アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
どれがいい?クルクル畳める新感覚チューブライト、おすすめ3選

LIFE

どれがいい?クルクル畳める新感覚チューブライト、おすすめ3選

  • 2022.05.21

キャンプで一夜を過ごす際に欠かせないライト。特に、空気を入れて膨らませるチューブ式なら持ち運びしやすく、アウトドアにも災害時にも便利です。そんなチューブライトのおすすめを、3つセレクト!

空気を入れて膨らませるだけ!使い方も自由自在

小さく畳めて場所を取らないチューブライトは、気軽に持ち運べてとても便利。必要な時だけ空気を入れて、膨らませて使うと、まるで光る風船のよう。形状や明るさ等はメーカーによって違います。

軽くて柔らかい蛍光灯? KLYMIT(クライミット)チューブライト

引用元/ビームス。
まずはアメリカ・ユタ州発、KLYMITのLEDチューブライトから。空気を入れて膨らませると、蛍光灯のような細長い形に早変わり。エクストララージはシリーズ最長サイズの約86cmです。
引用元/ビームス。
内蔵マグネット付きで、クルマのほかテントやタープに取り付けられるので設置場所に困りません。USBケーブルのスイッチで光量を調節でき、モバイルバッテリーなどから給電することもできるので、いざという時にも安心。サイズは他に、レギュラータイプ(3080円)、ラージタイプ(4180円)もあります。

商品名/KLYMIT / Everglow Light Tube XL LED ライト エクストララージ
価格/5720円
サイズ/約12×86cm
明るさ/270ルーメン

●ビームス

間接照明にも使える、LUMINOODLE(ルミヌードル)ロープライト

引用元/ビームス。
長さ1.5mもあるLUMINOODLEのロープライト。キャンプはもちろん屋内の空間のデコレーションにも使える形状自在なLEDライトです。
引用元/ビームス。
キャンプではテントやタープ、木の枝に吊るしてランタンにしたり、付属のナイロンバッグに丸めて入れるなど、アイデア次第でさまざまな使い方ができます。間接照明にもピッタリ。
引用元/ビームス。
防水性能「IP-67」をクリアしているので、天候が変わりやすい山中での急な雨にも対応可能。水場付近で使用しても大丈夫です。また、ロープ先についているUSBコネクタをモバイルバッテリーなどに接続して充電できるので、電源に悩むことなく使用できます。

長さは1.5mのほか、3mのXLサイズ(4378円)、3mのXLサイズでウォームカラーバージョン(5038円)があります。

商品名/LUMINOODLE / Luminoodle USB ロープライト ホワイト(1.5m)
価格/3278円
全長/約1.5m
明るさ/180ルーメン

●ビームス

圧倒的な明るさ!outstand(アウトスタンド)エアーチューブライト

引用元/outstand。
outstandが提供するエアーチューブライトは、「キャンプに行きたいけど荷物が多いのは嫌!」という、キャンプの悩みに注目したアイテム。圧倒的な明るさと軽さ、機能性を備えたLEDライトです。
引用元/outstand。
Mサイズには30個、Lサイズには45個のLEDを使用。明るさを5段階で調節できるほか、撥水性能を備えているので夜釣りやキャンプ、車中泊、防犯等にも活躍します。もちろんクルクルッと小さく丸められるので、持ち運びも楽チン。チューブライトの快適さを知ってしまうと、もう普通のランタンやライトには戻れないかも!?

商品名/エアーチューブライト
価格/(Mサイズ)7120円、(Lサイズ)7630円
サイズ/M・L
明るさ/1200ルーメン

●outstand
記事の一覧へ