アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
トヨタSUV「ハリアー」は高級スポーティ!愛され続ける元祖クロスオーバー【MADUROセレクション】

SELECTION

トヨタSUV「ハリアー」は高級スポーティ!愛され続ける元祖クロスオーバー【MADUROセレクション】

  • 2022.04.12

街乗りから山キャンプまで大活躍! 冒険心が満たす人気のSUVをセレクション。新しい生活を新しいクルマで始めよう。

'97年初代デビュー!トヨタのエレガントSUV「ハリアー」

1997年の初代デビュー以来、トヨタを代表するSUVとして愛され続けている「HARRIER(ハリアー)」。現行型のハリアーが発売されたのは、2020年6月。“スポーティ×高級車”のコンセプトを残しつつ、手が届く価格帯を実現しています。

エクステリア

引用元/トヨタ。
安定した走りを予感させるワイドスタンスに低く伸びやかなフード、そして絞り込まれたボディからなる流麗なプロポーション。流麗なクーペフォルムが生み出す、洗練されたスタイルです。
引用元/トヨタ。
メインボディには、フロントからリヤへと“水滴”に似たティアドロップ形状を採用。シンプル構成ながらも、車両全体で強い躍動感が表現されています。
引用元/トヨタ。
精悍な目元を強調するランプ形状の外周を、2本のL字ランプが囲むような仕様。デイタイムランニングランプ、クリアランスランプ、ターンランプ兼用で、昼夜を問わず常に上質な光を放ちます。
引用元/トヨタ。
リヤの造形にさらに個性を加える、薄くてシャープなコンビネーションランプ。高い位置に配された赤色テールランプとストップランプも印象的です。

インテリア

たくましさのなかにスタイリッシュさを感じる、上質なインテリア。インストルメントパネルにはパイピングオーナメントを採用。末端部分には、センスを感じる「メタルクラッチ加飾」があしらわれています。
引用元/トヨタ。
“乗馬の鞍”を想起させる幅広いコンソール。厚い革を曲げてできる自然なシルエットを研究した造形で、触り心地も極上。乗員を包み込むようなたくましさを感じます。
引用元/トヨタ。
引用元/トヨタ。
使い勝手を重視したラゲージスペースのほか、随所に大小さまざまな収納スペースを採用。小物をしっかりと整頓でき、車内をスッキリ見せられます。
引用元/トヨタ。
広くフラットなラゲージスペースには、ゴルフバッグ3個を収納可能。スライド式のデッキボックスもあり、デッキボード下にもスムーズに収納できます。
引用元/トヨタ。

走行性能

引用元/トヨタ。
高い操縦安定性を追求した新ハイブリッドシステムと、スムーズでダイレクトな加速感を生み出す2.0L直噴エンジンをラインアップ。優れた動力性能と低燃費、そしてスムーズでダイレクトな加速感を叶えています。
引用元/トヨタ。
TNGA新プラットフォームを採用することで軽量性と高剛性ボディに加え、空力性能や静粛性も追求。ホットスタンプ材や高張力鋼板、アルミ材を積極的に使用することで、重厚感としなやかさをあわせ持つサスペンションを実現しています。
引用元/トヨタ。
防音材を配置することで、車内を静けさのあるプライベート空間に。走行中もごく自然に会話を楽しめます。また、燃費にも大きく影響する空気性能を向上させるべく、ボディ形状の工夫やフラットな床下形状を採用。風の流れの抑制や空気抵抗の低減が追求されています。

快適なナビゲーションシステム

スマホをクルマとつなぐだけで、使い慣れたスマホアプリをディスプレイオーディオやナビ上で使用可能。ハンズフリー通話などを運転中でも操作できるため安心です。
引用元/トヨタ。
高精細12.3インチTFTワイドタッチディスプレイに、静電式のタッチパネルとスイッチを搭載。トヨタオペレーションタッチを採用することで、横長画面を2分割するかたちでナビを表示することも可能です。
引用元/トヨタ。
また、高性能な専用アンプや音響レンズ内蔵ドアウーハーなどを搭載した、JBLプレミアムサウンドシステムを採用。最適にレイアウトされた9つのスピーカーが車内全体に迫力サウンドを響かせます。
引用元/トヨタ。

乗客を守る安全性能

「プリクラッシュセーフティ」が夜間の歩行者や昼間の自転車を検知し、ぶつからないようにドライバ―をサポート。低速から高速まで幅広い速度域でミリ波レーダーと単眼カメラが対象を検知し、衝突の可能性があると判断した場合には、警報を発して回避操作を促します。
引用元/トヨタ。
万が一踏み間違いが生じたときに、ブレーキで衝突被害軽減をサポートする「パーキングサポートブレーキ」を搭載。ソナーで周辺を監視しながら、低速取りまわし時の衝突回避、または衝突被害の軽減をサポートします。
引用元/トヨタ。
「デジタルインナーミラー」と「ブラインドスポットモニター」なら、荷物をたくさん積んでいても車の後方がよく見えて安心。車両後方カメラの映像を、インナーミラー内の9.6インチ大画面ディスプレイに高解像度で表示。レバーを操作することで、鏡面ミラーモードからデジタルミラーモードにもスムーズに切り替え可能です。
引用元/トヨタ。
このほかにも多数の安全機能を搭載。ドライバーはもちろん、乗客や周囲のクルマ、人を守ります。

コネクティッドサービス

24時間365日、専任のオペレーターが応対。オペレーターサービスPlusであれば、問いかけたあとホテルや航空券、レンタカーなどの予約もそのまま依頼できます。
引用元/トヨタ。
「マイカーサーチ」があれば、離れていてもクルマの状態をスマホで確認可能。ドアのロック状況や駐車位置をすぐに確認できるので、うっかり駐車場所を忘れてしまったときにも安心です。
引用元/トヨタ。
車種名/HARRIER
グレード・価格/2WDガソリン:299万~423万円、2WDハイブリッド:358万~482万円、4WDガソリン:319万~443万円、4WDハイブリッド:380万~504万円
サイズ/全長4740×全幅1855×全高1660m
総排気量/ガソリン:1986㏄、ハイブリッド:2487cc
最高出力(ハイブリッド)/131kW(178PS)/5700rpm
最大トルク(ハイブリッド)/221Nm(22.5kgf・m)/3600~5200rpm
重量/1530~1690kg
乗車定員/5名
燃費消費量/2WDガソリン:WLTCモード15.4km/L、2WDハイブリッド:JC08モード26.4~27.4km/L、WLTCモード22.3~km/L、4WDガソリン:WLTCモード14.7km/L、4WDハイブリッド:JC08モード26.3km/L、WLTCモード21.6km/L
燃料タンク容量/55L
●トヨタ
記事の一覧へ