アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
iPhone 12を買ってみた!ここが凄いぞ5G♪

LIFE

iPhone 12を買ってみた!ここが凄いぞ5G♪

  • 2020.11.10

今世間を騒がせているiPhone 12。販売初日は凄い行列と予約で埋まっていたそうです。そして、先日このiPhone 12を買ってみました!まだ把握できていない部分もあるのですが、短い間でも5Gって凄い!iPhone 12って凄い!って思いました♡今日はどこが凄いのかを解説したいと思います。

iPhone 12開封!!


iPhone12


早速iPhone 12を開封しました!もう箱の見た目から、これまでのiPhoneと違う匂いがプンプンです。シックで少しギアな感じを醸し出し、よりコンパクトにスタイリッシュに設計されているように感じます。


iPhone12


選んだのはパシフィックブルーのカラー。今年人気のニュアンスカラーのトーンで、これまでのiPhoneにはない落ち着いたブルーが印象的でした。このカラーがあるのはiPhone 12 Pro/12 Pro Maxの機種のみで、全4色展開となっています。


iPhone12


iPhone12




iPhone 12 はここが凄い!


まず、角の丸みがなく角ばっていて大きいのが特徴です。2014年のiPhone 6以降2019年までは丸みのある角と側面でしたが、今回のiPhone 12は側面も角ばった形でガラスになって登場。2010年に発売したiPhone 4などを思い起こさせます。丸みのあるデザインに慣れていた人はそのスタイリッシュさが新鮮に感じるかもしれません。ちなみに公式サイトによると、iPhone 12に使われているガラスはどのスマートフォンのガラスよりも頑丈なのだそうです。


 


写真の写りがいい


iPhoneが進化するたびにカメラの機能も進化していますが、iPhone 12に関してはもはや性能のいいカメラのよう!鮮明な写りに感動です。また、レンズは3つ付いていて、広角効果、超広角効果、望遠の機能があり、遠いところもはっきり写り、暗い場所でも明るく撮影することが可能になっています。広角効果は手前の位置から広い範囲で写り、大人数でもしっかり入ってはっきり人物を捉えて撮影できます。


iPhone本体自体が大きくなったものの、女性でも持ちやすい形であることからサイドの撮影ボタンも押しやすく、手ブレもなくなった気がします。子供の写真をたくさん撮るご家庭ではとても便利かもしれませんね。


ちなみに前のスマホは7だったのですが、大きさはあまり代わり映えがありません。


iphone12
※写真 左/iPhone 7、右/iPhone 12
 

 


ワイヤレスでの充電


箱を開けると、これまでのような充電器が付いていませんでした。


iPhone
引用元/アップル

薄い丸型の「MagSafe」というものがワイヤレスの充電器の役割を果たすようになっており、iPhone本体の背面とMagSafeが磁気でくっつくようになっているため、最大15Wのワイヤレス充電が可能となります。充電をしながらイヤフォンを使えるのでとても便利になりそうです。


ただ、アダプタが別売りとなっているようでまだ試すことができていません。


同梱の商品はこちらのみ! 充電器は入っていません。


iPhone
引用元/アップル

 


iPhoneケースを持たずに、当分はそのままを味わう


やはり見た目の良さでパシフィックブルーを選んでいるので、当分はケースを付けずに楽しみたいと思います。ケースを付けてしまったら、せっかくの綺麗なブルーが見えなくなってしまうので… また、側面のガラスや角張った4角のスタイリッシュさもケースを付けてしまうと、ごつくなってしまいそうなので、iPhoneケースはもう少しこの見た目を味わってからにしたいと思います。





高速大容量はこれから広がっていく


5Gの特性の一つと言われる「高速大容量」の導入は現在国内で広く使われている4Gの設備を使い、需要の高いエリアで5Gが使えると言われています。映画のダウンロードなども一瞬と言われている5Gですが、これから徐々に広がっていく5Gの凄さを感じてみたいと思います。


●iPhone 12
価格/iPhone 12 Pro 10万6800円~、iPhone 12 7万4800円~ ※表示価格はすべて税別価格です
公式Webサイト
 


LINEお友達登録はこちら


 

記事の一覧へ