アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
ナイキのダンクはHIGHもイイ!Acid Washは秋に楽しめるデザイン

FASHION

ナイキのダンクはHIGHもイイ!Acid Washは秋に楽しめるデザイン

  • 2021.08.19

8月はトラヴィス・スコットコラボのエア ジョーダン 1 HIGH、LOW、そしてオフホワイトコラボのTHE 50など、慌ただしく話題のモデルをドロップし続けたSNKRSですが、後半に入ってもその勢いは止まりません。そして次の注目は、今一番の人気モデルとなっているダンクのHIGHモデルの2種です。一体どんな点が魅力的なのか、筆者的おすすめポイントをご紹介します。

アシッド・ウオッシュは脱色したような、まだら模様が特徴

引用元/ナイキ。
商品名/ダンク HIGH 1985 Black Acid Wash
価格/1万5400円
「アシッド・ウオッシュ」と命名されたこのダンクは、その名の通り酸化剤で脱色したようなまだら模様が特徴。ベースモデルは1985年のダンクとなっていて、先日発売されたアンダーカバーコラボと同じモデルとなります。

ちなみに前回のアンダーカバーコラボは筆者の知人も購入したのですが、メンズモデルながらややタイトなサイズ感ということで、おそらくハーフからワンサイズアップで購入した方が間違いないかもしれません。
引用元/ナイキ。
こちらがホワイトベースのBlack Acid Wash。どことなく牛柄っぽさがかわいく、ダンクLOWでプレミアム価格となっている「Ben & Jerry's Chunky Dunky」を彷彿とさせるデザインで、筆者もぜひ狙ってみたいと思えるモデルです。
引用元/ナイキ。
引用元/ナイキ。
商品名/ダンク HIGH 1985 Red Acid Wash
価格/1万5400円
こちらがレッドベースのRed Acid Wash。スタンダードなカラーとも言える赤黒のカラーリングが、ウオッシュ加工でかなりギラついたイメージになっています。プレーンなカラーに飽きた方なら注目すべきではないでしょうか。

共にこれからのシーズンにマッチしたカラーリングが魅力的なモデルですから、即完売が予想されます。SNKRSでのドロップは、8月20日の9:00となっていますから、忘れずにチェックしてみてください。

石神りぴ
スニーカーとストリートファッションを愛するフリーWebライター。特にNIKEとSupremeが好きで、毎週のように購入バトルへ参戦中。Instagramではストリートスナップを投稿、有名ストリート系アカウントにシェアされることも多々あり。
記事の一覧へ