アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
キャンプの季節だ!大型シェルター「ギギ-2」は言うことなし!お洒落で立てやすく使いやすい

LIFE

キャンプの季節だ!大型シェルター「ギギ-2」は言うことなし!お洒落で立てやすく使いやすい

  • 2021.09.17

「簡単にお洒落にキャンプがしたい!」そんな方にこそおすすめしたいのが、筆者が愛用している「ギギ-2」。ゼインアーツから販売されている大型シェルターです。簡単に設営できるので、キャンプ初心者の方にもおすすめできるテントです。家族でもグループでも使えるギギ-2の魅力を紹介します。

今回紹介するのは、筆者が愛用しているゼインアーツの「ギギ-2」。大型のシェルターながら6万5780円と他のメーカーから販売されているテントに比べて、かなり手が届きやすい価格設定です。
キャリーバッグサイズは、なんと72×20×25cmとかなりコンパクト。7.5kgと軽いので、持ち運びも便利!女性でも無理なく持ち運べる重さです。クルマにも積みやすく、大変重宝しています。
キャリーバッグだけでなく、ポールケースやロープケースも付属しているので、スッキリとまとめられます。暗めなカラーで、砂や泥で汚れてしまっても目立ちにくいのもうれしいポイントです。
商品名/ギギ-2
価格/6万5780円
総重量/7.5kg
サイズ/750×400×220cm
キャリーバッグサイズ/72×20×25cm
付属品/本体、メインポール×2、エクステンションポール×2、Yペグ×6、Vペグ×16、4m2又ロープ×2、3mロープ×8、キャリーバッグ、ポールケース、ペグ・ロープケース

設営がとにかく簡単!

ビルディングテープが取り付けられた4隅にペグを打ち2本のポールを立てると、簡単に自立します。後は、両サイドにポールを取り付け、ペグで固定するだけ。1人でも設営できますが、2人で行えば15分程度で組み立てられます。

ドアパネルを跳ね上げればタープ代わりに

ドアパネルを跳ね上げれば、タープのような使い方を楽しめます。なお、ギギ-2にはメインポール2本しか付いていないので、跳ね上げるためには別にポールを用意する必要があります。

ギギ-2に使用されている生地の裏面にはポリウレタンが塗られており、日差しを軽減できます。両側のドアパネルを跳ね上げれば、風通しも良くなるので、夏の日差しが厳しい時でもかなり快適に過ごせますよ。

空間が広く快適!

両脇にエクステンションポールが付いていたことで、両脇が広がりテント内で快適に過ごせます。ワンポールテントのように中央部分にポールがないため、様々なレイアウトも楽しめますよ! 両端部分はそこまで高さがないので、立って移動することはできませんが、荷物置きのスペースとして活用できます。

筆者のように左右どちらかにインナーテントを取り付けたとしても、中で快適に過ごせます。両脇にインナーテントを取り付けられるので、家族4人でも使用可能です。

ベンチレーター付き

上下にベンチレーターが付いており、テント内の空気を循環が可能。もちろん、どちらのベンチレーションも閉められるので、気温やシーンに合わせて使い分けられます。

パネルアレンジは豊富!

「ギギ-2」は前後の両面にドアパネルが設置されているので、様々なパネルアレンジが楽しめます。こちらの写真を撮影した日はとても風が強かったので、風が通りやすいように両面のドアパネルを開放しました。パールを使って跳ね上げるだけでなく、こちらの写真のようにドアパネルをまとめることもできます。

冬や雨には弱い

ギギ-2には、風の侵入を防いでくれるスカートが付いていません。そのため、冬の寒い時期の使用には向いていません。寒さが厳しくなった11月に使用した時は、外とほとんど変わらない寒さでした。

また、雨が降った状態でドアパネルを跳ね上げると、かなり雨が内部に入ってきます。そのため、雨が降った時は、ドアパネルを閉めるか少し下げる必要があります。大きさもあるので、乾かすのも一苦労。雨の日の使用には向いていないかもしれません。

コスパ最強!お洒落で設営しやすいギギ-2

ギギ-2は、設営しやすく取り扱いやすい大型のシェルター。品のある落ち着いたデザインで、お洒落なキャンプが楽しめます。売り切れが続出している人気の商品ですので、見かけた際にはぜひゲットしてみてください。
●ゼインアーツ
0263-87-2955
記事の一覧へ