アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
塩水から人力まで【発電機特集】なんと醤油でも発電できちゃう、キャンプに持っていきたい本気防災ギア

LIFE

塩水から人力まで【発電機特集】なんと醤油でも発電できちゃう、キャンプに持っていきたい本気防災ギア

2021.04.30

防災意識が高まるなか、家庭用発電機の需要が拡大中。人気の最前線はハイパワーの「カセットボンベ式」や「ガソリンタイプ」ですが、取り扱いの際には一酸化炭素中毒に注意する必要も……。そこで今回は、狭い空間でも安心して発電できる塩&水、人力発電機をリコメンド。災害時はもちろんアウトドアシーンでも活躍する4アイテムをご紹介します。

塩水だけなのに60時間以上発電! 「AQUENEOUS(アクエネオス)」


水と塩だけを使用する「AQUENEOUS(アクエネオス)」。


1
引用元/石井工務店

ガソリンやガスを使用しないので、有毒物質排出や爆発の危険性は一切なし。室内やテントの付近など、狭いスペースでも安全に使用できます。定期的なメンテナンス不要&発電時の動作音が静かなのも嬉しいポイントです。


2
引用元/石井工務店

発電時は塩分濃度10%程度の塩水を2.6L用意し、本体上部より注水。その後スイッチをオンにするだけで60時間以上の発電が可能になります。使用する水は水道水だけでなく、雨水や川の水、海水、そして尿や醤油まで……なんでもOK! 塩水とマグネシウムカートリッジを交換すればくり返し発電可能です。


製品名/AQUENEOUS(アクエネオス)
価格/30万5800円(税込)
サイズ/260×190×330mm
重量/6.0~8.6kg
電気出力/最大35W
発電時間/60時間以上(マグネシウムカートリッジ1セットあたり)
発電に必要なもの/塩水 2.6ℓ(塩分濃度 8〜10%程度)、別売マグネシウムカートリッジ (1万4080円/税込)
販売ページはこちら


 


400mlの水でライトも発電も! スマートランプ「塩水ランプ」


ライト機能と発電機能を兼ね備えた優れもの、スマートランプ「塩水ランプ」。一回の塩水注入でライト発光(1.5W)は約13時間、2.5W消費であれば約8時間程度使用可能。塩水を入れ替えるだけで連続使用できます。


3
引用元/ONE DAY ONE STYLE(楽天市場)
3
引用元/ONE DAY ONE STYLE(楽天市場)

発電時は、ネジキャップを開いて本体に400mlの水と大さじ5杯程度の塩を注水するだけ。1回の注水でヘッドランプであれば24~50回、カメラは30~40回、スマートフォンは20~24回、タブレット端末は4~5回充電できます。たったの440gながら、“もしも”のときにも頼りになる心強いアイテムです。


5
引用元/ONE DAY ONE STYLE(楽天市場)

製品名/塩水ランプ
価格/5680円(税込)
サイズ/縦21×横9cm
重量/約440g
素材/ABS
USB出力/5V、0.5A
販売ページはこちら


 



超パワフルな人力発電機&約400gの小型発電機もチェック!

“人”さえいればいい! 最大42W出力の人力発電機「パワーボックス50」


クラウドファンディングで700万円以上の支援を集めた第人気アイテムが、米ケーター社開発の「パワーボックス50」。前モデルに改善を加えたパワーアップモデルです。


1
引用元/ケーター

約2kgという小型軽量設計はそのままに、発電力を大幅に向上。50Wのパワーを有し、発電時には42W(14ボルト3アンペア)に調整して出力されます。ペダルの回転をより軽くしたことで、長時間の発電もしやすくなりました。


5
引用元/ケーター
2
引用元/ケーター

発電時は、付属のインバーターやワニクリップを接続してペダルを漕ぐだけ。毎秒1.5回転できるのでグングン漕いで、どんどん発電できます。スマートフォンやランプなどのモバイル機器はもちろん、12Vバッテリーやインバーターと併用することで液晶テレビやノートパソコン、扇風機なども充電できます。


4
引用元/ケーター

悪天候や夜間でも発電できる「パワーボックス50」、“一家に一台”ゲットしてみては?


製品名/パワーボックス50
価格/定価 8万5800円(税込)、AMAZONでは最大32%オフ 6万3470円(税込)
サイズ/約31×32×24cm
重量/約2400g
電気出力/最大42W
販売ページはこちら


 


防水&コンパクト! 野外に持ち出したい発電機「マグネ充電器」


1
引用元/STAYER

「防災バッグに入れられるサイズの発電機がほしい」「野外でのちょっとした充電に使いたい」と考えている人におすすめしたいのが、STAYERの小型発電機「マグネ充電器」。本体に360mlの水と30gの塩を注ぎ、マグネシウム棒をセットするだけで約6300mAhを発電可能です。塩を溶かした水道水はもちろん、海水でも発電できるのでレジャーや海釣り時にも重宝すること間違いなし!


2
引用元/ガスワンショップ(楽天市場)

わずか415gの軽量ながら、スマートフォンは最大10回の充電が可能。USB端子が搭載されており、ケーブルを差し込むだけで簡単に充電が開始されます。


φ86×206.5mmの超小型設計なので、バッグや棚にもスマートに収納可能。アウトドアへの持ち出しや災害時の備えに、ぜひ購入してみて。


製品名/マグネ充電器
価格/オープン価格、実売価格1万780円 (税込)
サイズ/φ86×206.5mm
重量/415g
総発電量/140Wh(35wh/1本)
発電に必要なもの/水180ml×2、塩15g×2、マグネシウム棒
防水性能/IPX6
販売ページはこちら


LINEお友達登録はこちら

記事の一覧へ