アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
ダイソーに新メスティンが登場!実際にパスタを作って使いやすさを検証してみた

DINING

ダイソーに新メスティンが登場!実際にパスタを作って使いやすさを検証してみた

2021.08.22

キャンプブーム沸騰中の今、気になる調理系アイテムといえばメスティン。ご飯を炊いたり、お肉を調理したり、煮たりと万能で、様々なシチュエーションで使えます。今回は、ダイソーで販売しているメスティンの実力を、パスタを作って検証してみました。

ダイソーのメスティンとは

商品名/メスティン1.5合
価格/880円
材質/本体 蓋:アルミニウム 持ち手:ステンレス銅)、持ち手 カバー:シリコーンゴム 表面加工:アルマイト
商品サイズ/16cm×9.5cm×6cm(持ち手含まず)
容量/750ml
現在、ダイソーで販売しているメスティンは1合、1.5合、3合サイズの3種類があります。今回紹介するのは、真ん中の1.5合サイズのメスティン。1合サイズのメスティンと比較すると、サイズが大きく高さがあり、さらには内側にメモリがついている特徴があります。そのため、キャンプ飯を作りたい時、材料を多く入れたり、料理初心者が水の量を細かく測ったりしたい時には重宝します。

キャンプ飯で喜ばれるカルボナーラを作ってみた

今回はキャンプで作るとみんなが喜ぶメスティンを使用してカルボナーラを作ってみました。

材料(1人分)
パスタ1.5mm 100g
ベーコン 50g
牛乳 50cc
水 200ml
コンソメ顆粒 小さじ1
ニンニクチューブ 1センチ程
粉チーズ 適量
卵黄 1個
塩 小さじ1
ブラックペッパー 少々
乾燥パセリ お好み

作り方

1. パスタを茹でる

メスティンを一度手洗いしたあと、水と塩を入れる。さらに、半分に折ったパスタと5mm幅に切ったベーコンを加える。水が沸騰してから、袋に記載してある時間通りに茹でる。

お好みに応じて1分ほど長めに茹でてあげると、具材とソースがより麺に絡んで美味しいです。

2. 水を切る

パスタが茹で上がったら、しっかりと水気を切る。麺がこぼれ落ちないように注意しましょう!

3. 混ぜる

コンソメ顆粒、牛乳、ニンニクチューブ、粉チーズ、卵黄、ブラックペッパーを加えてよく混ぜる。
時間が経つと固まってしまうので手早く混ぜましょう。

ダイソーのメスティンでカルボナーラを作った感想

ダイソーのメスティンを使って調理したカルボナーラは、大きい鍋で茹でたパスタと比較しても見分けがつかないほど美味しかったです。ただし、パスタを一人前ほどしか茹でられないのがやや難点。多く麺を茹ですぎてしまうと、お湯が吹きこぼれてしまう可能性があります。作る際には分量に注意した方が良さそうです。

ダイソーのメスティンは使い勝手最強!キャンプに重宝する道具だった。

キャンプ道具といえば、つい荷物が多くなってしまうのが気になるところ。調理器具はできるだけコンパクトに少なくしたいものです。今回、紹介したダイソーのメスティンは小型で使い勝手が良く、美味しいカルボナーラを作れます! ぜひ、キャンプで使ってみてくださいね。
尾崎広和
理学療法士・パーソナルトレーナー。ボディメイクに悩む男女に正しい食事や筋トレ方法を教えている。フリーライターとしても活動中。執筆ジャンルは、料理、トレーニング、恋愛など幅広く担当。
記事の一覧へ