アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
[時計]パテック フィリップ・ウォッチアート・グランド・エグジビション開催

WATCH

[時計]パテック フィリップ・ウォッチアート・グランド・エグジビション開催

  • 2019.08.29

パテック フィリップは2019年9月28日から10月13日まで、過去最大規模の第5回ウォッチ アート・グランド・エグジビションをシンガポールにて開催します。

シンガポールと東南アジアは、非常に重要なパテック フィリップの市場です。この地域では、ジュネーブのマニュファクチュールによって培われてきたクラフトマンシップと工芸技術が高く評価されています。これらの愛好家のために、パテック フィリップは2019年9月28日から10月13日まで、過去最大規模の第5回ウォッチ アート・グランド・エグジビションを開催します。いうまでもなく、ウォッチアート・グランド・エグジビション(シンガポール2019年)は、ジュネーブのパテック フィリップ・ミュージアム所蔵の多数の歴史的タイムピースに加え、シンガポールとその近隣諸国に捧げられた特別展示も行われます。


パテ1


ドバイ(2012年)、ミュンヘン(2013年)、ロンドン(2015年)、ニューヨーク(2017年)に続き、パテック フィリップは今年、時計製作技術と創作タイムピースを展示するウォッチアート・グランド・エグジビションの開催地としてシンガポールを選びました。広さ1800m²におよぶ10のテーマ・ルームでは、高級時計製作芸術の愛好家と一般公衆大衆は、ジュネーブ・ローヌ通りの歴史的な本店サロン、プラン・レ・ワット本社工房、パテック フィリップ・ミュージアムを実際に訪れているかのように、パテック フィリップの世界に浸ることができます。それは最後の独立した家族経営の時計マニュファクチュールの舞台裏を発見できるユニークな機会です。この展示会と時を同じくして、数点の限定製作タイムピースが発表されます。また、この地域の文化的・芸術的伝統からインス ピレーションを得た、希少なハンドクラフト・タイムピースの豊かなコレクションも展示されます。


シンガポールと東南アジア近隣諸国へのオマージュ


シンガポール200年を記念し、パテック フィリップは特別に選定された展示会場において、東南アジアの都市国家とその近隣諸国に敬意を表します。歴史、文化、芸術、およびパテック フィリップが深い関わりを持つこの地域の自然環境を垣間見せるため、マニュファクチュールは、これまでにない規模の選ばれたタイムピースを、一堂に集めて紹介するという、おそらく最初で唯一の機会を提供します。それは展示作品が、ミュージアムやプライベ ート・コレクターから特別に貸与されたタイムピースを含んでいるからです。


パテ2
シンガポールの独立50周年を記念して2015年に創作されたパテック フィリップ・ドーム・テーブルロック(1677Mモデル)には、将来性溢れる東南アジアの伝説的なダイナミズムが体現されています。そのモチーフになったのは著名な散歩道です。
パテ4
微細な銀箔を埋め込んだクロワゾネ七宝で装飾されたパテック フィリップ・ドーム・テーブルクロック(20074Mモデル)は、建築装飾や伝統的な織物に体現され、優れた感性へのオマージュです。
パテ6
1810年頃、中国市場向けにジュネーブで製作された桃の形をしたペアのペンダント・ウォッチ(S-303A -B)は、この地域の動植物のユニークさを際立たせています。
パテック
展示品中の2点のパテック フィリップ懐中時計(P-1457)は、シャム(現在のタイ)国王ラマ5世が所有していました。これらは地域の文化的な独自性を強調しています。

パテック フィリップ・ミュージアム所蔵の他に類を見ないタイムピース


2001年に開館したジュネーブのパテック フィリップ・ミュージアムは今日、世界で最も優れた時計博物館のひとつと見なされています。シンガポールのウォッチアート・グランド・エグジビションでは、その希少な所蔵作品の一部を見ることが可能です。これほど多数のタイムピースが、海外で展示されるためにジュネーブから搬出されたのは、これが初めてです。


入場無料の公開展示会


ウォッチアート・グランド・エグジビション(シンガポール 2019年)は、シンガポールの中心部にあるプレステージ溢れるマリーナベイ・サンズ・シアター(Marina Bay Sands Theater)で開催される入場無料の公開展示会です。入場するためには、見学者は前もって無料のチケットを入手する必要があります(www.patek.comの予約プラットフォームにアクセスする)。この機会に、パテック フィリップは、展示作品のすべてを解説した詳細なカタログを刊行します。希望により、英語または北京語のナレーション付オーディオガイドが利用可能です。金曜日と土曜日は、午後10時まで開催時間が延長され、子供向けの活動が提供されるファミリーデーが、日曜日(2回)に予定されています。


開催時間
日曜日~木曜日:午前10時~午後7時(入場締め切りは午後6時)。但し10月13日は午後5時に終了し、入場締め切りは午後4時。
イブニングオープン:10月4日、11日(金曜日)と10月5日、12日(土曜日)。午前10時~午後10時(入場締め切りは午後9時)。
ファミリーデー:10月6日、13日(日曜日)の午前10時から午後5時まで。



問い合わせ先
パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター ☎︎03-3255-8109
https://www.patek.com

記事の一覧へ