アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
【アディダス】はキノコ菌から作ったサステナブルな人工レザースニーカーに注目!

FASHION

【アディダス】はキノコ菌から作ったサステナブルな人工レザースニーカーに注目!

2021.05.07

スニーカーの素材表記としてよく「レザー」と表記されていますが、そのほとんどはいわゆるフェイクレザーで、布地の上に樹脂をコーティングした人工的な素材です。サステナブルがファッション業界全体のキーワードとして語られている現在、このような素材からいかに脱却するのかが、ブランドイメージに大きく影響しています。その結果大手スポーツメーカーもサステナブルへの取り組みをアピールしているわけですが、このたびアディダスが発表した異色のサステナブル素材が話題となっていますので詳しく見ていきましょう。

キノコの根である「菌糸体」を素材とした「Stan Smith Mylo™(スタンスミス マイロ)」


kn1
引用元/アディダス

アディダスが自社のアイコニックなスニーカーである「スタンスミス」の新しい素材として採用したのがなんと「キノコ」。もちろんキノコそのものを素材とするわけではなく、キノコの根である「菌糸体」と呼ばれる、糸のように交差する再生可能な繊維をスニーカーの素材としたのです。この素材は最先端分野の農業技術によりラボ内で生産可能で、製造工程でもサステナブルを実現しているようです。


その素材の名前は「Stan Smith Mylo™(スタンスミス マイロ)」これにより、プラスチック廃棄物をゼロとするアディダスのゴールに大きく近づくブレイクスルーとして、アディダスを代表するスタンスミスにいち早く採用。


スニーカーのサステナブル素材といえば、今まではレザーではなくニット系のリサイクル素材が使われていましたが、やはり本格スニーカーを求めるのならレザー素材を求める声も多いはず。質感は実物を見なければ断言はできませんが、新しい素材へのアプローチとして要注目な一足となるはずです。


実際に発売されるのは2022年の春夏コレクションということですから、アディダスファンのみならず、サステナブルなシューズを探している人はもうしばらく正式発売まで待ちましょう。


もちろんアディダス以外のスニーカーメーカーも、サステナブルに対する取り組みを実践しています。スニーカーの中でもサステナブルをいち早くアピールし始めたナイキの「スペースヒッピー」は、真面目すぎにならない程度のポップなイメージをアピールしながら、重量の半分以上をリサイクル素材で構成したサステナブルスニーカーの代表です。


kn2
引用元/ナイキ

さらにスペースヒッピーはイメージアピールだけのために単発で終わらせるモデルではなく、現在もナイキのレアスニーカー抽選アプリSNKRSでシリーズ展開しているだけに、継続的なサステナブルへの取り組みの本気度をアピールしています。


オニツカタイガーがリリースするサステナブルなスニーカーは、アッパーに本革である「カウレザーの繊維」を再形成した素材を使い、リサイクルポリエステルやオーガニックコットンによって製造される、オニツカタイガーの代表モデル「MEXICO 66」などの3種類がラインナップされています。


kn3
引用元/オニツカタイガー

残念ながら現時点では完売になっているようですが、オニツカタイガーならではのシンプルなデザインと、サステナブルに正面から取り組んだ姿勢が評価されるべき、本格的なサステナブルスニーカーの今後の新作発表に期待しましょう。


石神りぴ
スニーカーとストリートファッションを愛するフリーWebライター。特にNIKEとSupremeが好きで、毎週のように購入バトルへ参戦中。Instagramではストリートスナップを投稿、有名ストリート系アカウントにシェアされることも多々あり。


LINEお友達登録はこちら

記事の一覧へ