一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [格好いいパパの作り方]サウナ好きパパと家族の週末実例

LIFE

[格好いいパパの作り方]サウナ好きパパと家族の週末実例

2019.02.11

    

サウナ師匠として活動する秋山さんは、1児のパパ。

「うちは、休日は新しい銭湯に必ず行くというのが決まり。テーマパークやキャンプに行ってもゆっくりサウナに入ってから、渋滞を避けて帰ってきます。そのほうがラクですから」と話す秋山さん。さすがサウナーです。

「息子の慧十(けいと)という名前は、大好きなケイト・モスから取りました。海外でも覚えられやすいですし。慧十が2歳の時に一緒にスペイン旅行に行き、人生初のロストバゲージを経験しました。
自分と慧十の荷物がなくなるという事態に。服も全部現地で調達するしかなく、おかげでオムツって海外ではガソリンスタンドで売っているということも覚えました。
もう少し慧十が大きくなったら、フィンランドに行ってサウナを一緒に楽しみたいですね。
常識にとらわれないで、世界中に友達がいるように育っていってほしいと思っています」

akiyama1

秋山大輔 あきやまだいすけ

40歳・プロサウナー
息子3歳

Profile
東京都出身。18歳でスペインに渡り、帰国後青山学院大学に入学。
イベント企画・制作会社に勤務後、2014年に様々な企業のブランディングやプロデュースを行うWHYiTのCEOとして独立。
20代からサウナに興味を持ち、国内外のサウナを経験し、サウナー専門ブランド「TTNE PRO SAUNNER」を立ち上げ、記念日の制定やサウナプロジェクトを次々に仕掛けている

akiyama2

休日はテントを使ってのアウトドアサウナにハマっている秋山親子。

 

秋山パパの実例01

Q.週末のこだわりアイテムは?

A.「ストリート系で脱ぎやすいアイテムで揃えています」

akiyama01-1
akiyama01-2

サングラスは、超軽量な「スーパー by レトロスーパーフューチャー」がお気に入り。シンプルだけど個性的でフィット感も抜群で、同じものを4本持っているという秋山さん。
ファッションはサウナに入りやすいように脱ぎやすさを重視(笑)しており、ストリート系ブランドが多いとのこと。靴はオフホワイトとドクターマーチンのコラボモデル。パーカのsaunnerの刺繍は1万8000針で縫い風合いを出しています。

akiyama01-3

 

秋山パパの実例02

Q.最近ハマってることは?

A.「セルフケアを考えて、目隠しトレーニングをしています」

akiyama02-1
akiyama02-2

家族と楽しむためにもセルフケアの重要性を実感。
サウナもその一環ですが、最近ハマっているのが「目隠しトレーニング」。
立つという行為だけでも、目を閉じるだけで自分の中心を意識しないとすごく難しくなります。
身体のコアの部分の調律のために、トレーナーと一緒に考案。
感覚を研ぎ澄ますために目を隠すことで、見えないからこそ見えてくるものがあると思います。
詳しくはInstagram@daisukeakiyama

 

秋山パパの実例03

Q.TTNE PRO SAUNNERのこだわりは?

A.「どの世代、性別、サイズでも着られることに徹しています」

akiyama03-1
akiyama03-2

「サウナはみんなのもの」というのがテーマなので、ロンパースから作り、サイズ展開を豊富にしています。Tシャツの場合、サンプルをサウナのロッカー室に持ち込み、自分自身で着心地をチェックしています。サウナの後の敏感になった肌が気持ちよく感じられることを最重要視しています。
www.ttne.co

akiyama03-3

 

秋山パパの実例04

Q.家族でよく行くレストランは?

A.「東京・代々木のSTREET PASTACOMPANYがおすすめです」

akiyama04-1
akiyama04-2

東京・代々木駅からすぐのSTREET PASTA COMPANYはパスタのバリエーションが豊富で、毎朝製麺した生パスタを食べられます。慧十はたらこパスタがお気に入り。ちなみに発汗を刺激するサウナパスタも考案してもらい、サウナに入らなくてもサウナ気分になれるパスタも現在検討してもらっています(笑)。

akiyama04-3

秋山パパのおすすめ

東京 代々木

ストリート パスタカンパニー
Shop Data
☎03-6276-7447
東京都渋谷区代々木1-37-1大善ビル1F
営業/平日・祝日11:30~22:00LO土・月祝11:30~18:00LO
定休日/日曜 予算/昼夜1000円~

RELATED

記事の一覧へ