アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
【今さらきけない!】オートミールがトップモデルにも愛される理由とは?

LIFE

【今さらきけない!】オートミールがトップモデルにも愛される理由とは?

  • 2020.04.22

最近、健康的な食品として多くの人から注目されているオートミール。日本ではまだあまり馴染みの薄い食品かもしれませんが、海外では朝食の定番として親しまれています。海外のトップモデルやハリウッド女優が役作りに使用したり、ボディビルダーやアスリートが減量時に取り入れたりするなど、ダイエットに取り組む人や、食生活の改善に活用している人が急増中です。今回はそんなオートミールが人々に支持される理由を探っていきましょう。

オートミールとは


オートミールとは、オーツ麦と呼ばれる麦を食べやすく加工したシリアル食品のことです。短時間で調理できることや栄養バランスが非常に優れていることで、日本国内では健康食品として人気を得つつあります。アメリカでは家庭の味と言われるほど広く浸透している食材です。


定番とされている食べ方は、お湯でふやかすか、加熱するなどして粥状にし、砂糖やジャム、または中華粥やカレーのレトルトなどを使用して味付けをして食べる方法です。水で煮たオートミールは塩系の味付けをした場合、白粥のような味になります。






 


 

 



 

 


 



 

 

 



 

 



 

 

 




 

 


朱梨(@pear.akari)がシェアした投稿 - 2020年 3月月8日午後3時11分PDT






水で煮る以外にも、牛乳や豆乳を使用して煮るほか、種類によっては一般的なシリアルのように冷たいミルクに入れてサクサクと食べられるオートミールもあります。味をつけて食べる以外にもパンやクッキーに混ぜ込んで使用することも多く、一般的な生地より、しっとりと歯ごたえのある食感が特徴です。


オススメレシピ


オートミールを豆乳でふやかし、プロテインを混ぜて朝食代わりに食べてみてください。プロテインに味がついているため適度な甘さがあり、タンパク質を多く摂取できるのでおすすめです。






 


 

 



 

 


 



 

 

 



 

 



 

 

 




 

 


mitchi_k(@mitchi_k_m)がシェアした投稿 - 2020年 2月月13日午後8時10分PST






オートミールを使ったリゾット風の料理やクッキーにして食べることも可能です。YouTubeや料理サイトなどでもオートミールのさまざまなレシピが紹介されているので、試してみてはいかがでしょうか。



 


オートミールが取り入れられる理由


オートミールは玄米などの健康食材と同様に精白を行っておらず、外皮を残したまま加工される全粒穀物食なため、非常に栄養価が豊富。白米と比べて食物繊維は約20倍も含まれており、玄米と比べても約3倍、鉄分は約2倍、カルシウムは約5倍も含まれています。


精米されたお米に比べて2倍もの植物性たんぱく質を持っているのも特徴で、水溶性と不溶性の食物繊維が両方含まれているのもポイントです。


オートミールは「ダイエット食」としても人気


ダイエット食品と聞くと「食べるだけで痩せる」というイメージを持つ人が多いかもしれません。オートミールは100gで約380kcalあるため、意外とカロリー自体は多い食品です。では、なぜオートミールがダイエットや体づくりのための食品として愛用されているのか。


それは「低GI食品」だからです。


食べ物を摂取すると血糖値が上昇します。すると膵臓からインスリンが分泌され、血糖値を下げる働きをします。インスリンには脂肪合成を高め、脂肪分解を抑制する働きがあるため、ダイエット中の方は、血糖値が上昇しやすい食べ物の摂取方法には気をつけたほうがいいのです。


低GI食品であるオートミールは血糖値の上昇が一般的な食べ物より緩やなため、インスリンの分泌が抑制されます。そのため脂肪分解などがされやすくなるため、「ダイエット食」として人気を得ているのです。


手軽に調理できて、食物繊維の豊富。低GIで血糖値の急上昇も抑えることができるオートミール。だからこそトップモデルなどにも愛されているのでしょう。


ぜひ家族で、味わってみてはいかがでしょうか。

記事の一覧へ