アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
【外出OKになったら、どこに行く?】夫婦で楽しむ、汐留のミュージアム!

LIFE

【外出OKになったら、どこに行く?】夫婦で楽しむ、汐留のミュージアム!

  • 2020.04.18

都内唯一、海水を引き入れた潮入の池がある浜離宮恩賜庭園、劇団四季の劇場からショッピングまで楽しめるカレッタ汐留まで、見どころ満載な汐留。外出許可が出たら夫婦で楽しみたいミュージアムを紹介します。 フランスの画家、ジョルジュ・ルオーの初期から晩年の作品が揃う、パナソニック汐留美術館や、広告とマーケティング関連の作品のみを集めた、アドミュージアムまで、夫婦で汐留の美術館に行ってみませんか。

1.『パナソニック汐留美術館』





 

 


 



 

 

 



 

 



 

 

 




 

 


Harumi💃(@harumi_twinkle)がシェアした投稿 - 2020年 2月月14日午後11時44分PST






パナソニック汐留美術館は、東京汐留ビルの4Fにある美術館です。
授乳室や、オムツ替えシートも完備され、小さな子供連れでも、安心して過ごせます。


「キリストの顔」など、数々の代表作を持つ、フランスの有名画家、ジョルジュ・ルオーの作品を240点以上所蔵。


常設展示では、世界でも唯一ルオーの名前を冠した「ルオー・ギャラリー」を楽しめます。「ミセレーレ」、「流れる星のサーカス」まで、初期から晩年にかけての、版画作品を鑑賞しましょう。
ルオーや、建築・住まい、工芸やデザインをテーマとした企画展示もおすすめです!


【パナソニック汐留美術館】 ※現在は臨時休館中
住所:東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
定休日:水曜日(祝・祭日は開館)、年末年始、展示入れ替え日
営業時間:10:00~18:00
料金 : 展覧会により異なる
公式URL:パナソニック汐留美術館


2.『アドミュージアム』


アドミュージアム


アドミュージアム東京は、世界的に見ても珍しい、広告専門のミュージアムです。
2002年の開館以来、200万人以上の人が訪れる人気スポット。
人気商業施設のカレッタ汐留内にあり、夫婦のお出かけ、ショッピングと合わせて立ち寄れます。


「ニッポン広告史」では、現代の広告のルーツといえる江戸から、昭和に至るまでの人と広告の関わりの歴史を楽しめます。
思わず目にとまるようなポスターやキャッチコピーが目白押し。夫婦で、それぞれお気に入りの作品、広告を探してみるのも良いでしょう。


【アドミュージアム東京】 ※現在は臨時休館中
住所:東京都港区東新橋 1-8-2 カレッタ汐留
定休日:日曜日、月曜日
営業時間:11:00~18:00
料金:無料
公式URL:アドミュージアム東京


3.旧新橋停車場 鉄道歴史展示室


旧新橋停車場鉄道歴史展示室


「旧新橋停車場 鉄道歴史展示室」は、1872年に日本で初めて開通した、新橋停車場をそのまま再現したミュージアムです。
プラットホームの遺構や、駅舎の基盤となった石積など、鉄道にまつわる貴重な展示に出会えます。


江戸東京の情景、鉄道を通して振り返る、汐留の歴史など、知的好奇心をくすぐられる時間を夫婦で過ごせますよ。


【旧新橋停車場 鉄道歴史展示室】  ※現在は臨時休館中
住所:東京都港区東新橋1丁目5-3
アクセス:ゆりかもめ汐留駅から徒歩1分、JR新橋駅汐留駅から徒歩5分
電話番号:03-3572-1872
定休日:毎週月曜日(祝日の場合翌火曜日)、年末年始
営業時間:10:00~17:00
料金:無料
公式URL:旧新橋停車場


汐留で夫婦のお出かけをするならミュージアムへ!


汐留の夫婦で楽しめる美術館を紹介しました。
広告、鉄道にまつわる展示を楽しめるミュージアムなど、ユニークなテーマのミュージアムが汐留には集まります。
お出かけの際は、ぜひ立ち寄ってみましょう。


※この記事は2020年4月の情報をもとに制作しています。展示物などの内容に変更がある場合もありますので、予めご了承ください。


 


 


 

記事の一覧へ