アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
この焼き上がりに惚れました。食卓を豊かにするフライパン「ジュウ」が超おすすめ

DINING

この焼き上がりに惚れました。食卓を豊かにするフライパン「ジュウ」が超おすすめ

2021.06.15

「こんなにいい感じに仕上がる?」と思わずつぶやいてしまった焼き加減。これフライパン「ジュウ」の仕業なんです。お洒落さと実力を兼ね備えた最高なフライパンの実力をリポート!

シンプルで高品質な鉄素材を生かしたフライパン「ジュウ」。外周がリムで囲まれたその見た目は、独特の雰囲気を醸し出しています。お皿のような見た目の本体は、1.6mm厚の鉄製。スライド式のハンドルを取り付けるだけで、そのままフライパンに変身します。


1
ハードテンパー加工済みなので、すぐに調理可能。

今回使ってみたのは「フライパンジュウ&ハンドルセット」ビーチのMサイズ。直径20cm、深さ3.6cmの本体は1〜2人分の料理にはベストなサイズ感。おひとり様にはSサイズ、3~4人の家族向けにはLサイズがおすすめです。


厚手の黒皮鋼板を使用しているため本体は約780gと、なかなかずっしり。Sは約560g、Lは約1040gとのことなので、重さを基準にサイズを選ぶのもありですね。


1


1
フライパンジュウ&ハンドルセット ビーチのMサイズ。直径20cm、深さ3.6cm。

ハンドルは山形県天童市の工場で、無垢の木材から削り出されたものです。天然木ならではのぬくもりとともに、独自のスライド機構でしっかりとフライパンをホールド。内部には金属が埋め込まれているため、強度も十分。ただ、左右に揺らすと鉄製の重みでグラグラするので、積極的に振りまわす調理にはあまり向かないかもしれません。


1
スライドして取り付けるだけで、簡単にホールド。

外観はこの辺にして、早速使ってみます。しっかりと熱したフライパンに、期待を膨らませて肉を投入すると「ジュワっ」といい音が! 1.6mmの鉄板がしっかりと肉汁を閉じ込めます。弱火でじっくり焼くことで、極上の焼き加減に。キッチンで思わず「すごいなコイツ」とつぶいてしまいます。


1
絶妙な焼き加減がたまらない。

まだまだ感動は続きます。焼き終わったあとも魅せてくるのが、このフライパンジュウ。「つくる」と「たべる」を一つにするのコンセプトにもとづき、取っ手を外してお皿としてそのまま食卓に!  高品質の鉄板が優れた保温性を発揮するので、料理が冷めることなく楽しむことができるんです。ひと口食べると、あぁ、幸せ。こんないい感じのフライパンいままでにありました? この焼き上がり、文句なし。


食べ終わったら、洗剤を使わずに水とタワシでこするだけ。後片付けも超簡単。鉄フライパンなので、調理を重ねるごとに「育っていく」のも楽しみのひとつ。世のメンズは特に、育てるアイテムが嫌いな人はいないはず(笑)。「使えば使うほど愛おしくなる」そんなフライパン「ジュウ」はキッチンの相棒に超オススメです。


1
そのままお皿になるので、温かいまま食卓へ。

間違いなくベストバイ! サイズは人数で使い分けできる
フライパン「ジュウ」はとにかく肉や魚が美味しく焼ける逸品。サイズはS〜Lで選択可能なので、食卓の人数や食材次第で、好みのサイズをチョイスできますよ。


商品名/フライパンジュウ&ハンドルセット 
価格/6600円から
サイズ/S 外径21.5×内径16cm、M 外径25.5×内径20cm、L外径30×内径24cm


●TENT/藤田金属
050-3554-2177/072-949-3221 

記事の一覧へ