アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
お茶屋の娘が教える!ランチだと気軽に行ける!茶屋の娘が通う、知られざる名店京ランチ

DINING

お茶屋の娘が教える!ランチだと気軽に行ける!茶屋の娘が通う、知られざる名店京ランチ

  • 2020.10.25

京都の本当に美味いモノは生粋の京都人しかわかりません! そこで、老舗のお茶屋の娘さんが、生まれてきた頃からずっと食べてきた京の地元しか知らない美味をご紹介する連載「お茶屋から見た京都美味いモノ流儀」。第3回目は「京都人の京ランチ」。京都は、和食以外にもフレンチ、洋食屋、イタリアンなど和洋折衷でおすすめな店がたくさん!

今回は京都に訪れた時に気軽に行けるランチのお店をご紹介。まずおすすめは、フランス人シェフによる京テイストのフレンチ、リョウリヤ ステファン パンテル(※1)。お庭が素晴らしい町屋のレストラン、地元の京食材を使用し、和食器でいただくフレンチなんです。夜も趣があって良いのですが、昼間は明るく四季を感じさせる素敵なお庭を見られるので、初めて訪れるならランチでぜひ。フランスから来たステファンさんが、京都を愛し、フランスと京都を見事に融合させた丁寧で芸術的なお料理がいただける和の雰囲気を大切にしたフレンチです。ランチならワインを飲んでも1人1万円ちょっとで楽しめるので、昼間から大人のデートでぜひ訪れてみて欲しい場所です。カウンター席なので、お1人さまでも楽しめます。今、京都で一番注目のお店です。


京都


あと、私の京ランチで外せないのが、創作中華の一之舟入(※2)。町屋を改装した一軒家で、私はこの店のフカヒレ姿煮が大好き。京野菜をふんだんに使用したコースが楽しめ、京都人が好きな京風な中華の味、という感じです。特に炒飯は、薄口醤油が際立った京都ならではの逸品。他にも、素材の味が引き立つ中華がいただけます。四川麻婆豆腐も美味しくて、後からしっかり辛さが来るんです。お店は借景も良くて、京都に来たな!という雰囲気に浸れます。個室もあるので、子供連れの方も◎。
お蕎麦なら、有喜屋(※3)。京都はうどんだけでなく、蕎麦文化でもあるのですが、その中でここのランチがおすすめ。納豆と卵黄を泡立てたお蕎麦に天婦羅が乗っている有喜天そばが名物。薄味の京風のお出汁が評判です。本店が歌舞練場の隣にあるので、よく舞妓さんや芸妓さんもここで食べています。ここに行けばお昼から舞妓さんに会えるかも!?
蕎麦と言えば、やっぱりうどんも知りたくなりますよね! 京都のうどんなら、おめん(※4)がおすすめ。つけうどんが有名で、温かい麺に温かい出汁をつけていただきます。温かいうどんは、香りが立っていて美味しいんです。よく常連さんが食べている青じそご飯、あとは出汁巻き玉子、鳥の山椒焼きもぜひ食べてください。何を食べても美味しいし、2日酔いの日にも◎。


京都


イタリアンなら、イルパッパラルド(※5)。私が小学生の頃からあるお店で、ここのピッツァは本当に美味しいんです。昔から変わらない味です。ちょっと外れた場所にあるのですが、京都人御用達ピッツァです。
とんかつ山本(※6)は地元の人間がよく訪れるとんかつ店。お昼から贅沢なとんかつがいただけます。衣がサクッとしていて、お肉はジュワッとジューシー。お惣菜もあります。
夜は京都の財界人や舞妓さんや芸妓さんも通う昔からのお店です。夜は贅沢な食材を使ったシークレットメニューも存在するとか…!?
洋食では、グリルフレンチ(※7)。私にとって、ここに勝る洋食屋はありません。どれも美味しいのですが、個人的にはコロッケとハンバーグがイチ押しです。カニクリームコロッケやカツサンドも大好きです。昔から変わらない人気店です、一軒家で、個室もあります。


リョウリヤ ステファン パンテル(※1)
京都好きのフランス人がシェフを務める、今大人気のフレンチレストラン。食べログ4.36という高評価。https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260202/26023370/


一之舟入(※2)
無農薬の京野菜をふんだんに取り入れた京風創作中華。オーナーシェフは横浜中華街をはじめ修行を積んでいます。
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260202/26002657/


有喜屋(※3)
京都府内の契約蕎麦畑から穫れる蕎麦粉と、厳選された水を使用した蕎麦が人気。京都市内に数店舗構えます。
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26000703/


おめん(※4)
銀閣寺の前にあり、お庭の雰囲気も楽しめる、うどん屋。たっぷりの薬味といただくおうどんが絶品です。
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260302/26001803/


イルパッパラルド(※5)
ナポリピッツァの名店「聖林館」で修業したシェフが、イタリアから取り寄せた食材で作るピッツァが食べられます。
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260304/26001638/


とんかつ山本(※6)
店内は黒塗りのカウンター席。ボリュームのあるとんかつがいただけます。夜はとんかつ以外の揚げ物も豊富。
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260202/26006075/


グリルフレンチ(※7)
50年の歴史を持つ洋食屋さんで、京都で洋食ならここ!とファン多数。アラカルトでもコースでも楽しめます。
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260203/26000658/


案内人
お茶屋生まれの実業家
栄藤仁美さん


京都


京都府出身。事業家。お茶屋の娘として生まれ、幼少時より企業の社長、歌舞伎役者、芸能人などセレブリティとの交流を持つ。花街はもちろん、B級から一見さんお断りの一流店までグルメに詳しい。

記事の一覧へ