アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
キャンプで重宝する狩猟ナイフ5選、初心者でも手軽に扱える!

LIFE

キャンプで重宝する狩猟ナイフ5選、初心者でも手軽に扱える!

  • 2021.08.07

暑い季節にキャンプなどのレジャーへ出かける人も多いのではないでしょうか。今回は、キャンプで幅広い用途に重宝する狩猟ナイフを紹介します。狩猟ナイフといえば、一見扱いづらそうなイメージですが、初心者でも気軽に扱えるナイフがメーカー毎に揃っています。狩猟ナイフの魅力を解説していくので、ぜひチェックしてみてください

狩猟ナイフ(ハンティングナイフ)ってどんなもの?

そもそも、狩猟ナイフとは一体どんなものでしょうか。一般的には、狩りで獲った獲物を解体して、捌く際に用いられるのが狩猟ナイフになります。本格的なものは獲物にとどめを刺したり、皮を剥いだり、肉を切り分ける時に使用しますが、最近ではキャンプ時に肉や魚など食材を切る調理道具、焚き火用の枝、ロープやヒモを切るための道具としても活用されています。

キャンプ時におすすめな初心者向け狩猟ナイフ5選

狩猟ナイフには、様々な種類があります。初心者におすすめな狩猟ナイフの特徴は、軽量で扱いやすくグリップがしっかりしているところ。小型で持ち運びにも便利で、調理で特に活躍してくれます。ナイフの中には、木の枝切りなど作業に特化したものもありキャンプで役に立ってくれます。今回は厳選した5つの狩猟ナイフを紹介していきます。

安価で扱いやすいモーラナイフ・ブッシュクラフトオレンジ

引用元/アンプラージュインターナショナル
モーラナイフは創業130年を誇るスウェーデンのナイフブランドです。スウェーデン中部で生まれたモーラナイフは、職人達の手によって受け継がれた伝統的な刃と、握りやすいグリップを量産して組み合わせることで、質の高いナイフが生み出されました。ナイフの切れ味が抜群なので調理に向いています。モーラナイフのブッシュクラフトオレンジは値段も安価で、アウトドア初心者でも手が出しやすい価格になっているのも魅力的ですね。

商品名/モーラナイフ ブッシュクラフト オレンジ
価格/5060円
サイズ/全長約232×ブレード 約109×刃厚約3.2mm
重量/約123g(ナイフのみの重量)
材質/ブレード ステンレススチール、グリップ ラバー、
付属品/プラスチックシース、ベルトループ×2

●Morakniv
072-728-2781(正規輸入代理店 アンプラージュインターナショナル)

世界中で最もシンプルなナイフ オピネル カーボンスチールナイフ♯9

引用元/ハイマウント
オピネルは、1980年にフランスのサヴォワ山中にある小さな村で生まれました。オピネルのナイフで最も特徴的なのが、使用中でも持ち運び中でもしっかりとナイフを固定できる「ビロブロック」という機能。ビロブロックにより、刃の部分がしっかりとロックされているので外れるリスクが少なく、安全に使用できるメリットがあります。

カーボンスチールナイフは、メンテナンスで流水を使いません。食器用洗剤とスポンジで拭き、その後は乾いた布で仕上げます。手をかけるほど味が出てくるナイフとなっています。

商品名/オピネル カーボンスチールナイフ
価格/1760~3190円
サイズ/ブレード 約73~120mm
重量/約30~115g
材質/ブレード ハイカーボンスチール、グリップ ブナ

●オピネル

手作りの質感重視ならヘレ ナイフ テマガミST

引用元/アンプラージュインターナショナル
ヘレ ナイフは、ソロキャンプYouTuberとして有名な芸人のヒロシさんが愛用するブランドです。ノルウェーにあるナイフメーカーが手がけるナイフブランドで、一本一本手作りというこだわり抜いた製品が特徴でもあります。ヘレ ナイフは、全部で35種類ものナイフがあり、それぞれブレード素材、刃長、刃厚に違いがあります。初心者であれば、サビに強く扱いやすいステンレススチール素材のテマガミSTを選ぶと良いでしょう。

商品名/ヘレナイフ テマガミST(ステンレス)
価格/1万7490円
サイズ/ブレード110×刃厚3.0×グリップ120mm
重量/本体 重量155、シース 重量60g
材質/ブレード トリプルラミネートステンレススチール、グリップ Curly birch、シース  レザー(本革)

●HELLE
072-728-2781(正規輸入代理店 アンプラージュインターナショナル)

頑丈と繊細さを持ち合わせたジーサカイ Campn’Twin スライサーVG−10

引用元/ジー・サカイ
ジーサカイのCampn’Twin スライサーは、VG−10刃物の町として有名な岐阜県「関」のナイフ職人が一本一本丁寧に作り上げた製品を扱っています。洗練されたデザインでありながらも、ナイフとしての万能さを併せ持ちます。ナイフ一本で肉を捌く、薪を割る、ロープを切るといった幅広い用途に活用することが可能です。

商品名/Campn’Twin スライサーVG−10
価格/1万7600円
材質/ブレード VG−10、グリップ ガラス繊維強化ナイロン
サイズ/全長258×ブレード130×刃厚3.0mm
重量/250g(ナイフのみ:170g)
付属品/グラスファイバー強化ナイロン製ケース(コアロックベルトクリップ付 ベルト幅38mmまで使用可能)

●ジー・サカイ
0575-29-0311

日本の職人が丁寧に仕上げたtent-Mark DESIGN  キャンプホリックナイフミニ

引用元/tent-Mark DESIGNS
tent-Mark DESIGNのキャンプホリックナイフミニは、手に馴染みやすいサイズ感で料理からクラフトまでなんでもこなせる万能なナイフです。ブレードは、ステンレス素材で片刃となっています。キャンプホリックミニは、まな板の上での調理と木を削ることに特化させていることに加えて、持ち運びが便利になるよう小型で扱いやすい仕様となっています。

商品名/tent-Mark DESIGNS キャンプホリックナイフ ミニ
価格/2万2000円
サイズ/全長約170×ブレード約80mm
仕舞サイズ/約250(ベルトループ込み)×約215mm(ベルトループをたたんだ状態)
重量/本体 69、シース込 121g
材質/ブレード VG10ステンレス・スチール、グリップ キャンバスマイカルタ

●tent-Mark DESIGN
今回は初心でもキャンプで扱いやすい狩猟ナイフを紹介しました。暑い季節になり自然の中でキャンプを楽しむ方も多くなるかと思います。気になった方は、自分に合ったナイフを所有しても良いかもしれませんね。
尾崎広和
理学療法士・パーソナルトレーナー。ボディメイクに悩む男女に正しい食事や筋トレ方法を教えている。フリーライターとしても活動中。執筆ジャンルは、料理、トレーニング、恋愛など幅広く担当。
記事の一覧へ