アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
MacBook Airの外付けキーボードで、タイピングがしやすかったのはコレ!

LIFE

MacBook Airの外付けキーボードで、タイピングがしやすかったのはコレ!

  • 2021.08.22

在宅でノート型パソコンを使っている人の中には、外部モニターに接続して、大きな画面で作業している人もいるでしょう。中にはノート型パソコンを台にのせて、高さを調整している人もいます。そんなときに必要なのが、外付けキーボード。そこで筆者が、実際に使って良かったと感じた、MacBook Airの外付けキーボードを紹介します。

在宅でMacBook Airを使うならキーボードは外付けで

筆者は、事務所で作業する際にはMacBook Airに外付けのモニターを繋げて、大画面で使っています。そうなるとMacBook Airのキーボードを使ってもいいのですが、本体を閉じて外付けのキーボードでタイピングした方が文字も打ちやすく効率的です。

ノートパソコンで壊れやすいのがキーボードですから、壊れたら交換できる外付けキーボードの方が、コスパも良さそうです。

ということでMacBook Airを使い始めてから、これまでいろいろなキーボードを試してみた結果、厳選した外付けキーボードはこちらです!

1日に1万文字以上打てるキータッチのキーボードとは?

まずハード的な条件として、外部インターフェイスがUSB-Cが2口のみというMacBook Airですから、外付けのデバイスは、できればBluetoothが理想です。以前はハブを介して、通常のUSBキーボードを繋いでいたのですが、キーボードの他にモニターやマウスを繋ぐことを考えると、やはりBluetooth接続の方が便利です。

ということで、何を選んだかというと、あまりに芸がないのですがApple純正の外付けキーボードです。
引用元/アップル。
商品名/Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS)
販売価格/1万3800円
このキーボード、お値段がなかなかのものなのですが、一度使い始めて慣れてしまうともう絶対に手放すことができません。ライターという職業上タイピングする時間はかなり長く、具体的にいえば1日に1万文字を超える文章を打たなければならない時もあります。

現在のAppleのキーボードは触れるか触れないかというレベルの軽さのキータッチになっていて、これがとにかく疲れないのです。数時間タイピングしっぱなしという状況にもなりかねないライターにとっては、軽く、なおかつ確実にタイピングできるキータッチこそ至高なのです。
キータッチが軽いというと「ペコペコ」なイメージが浮かぶかもしれませんが、そこは流石にApple純正。軽いながらしなやかなクリック感が絶妙で、打っていて気持ちいいんです。

最新のTouch ID対応モデルも

筆者が購入したのは純正キーボードのカラーはブラックで、残念ながら現在は廃盤になっているようです。
さらにM1チップを搭載した新型のMacBook Airに対応して「Touch ID」機能が使えるキーボードもあるので、新型を購入した方はこちらを選んだ方が良いかもしれません。ただし、Touch IDを使わないというのであれば、通常モデルと価格差が5000円のため、悩むところではあります。
引用元/アップル。
商品名/Appleシリコン搭載Macモデル用Touch ID搭載Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS)
販売価格/1万8800円
ちなみにApple純正のデバイスは、Amazonなどで購入した場合、稀にフェイクが送られてくることもあるようですから、Apple Storeの店舗かオンラインで購入することをおすすめします。

リーズナブルな社外品を選ぶなら

引用元/iClever。
商品名/Blutetoothキーボード IC-BK22
販売価格/3999円
最近ではこのキータッチに近づけた純正以外のキーボードも登場しています。iCleverの「Blutetoothキーボード IC-BK22」を試しましたが、こちらも悪くないキータッチでした。Windowsと共用できる仕様のため、若干キー上の文字がわかりづらいものとなっていますが、なにより3999円というリーズナブルなプライスですから、まずお試しで外付けキーボードを試したいのであればこちらも選択肢に加えてみてもいいかもしれません。

石神りぴ
スニーカーとストリートファッションを愛するフリーWebライター。特にNIKEとSupremeが好きで、毎週のように購入バトルへ参戦中。Instagramではストリートスナップを投稿、有名ストリート系アカウントにシェアされることも多々あり。
記事の一覧へ