アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
鶏むね肉がドーン「カオマンガイ」は炊飯器で作れてガッツリ&ヘルシー

DINING

鶏むね肉がドーン「カオマンガイ」は炊飯器で作れてガッツリ&ヘルシー

  • 2022.06.17

タイの定番料理として良く知られている”カオマンガイ”! 炊飯器を使えば、自宅でも簡単に作れる、画期的な作り方を紹介。今日の昼~夜ご飯にカイマンガイはいかが?

楽ウマ!炊飯器で作るカオマンガイの作り方

そもそも「カオマンガイ」ってどんな料理?

「カオマンガイ」は、簡単に言うとチキンライスのタイ料理版。鶏肉のゆで汁でご飯を炊き上げ、甘辛いタレをつけて食べるのが一般的です。日本にある多くのアジア料理専門店でも、メニューに並んでいることの多い人気料理です。

本格カオマンガイを炊飯器レシピ

〜材料〜
・米 3合
・鶏もも肉 1枚
・ごま油 大さじ1
・鶏がらスープの素 大さじ1
・ネギ 青い部分
・ニンニク(チューブ可)
・生姜(チューブ可)

タレ
・ネギ 約10cm
・醤油 大さじ1
・ごま油 大さじ1
・ナンプラー 大さじ1 ※無くても可
・オイスターソース 小さじ1
・砂糖 小さじ1
・酢 大さじ1
・ニンニク(チューブ可) 小さじ1
・生姜(チューブ可) 小さじ1

〜作り方〜

鶏肉は固くならないように、フォークで均等に穴を開けておきましょう。皮部分もお忘れなく!
研いだ米を内釜に入れ、目盛り(今回は3合)のちょっと下まで水を入れます。鶏肉からも水分が出るので、いつもより少なめの水でちょうど良いでしょう。炊き時間は、筆者の所有する炊飯器では1時間20分ほどです。
続いて、鶏肉の臭みを取るためにネギの青い部分と調味料を入れていきます。鶏肉を入れる前に調味料を投入しておかないと、ご飯にしっかり味が染みないのでお忘れなく。
ここで、主役の鶏肉を投入。カットせずにそのまま入れて、いつもと同じように炊飯器で炊き上げるだけでOKです。
炊いている最中に細かく切ったネギと調味料を混ぜ合わせて、タレを作っておきましょう。ネギは多めに入れた方が食感も香りも良くなります。
炊き上がったカオマンガイが、こちら! 鶏肉にもしっかりと火が通り、美味しそうな香りが立ち上ります。

炊飯器で作ったカオマンガイの味は?

食べやすいように鶏肉をカットして、タレをかければ完成です!
鶏肉から出た旨味が隅々まで染みわたり、ご飯まで美味しく炊き上がっていました。タイ料理屋さんで出てくるカオマンガイのようにタイ米で作っていないので、お米は日本米特有のモチモチ食感。筆者としては苦手なパクチー抜きで作れるところや、ヘルシーな鶏むね肉メインの料理であるところも気に入っています。

炊飯器を使って作れば、鍋やフライパンで料理をするよりもずっと手軽。作っている最中にお風呂に入ったり、仕事をしたり、ゆっくりテレビも見れちゃいます。ナンプラーを入れなくても美味しく作れますよ!
記事の一覧へ