難な状況においても、同アシスト機能を作動させることで、AWDとトラクション・コントロール・システム(TCS)が協調してタイヤの空転を抑制。路面に接地しているタイヤへ適切に駆動力を分配し、トラクション性能を最大限に引き出します。
引用元/マツダ。
ヒル・ローンチ・アシスト(HLA)とも協調し、悪路においても登坂時の車両の後退を抑制。引用元/マツダ。
「i-ACTIV AWD」では、ドライバーのステアリング操作に応じて後輪トルクをリニアに増加させることで、ターンイン時のスムースさを実現。AWDとして類まれなる曲がりやすさと、AWDならではの旋回安定性を両立しています。
引用元/マツダ。
実用燃費と環境性能の向上を追求しつつ、ディーゼルならではの力強さとロングツーリングを楽しめる「クリーンディーゼルエンジン」と、軽快なパフォーマンスと優れた燃費性能を発揮する高効率直噴「ガソリンエンジン」をラインアップ。いずれの場合も、ドライバーの意思とシンクロした爽快な走りを味わえます。
クリーンディーゼルエンジン。引用元/マツダ。
クリーンディーゼルエンジンは、高速道路への合流や追い越しなどの加速シーンでパワフルな走りを強化。長い登り坂が続く高速道路や山道でも頻繁にシフトダウンすることなく、速度維持や再加速を行います。
引用元/マツダ。

コントロール性能&乗り心地

車体中央付近の横方向剛性部材を強化。車体とシートフレームの取り付け剛性を向上させることで、路面から入る振動を抑え、段差を超える場面でもドライバーや乗員に対する不快感を軽減させます。
引用元/マツダ。
引用元/マツダ。
シート形状とクッションのたわませ方を最適化することで、着座した際に自然にバランスが取れる「S字着座姿勢」を実現。頭部を安定させることで、目線を安定させやすくなります。
引用元/マツダ。
ドライバーのハンドル操作に応じて、スムーズかつ効率的な車両挙動を実現する世界初技術「GVC」を採用。新たにブレーキによる姿勢安定化制御も追加されています。
引用元/マツダ。
衝突被害軽減ブレーキなど、ドライバーのミスから生じる危険を回避・軽減する先進技術を多数搭載。また、アクセル・ブレーキ・ステアリングの操作アシストなど、数々の先進技術が危険な状況につながる疲労や誤操作を抑えます。
危険回避ステアリングアシスト。引用元/マツダ。
マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール。引用元/マツダ。
車種名/CX-5
価格/267万8500円から
エンジン(2WD 25S L Package)/水冷直列4気筒DOHC16バルブ
排気量/2.0L、2.2L、2.5L
最高出力(2WD 25S L Package)/140kW(190PS)/6000rpm
最大トルク(2WD 25S L Package)/252N・m(25.7kgf・m)/4000rpm
サイズ/全長4575×全幅1845×全高1690mm
重量/1540~1710kg
乗車定員/5名
駆動方式/2WD、4WD
トランスミッション/6EC-AT、6MT
WLTCモード燃費消費率/13.0~19.5km/L

●マツダ
記事の一覧へ