アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
【毛布対決】ニトリ vs 無印良品 vs ユニクロ!暖かくて使い心地がイイのはどれ?

LIFE

【毛布対決】ニトリ vs 無印良品 vs ユニクロ!暖かくて使い心地がイイのはどれ?

  • 2022.11.20

今年も暖かい毛布が恋しい季節になりました。そこで気になるのが、2022年秋冬シーズンの毛布事情。定番の「Nウォーム」が新しくなったニトリをはじめ、無印良品、ユニクロの3ブランドを比較してみました。

2022秋冬版!人気3ブランド毛布の機能をチェック

・ニトリ「2枚合わせ 毛布(NウォームWSP)」
・無印良品「あたたかファイバームレにくい厚手毛布」
・ユニクロ「ヒートテック二層毛布」


取り上げるのはこちらの3点。毛布の新調を考えている方は、ぜひチェックしてみてください!

【ニトリ】「保湿」と「部屋干し臭抑制」機能をプラス

引用元/ニトリ。
身体から発散される水分を熱に変える「吸湿発熱素材」を使用した、ニトリの冬の定番寝具「Nウォーム」。肌触りがバツグンなうえに暖かさを逃がさないので、寒い時期に手放せない毛布としてファンが多いアイテムです。

標準タイプの「Nウォーム」、ワンランク上の「Nウォームスーパー」、最も暖かい「NウォームW(ダブル)スーパー」と、3種類がラインアップ。今年は「保湿機能」をすべてに搭載し、乾燥しがちな冬の睡眠タイムを快適に送れるようアップデートしています。
引用元/ニトリ。
さらに2022年モデルから、すべてのNウォーム寝具に「部屋干し臭抑制」機能が新しく追加されたとのこと。昨年は、寒さが本格化してきた12月にはニトリの店頭からNウォームの多くがなくなってしまっていたので、早めに購入されるのをおすすめします。

商品名/2枚合わせ 毛布(NウォームWSP)
価格/(シングル)4990円、(セミダブル)5990円、(ダブル)6990円、(クイーン)7990円
素材/ポリエステル、レーヨン、ナイロン
カラー/グレー、ブラウン、他

【無印良品】リヨセル混紡でムレにくい、ふわふわ毛布

無印良品の「あたたかファイバームレにくい厚手毛布」は、思わず顔を埋めてしまいたくなるような、毛足の長いふわっふわな肌触りが特徴の厚手毛布です。

吸放湿性のある天然由来(ユーカリの木)のリヨセルを編み込み、暖かさとムレにくさをプラス。家庭の洗濯機で洗えるのもうれしいポイントです。
無印良品の人気ランキングで常に上位なのも頷けるほど、ずっと触っていたい肌心地。ぜひ店頭で手に取ってみてください。

商品名/あたたかファイバームレにくい厚手毛布
価格/(シングル)3990円、(ダブル)5990円
素材/(パイル)ポリエステル100%、(基布)ポリエステル65%、再生繊維(リヨセル)35%
カラー/ライトグレー、ベージュ

【ユニクロ】従来の「ヒートテック毛布」より1.5倍暖かい

肌面にヒートテック、表面にフリースを使用した、ユニクロの「ヒートテック二層毛布」。ヒートテックならではの吸湿発熱機能と2枚合わせの効果で、従来の「ヒートテック毛布」よりも約1.5倍の暖かさを実現しています。
ツヤがあってなめらかな肌触り。かさばりにくいので、掛布団とセットで使いやすいのもポイントです。こちらも洗濯機で洗えるので、お手入れ簡単です。

商品名/ヒートテック二層毛布
価格/(シングル)4990円、(ダブル)5990円
サイズ/200×140cm
素材/(表側)ポリエステル100%、(裏側)アクリル66%、ポリエステル22%、レーヨン12%、(パイピング部分)ポリエステル100%
カラー/DARK GRAY、BEIGE、DARK BROWN
記事の一覧へ