アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
復活「博多明太のり弁当」ちくわ天が1.5倍!を食べてみた

LIFE

復活「博多明太のり弁当」ちくわ天が1.5倍!を食べてみた

  • 2022.07.26

定番弁当と言えば、のり弁。「ほっともっと」では年間約2000万食を販売しているという看板メニューです。その人気のり弁が新しくなって、なんとちくわ天が約1.5倍のサイズに。今回は、新しくなって復活した「博多明太のり弁当」を食べてみました!

ほっともっと「博多明太のり弁当」がボリュームアップして復活

新しくなったのり弁で一番の注目は、約1.5倍になったちくわ天。おかずの約半分の面積を占める大きなちくわ天が、のりの上にドシッと載っています。白身魚フライのボリュームも相まって食べ応え感ばっちり。

商品名/博多明太のり弁当
価格/420円

長さ約16cmのちくわ天とホクホク白身魚フライのハーモニー

ちくわ天の長さは約16cm。容器の長さいっぱいに入ったちくわ天に食欲をそそられます。

ひと口食べると、弾力のあるちくわのうまみが広がっていきます。個人的におすすめなのは、ちくわ天には何もつけないで食べること。ソースやしょうゆをつけるとちくわそのものの美味しさがなくなってしまうので、基本的に昔からちくわ天はそのままいただくのが自分ルールになっています。
白身魚フライもちくわ天に負けない存在感を放っています。購入の際に「プレミアムソース」か「だし醤油」を選ぶことができますが、今回は濃厚なプレミアムソースをチョイス。時間が経ってもサクサクの衣に厚みのあるホクホクな身は、ちくわに負けず劣らずの食べ応え感があります。

あっさりした身の味わいと、衣に絡むソースとの相性も抜群! ご飯が進みます。

博多明太ご飯の復活に歓喜!

通常、ほっともっとののり弁にはおかか昆布が使われていますが、前回の発売時に好評だった「博多明太のり弁当」を約半年ぶりに復活したとのこと。ピリリと辛くコクうまな明太子がご飯と絶妙に合い、このまま定番化してほしい美味しさです。

ちくわ天やホクホク白身魚フライ、博多明太ご飯をそれぞれの組み合わせで食べることで、いろんな味わいが楽しめる「博多明太のり弁当」。ちくわ天好きにはたまらないのり弁当に仕上がっています。
●プレナス
記事の一覧へ