アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
悪路もガンガン走れる!欧州で人気のeBike「TREK」を、山で体感してきた!

LIFE

悪路もガンガン走れる!欧州で人気のeBike「TREK」を、山で体感してきた!

  • 2021.11.16

街でちょくちょく目にするようになった電動スポーツ自転車「eBike」。国産メーカーの電動アシスト自転車よりも本格的なMTBのようにアクティブな走りが可能で、欧州では数年前からブームとなっています。日本ではこれから流行りそうなeBikeの世界、その魅力を体験してきました。

eBikeのドライブユニットは、Boschモーター

新宿からクルマで約2時間、紅葉がキレイな富士山麓の登山道にやって来ました。秋のレジャーを楽しむのに最適な散歩道ですが、もちろん路面は未舗装。側道に入ると足場の悪い急斜面もあって、これはeBikeの実力を試すのに良さそうです。
お借りしたeBikeは、アメリカのブランド「TREK」で、MTBタイプの「Powerfly 5」と「Rail 9.7」。どちらにもBoschの最新ドライブユニットを搭載しています。
TREK「Powerfly 5」。
TREK「Rail 9.7」。
フレームはPowerfly 5にアルミ、Rail 9.7にカーボンを採用。バッテリーはダウンチューブ内蔵式なので見た目にもスッキリ、そして驚くほど軽量です。

モードを選べば坂道もグングン上る

最初にPowerfly 5を試乗してみると、想像以上にパワフルで快適! お尻をサドルから上げてペダルを踏み込む必要もなく、少しの力で上り坂もグングン推進します。
アシストモードはECO、TOUR、eMTB、TURBOの4段階。上り20%程度の斜度であれば、多少のダートでもTOURモードで漕げてしまいます。しかし快適だからと言って調子に乗りすぎると、翌朝筋肉痛に(笑)。
下りはさらに楽しい! サスペンションが身体に感じる衝撃を和らげてくれるので、ハンドリングも楽です。
MTB初心者なら躊躇してしまうような50cmクラスの段差も、あっさりクリア出来てしまうのがeBikeの凄いところ。
タイヤはオフロード対応の太幅なので、石ころや落ち葉によるスリップの心配もそれほどありません。もちろん雨天時には細心の注意が必要ですが、この乗り味と安定感は、MTB型eBikeならではでしょう。

フルサスペンションの贅沢な乗り心地

続いてRail 9.7に乗ってみます。先のPowerfly 5が前輪のみのサスペンション仕様であるのに対し、こちらは後輪にもサスペンション! 身体に感じる振動が大幅に吸収されるので、踏み足も軽くノンストレスです。
舗装路でも試してみました。カーボンフレームで見た目以上に軽快。平地であればアシストはECOモード、またはOFFのままでもペダルは重くありません。
主なスペックもチェックしておきましょう!
(左)フロントフォークにサスペンション、良く効くSHIMANO製ディスクブレーキも搭載。(右)SRAM製リア12変速、リアにもディスクブレーキで下りも安心。
Rail 9.7のバッテリーはPowerfly 5と同じくダウンチューブ内蔵式で、簡単に着脱できる仕組みに。モーターは最大75Nmの圧倒的なトルク、eMTBモードを搭載して2.9㎏と軽量コンパクトで静音。
この快適な乗り味を実現しているのがBoschのドライブユニット「Performance Line CX」。繊細なトラクションコントロールを可能にするeMTBモードを搭載した非常にパワフルなドライブユニットで、Powerfly 5、Rail 9.7どちらにも搭載されています。
手元で操作するディスプレイ、(左)Powerfly 5搭載の「Purion」、(右)Rail 9.7搭載の「Kiox」。バッテリー節約のECOモードから、TOUR、eMTB、TURBOの順にアシスト力を選べるほか、走行データが表示されます。「Kiox」はスマートフォンとの接続も可能!
eBikeは漕ぐ力が楽になるバイクというより、スポーツ感覚でアクティブにトレイルを楽しみたくなる、新しい大人のレジャーツールと言えるかもしれません。皆さんも秋冬のアウトドアにeBikeの選択肢、加えてみてはいかがですか?

今回試乗したモデル(2021年モデル)

メーカー・モデル名/TREK Powerfly 5
価格/55万5500円
重量/23kg(Mサイズ)
フレーム/アルミ製
タイヤ径/27.5×2.35インチ(XS、S)、29×2.30インチ(M、L、XL)
ステム/31.8mm径
ブレーキ/Shimano 4-piston hydraulic disc, MT4100 lever, MT420 caliper
ドライブユニット/Bosch Performance Line CX(eMTBモード搭載)
最大可能駆動トルク/75Nm
ディスプレイ/Bosch Purion
バッテリー/Bosch PowerTubes625
メーカー・モデル名/TREK Rail 9.7
価格/86万9000円
重量/22.96kg(Mサイズ)
フレーム/カーボン製
タイヤ径/29×2.5インチ
ステム/31.8mm径
ブレーキ/Shimano 4-piston hydraulic disc, M6100 lever, M6120 caliper
ドライブユニット/Bosch Performance Line CX(eMTBモード搭載)
最大可能駆動トルク/75Nm
ディスプレイ/Bosch Kiox
バッテリー/Bosch PowerTubes625

●トレック・ジャパン
●ボッシュ・ジャパン
●スミス・ジャパン
●トレイルアドベンチャーフジ

※登山道は登山愛好家、トレイランナー等、多くの方が利用する場所です。マナーを守って安全な走行を心がけましょう。また、走行が危険な場所、立ち入りや自転車走行が禁止されている場所もあります。eMTBを楽しむにあたり、eBikeのレンタル、乗り方やマナーについて教えてもらえるガイドツアーを利用するのがおすすめです(トレイルアドベンチャーフジ トレイルツアー TEL/080-2165-9693)。
記事の一覧へ