アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
【無印良品レトルト】カレーの王道編4つ!最高に美味しかったもの♡

DINING

【無印良品レトルト】カレーの王道編4つ!最高に美味しかったもの♡

2021.03.18

魅力的なレトルト食品が多いブランドの1つ「無印良品」。今回はその中でも品数が多いレトルトカレーをご紹介します。無印良品のレトルトカレーは王道のものから「辛くないシリーズ」「本格派」など実に豊富なラインナップなのですが、今回は王道編で攻めてみました!

無印良品レトルトカレー王道4つランキング


無印良品レトルトカレー


無印良品レトルトカレーは、以下の4つを試してみました。



  • ●辛くないグリーンカレー(350円)

  • ●キーマ(290円)

  • ●チキンとトマトのカレー(350円)

  • ●バターチキン(350円)     ※すべて税込価格


どれもしっかりと具が入っていて美味しそうです。


4位.香りとコクが広がる「辛くないグリーンカレー」


グリーンカレー


ココナッツと香草などの香りが広がるグリーンカレーは、だいたいの予想がついていたのですが、「辛くないってどうなの?」と気になったので試してみました。確かに味は想像通りのグリーンカレーでごろっとした具もしっかり入っていて美味しいですが、辛くないのが少し物足りなかったです。ココナッツの甘さの中にピリッとしたアクセントが欲しかったのが本音です。


グリーンカレー


意外にもスープカレーのようにさらっとしていたので、ご飯と分けてみました。どちらかといえばスープとして味わうのがよかったです。


3位.際立つ「キーマ」


キーマカレー


試した中でもガツンとくる味わいのキーマカレー。コクがある中に渋さと香ばしさも感じるちょっと大人な味にも感じました。私の推しポイントはガツンとくる辛さと食べ応えのあるひき肉です。たまに思考を変えてキーマカレーが食べたくなった時にはおすすめです。



2位.酸味と甘さが絶妙にマッチする「バターチキン」


バターチキン


酸味があってほのかに香るバターの甘みがいい感じのバランスのバターチキンカレーです。ご飯と一緒に食べましたが、ルーそのままのみを食べても全然いけます。ナンや食パンにつけても良さそうでした。旦那さんは「夏に食べたい」と言っていたのですが、濃厚な中にもさっぱりした味わいで重たくなかったので、暑い夏に食べるカレーとしていいなと思いました。


1位 ルー全てに素材が溶け込んだ「チキンとトマトのカレー」


カレー


1位はチキンとトマトのカレーです。食べた中ではルーが一番どろっとしていて、ご飯にもしっかり絡みついてくれてご飯好きの私としては大満足です。ルーの舌触りがざらっとして溶け込んだ具が絡んでいて芳醇なカレーの味わいです。「ザ・カレー」と言える味でしたが本格的にも感じられ、何度でもリピートしたいレトルトカレーです。


困った時の無印良品レトルトカレー


王道4つを試しましたが、どれもハズレはありませんでした。だいたいの想像はついたのですが、それよりもレベルが高くて大満足です。今回の王道カレーはお子様には辛いですが、パパが一人でお昼を過ごす時、朝カレーな気分の時などパパ一人でも簡単に本格カレーが食べられるのでおすすめです。お子様と一緒に食べう時は、辛くないシリーズを選んでみてくださいね。


道面梓
ファッションと銭湯と本を愛するwebライターです。最近は銭湯に行けていないので、自宅でバスタイムを楽しんでいます。本を読みながらお風呂は至福の時間です。


LINEお友達登録はこちら

記事の一覧へ