アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
香りでリフレッシュ、自分にあったエッセンシャルオイルの選び方

LIFE

香りでリフレッシュ、自分にあったエッセンシャルオイルの選び方

  • 2020.05.17

コロナの影響で自宅に閉じこもりがちな生活に。暗いニュースばかりで気分が落ち込んでしまうことはありませんか?そんな時こそ、エッセンシャルオイルを試してみてはいかがでしょうか。エッセンシャルオイルは、アロマテラピーに使用されさまざまな作用があります。今回はそのエッセンシャルオイルの魅力について紹介します。

エッセンシャルオイルってどんな物?


 


エッセンシャルオイル 水滴


エッセンシャルオイルとは、小さな小瓶に入った100%植物由来の精油のことです。多くは、アロマテラピーの専門店や生活雑貨のお店から購入することができます。誰でも気軽に使用することができますが、最近では医療現場でも用いられ、香りによる癒しによってメンタルの不調がある方が心と身体の健康を保つためにも使われるようになってきました。


植物から香り成分を抽出したエッセンス


主に、植物の種、樹皮、根、茎、花、葉などの部位を抽出します。特に天然由来のエッセンシャルオイルは非常に香りが強く癒しを与えてくれます。


アロマテラピーに用いられる 


エッセンシャルオイルを使用した自然療法「アロマテラピー」では、さまざまな方法でエッセンシャルオイルを活用しています。代表的なものでいえば、「芳香浴法」と「沐浴法」があります。


芳香浴法は、エッセンシャルオイルをハンカチなどに1〜2滴ほど垂らし服のポケットに入れたりや枕元に置き香りを楽しむ方法です。アロマポットやアロマディフューザーなどの専用容器を使う使用法もこちらにあたります。


沐浴法は、無水エタノールとエッセンシャルオイルを混ぜたものを浴槽に入れ、全身もしくは身体の一部を湯に浸す方法です。入浴による全身の血流促進作用に加えて、エッセンシャルオイルの香りによる癒しによってリフレッシュ効果が期待できます。


エッセンシャルオイルを選ぶときの注意点 


エッセンシャルオイル選ぶ


エッセンシャルオイルを選ぶ際の注意点がいくつか存在します。純度100%のもので品質管理されているものを選びましょう。商品名に「アロマオイル」と表記があるものは、エッセンシャルオイルと類似品である可能性もあるため、取り扱っている店舗のスタッフの方から話をよく聞いてから購入すると良いです。


エッセンシャルオイルが入った「容器」にも注目しましょう。エッセンシャルオイルは光や熱によって成分が変化し、場合によってはプラスチック製の容器を溶かしてしまうこともあります。できれば、遮光性のあるガラス瓶に入ったものを選ぶといいでしょう。


好きな香りのものを選ぼう


最も大事なのが「自分好みの香り」です。アロマテラピーを行う際には自分が落ち着ける、心が安らげるような香りであることが重要です。自分が不快だと思う香りを無理して使うと、逆にストレスとなってしまう恐れもあるため気をつけましょう。


イライラしている時にオススメのエッセンシャルオイル 


イライラしている時には「ベルガモット」成分入りのエッセンシャルオイルはいかがでしょうか。ベルガモットの果皮には、レモンやオレンジよりも花に近い柑橘系の果物に似た香りが含まれています。動揺や怒りを落ち着かせリラックスしたい時に使ってみるといいでしょう。


ストレス発散にオススメなエッセンシャルオイル 


自分の心が不安定で集中できない時は「プチグレン」成分入りのエッセンシャルオイルがオススメです。プチグレンには「小さな粒」という意味があり、未完熟なオレンジから抽出されたエッセンシャルオイルだったことから、この名がつきました。柔らかく甘い香りが特徴的でストレス感からくる疲労感を和らげる作用があります。


哀しい時にオススメなエッセンシャルオイル


暗く悲しい気持ちになった時は「フランキンセンス」成分入りのエッセンシャルオイルはいかがでしょうか。フランキンセンスは樹木から抽出されたエッセンシャルオイルで、レモンとクスノキが混ざったような香りが特徴的です。旧約聖書にも登場するほど歴史が深く、心を浄化したい時に役立ちます。


 


エッセンシャルオイルを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。きっと心身ともにリラックスできるはずです。


 

記事の一覧へ