アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
プジョーSUV「GTハイブリッド4」は、4WDの走破力が持ち味【MADUROセレクション】

SELECTION

プジョーSUV「GTハイブリッド4」は、4WDの走破力が持ち味【MADUROセレクション】

  • 2022.04.28

街乗りから山キャンプまで大活躍! 冒険心が満たす人気のSUVをセレクション。新しい生活を新しいクルマで始めよう。

ハイブリッド4WDも追加された、プジョー「3008」

プジョーのコンパクトSUV「3008」。2001年のマイナーチェンジでは同社初のPHEVにして、日本初の4WDモデルでもあるPHEVのSUV「3008 HYBRID4」もラインアップに。「3008 GT BlueHDi」「3008 GT」「3008 Allure」を含む、全4グレードで展開されています。
引用元/Peugeot。
「3008 GT HYBRID4」のプラグインハイブリッド4WDシステムは、システム合計最高出力300ps&システム合計最大トルク520Nmのパフォーマンスを発揮。荒れた路面では、四輪駆動が優れた走行安定性をもたらします。
引用元/Peugeot。

エクステリア

アグレッシブに生まれ変わった3008のフロントフェイス。精緻にデザインされた大型のフレームレスグリルとサイドのフィンが、ヘッドライト下部にまで広がりワイド感を強調。“ライオンの牙”をモチーフにした両端のLEDデイタイムランニングライトも印象的です。
引用元/Peugeot。
ボンネット先端には3008のエンブレムを配置。斬新で近未来的なデザインのフレームレスグリルには、GTにグリッドがスケーラブルに広がるスポーツグリル、Allureに洗練された印象のグリルデザインを採用しています。
引用元/Peugeot。
GTにはフルLEDヘッドライト、Allureには精悍なLEDヘッドライトを採用。夜間運転時の視認性&安全性を向上させるスタティックコーナリングランプや、リアフォグ点灯時に光度と角度を自動調整するフォグモードも備えています。
引用元/Peugeot。
ヘッドランプの延長線上からルーフラインへと繋がる、フロントフェンダー上に配置されたシャープなクロームアクセント。フロントフェイスからサイド、さらにはリアへと繋がる3008のボディシルエットに、連続性とダイナミックさをもたらしています。
引用元/Peugeot。
SUVのタフさと走破性を予感させる、大径18インチ大型アイホイールを採用。プロテクションパーツや堅牢なルーフレールも装備されています。
引用元/Peugeot。
ライオンのかぎ爪から着想を得たリアコンビネーション。ランプには、新たに立体的な意匠形状とシーケンシャルインジケーターを採用しています。
引用元/Peugeot。
GT HYBRID4には、プラグインハイブリッドモデルであることを示すHYBRIDムのエンブレムを配置。フロントフェンダー、リアテールゲートをより印象的に。
引用元/Peugeot。

インテリア、車内設備

3008のフロントシートは、サポート性の高いスポーティタイプ。シート地はテップレザー&ファブリックのコンビネーションで、GTはシックなダークグレー、Allureは軽快なグレーでまとめられています。GTには、滑らかな質感のナッパレザーシートオプションも。
引用元/Peugeot。
3008には、スマートフォン接続機能「ミラースクリーン」を搭載。Apple Car PlayやAndroid Autoに対応するスマートフォンをUSBケーブルで接続するだけで、マップや通話、メッセージ、音楽などのスマートフォンアプリを車載のタッチスクリーンで利用できます。音声認識機能を使ったボイスコントロール操作も可能です。
引用元/Peugeot。
引用元/Peugeot。
コントラストを高め、精細なデジタルグラフィックスに進化した12.3インチの大型ディスプレイを搭載。運転中、多彩な情報をわかりやすく表示します。複数の表示コンテンツが用意されており、HYBRID4では駆動や回生ブレーキの作動状況を表示するエネルギーモードも選択可能です。
引用元/Peugeot。
GTにはフロントシートヒーターや運転席メモリー付パワーシートのほか、8つのマルチポイントが空気圧によって膨張・収縮し、肩から腰を支える「運転席マルチポイントランバーサポート」を搭載。ドライビングの快適性をより高めています。
引用元/Peugeot。

走行性能、安全性能

雪、砂、ぬかるみといった路面状況に合わせて走行モードを切り替える「アドバンスドグリップコントロール」を採用。トラクションとブレーキを最適に制御し、優れた走破性を生み出します。急な下り坂ではヒルディセントコントロールが速度を5km/h未満に自動制御し、スリップの危険を回避。ドライバーはステアリング操作に集中することができます。
引用元/Peugeot。
3008 GT HYBRID4では4WDモードを選択することで、グリップ状態に講じて駆動力を後輪に最適配分。悪路での安定性や走破性を高めることができます。急な下り坂では、ガソリン・ディーゼルモデル同様にヒルディセントコントロールを使用可能です。
引用元/Peugeot。
ウィンカー操作をせずに車線からはみ出しそうになると、「レーンキープアシスト」が発動。自動的にステアリングに反力を生じさせ、もとの車線へと戻します。
引用元/Peugeot。
走行中、車載カメラが道路標識の制限速度および進入禁止を認識して、ヘッドアップインストルメントパネルに情報を表示する「トラフィックサインインフォメーション」も搭載。ドライバーが見落としがちな標識の認知をサポートします。
引用元/Peugeot。
3008 GT HYBRID4は、プラグを差し込むだけで快適に充電が可能。走行状況や好みに応じて4つのドライブモードと2つのブレーキモードを使い分けることができ、パワフルで静かな走りと優れた環境性能を両立しています。
引用元/Peugeot。

ラインアップ、主要諸元

引用元/Peugeot。
引用元/Peugeot。
車種名/3008 GT HYBRID4
エンジン/プラグインハイブリッド4WDe-EAT8
価格/627万1000円から
オプション/レザーシート(25万円)

車種名/3008 GT BlueHDi
エンジン/2.0L BlueHDiディーゼルターボエンジン EAT8
価格/505万7000円から

車種名/3008 GT
エンジン/1.6L PureTechガソリンターボエンジン EAT8
価格/468万9000円から
オプション/パノラミックサンルーフ(15万3000円)、レザーパッケージ(55万円)

車種名/3008 Allure
エンジン/1.6L PureTechガソリンターボエンジン EAT8
価格/424万5000円から
サイズ/全長4450×全幅1840×全高1630mm
重量/1480~1880kg
燃料消費率/JC08モード:17.5~21.2km/L、WLTCモード:15.6~16.6km/L
最小回転半径/5.6m
総排気量/1598~1997cc
乗車定員/5名

●Peugeot
記事の一覧へ