アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
[メガネ]オーソドックスな形なのに素材がマットなだけで渋めパパに見えるんです♡

FASHION

[メガネ]オーソドックスな形なのに素材がマットなだけで渋めパパに見えるんです♡

  • 2019.01.27

“冬のメガネ”など存在しませんが、“ 冬の装いに似合うメガネ”なら考えようはあります。 本誌は艶を抑えたマットフレームこそ今掛けるべきなのでは、と思う次第です。

同じデザインの黒い革靴でも、パテント製とスウェード製では雰囲気は大違い。合わせるべき着こなしやシーンも随分変わってきます。そんなの常識と思った皆さん。素材感とはまた違う〝質感〞のアプローチ、果たして目元でも意識できていますでしょうか。
 通常アイウェアは、素材に関わらず〝シャイニー仕上げ〞が大半。ですが、中にあえて艶を抑えた〝マット仕上げ〞がなされたフレームも存在します。この手のアドバンテージは、ズバリ落ち着いた印象。言うなればシャイニーフレームが夏向き、ここにリコメンドするマットフレームは冬向きといったところでしょうか。例えばローゲージニットやツイードジャケットといった、起毛感のある天然素材を軸とするほっこりとした着こなしにもことさらしっくり馴染むのです。「いつも掛けているメガネなのに最近なんだか目元だけ浮いている」と感じるときは、ともすればコーディネートの中でフレームだけが際立って艶っぽいという不協和音のせいかもしれません。
 また、ここに集めた6本は磨き抜かれたアセテートやチタニウムの上からマット仕上げが施されていることを付け加えておきます。すなわちシャイニーなそれらよりもひとつふたつ工程が多いワケで、言うなればちょいとハイクォリティ。こだわりの品に目の無い大人にも刺さることでしょう。


 


質感にまでこだわれば目元はもっとアカ抜ける


プラスチックフレーム


目元と着こなしの質感を合わせた好例です


例えば、牧歌的なローゲージのケーブルニットに艶めいた目元は不釣り合い。その点、照りを抑えたマット仕上げなら目元も柔らかにして優しげな印象に。ブラウンのデミ柄で色味まで揃えれば、温かみのある統一感はひとしおです。


メガネ1
メガネ2万4000円/イエローズ プラス フォー コンティニュエ(コンティニュエ) ニット1万6000円/L.L.Bean(L.L.Bean カスタマーサービスセンター)、カットソー1万2000円/エイチアイピー バイ ソリード(タトラス ジャパン)

YELLOWS PLUS for Continuer [イエローズ プラス フォー コンティニュエ]


マットなべっ甲がすこぶる良好


メガネ2
トップリムより一段低い位置に設定されたブリッジにより、天地幅深めでも顔に馴染みやすいロングセラーウェリントン「スコット」。表がマット、裏側が芯金の透けたシャイニーなべっ甲調は、恵比寿の名店コンティニュエでしか買えない別注カラー。2万4000円(コンティニュエ)

HAKUSAN MEGANE [白山眼鏡店]


クリングス付きで掛け心地も良好


メガネ3
2004年の誕生以降、安定した人気を誇るロングセラーモデル「ボストン-N」。角のように尖った“天角”と呼ばれるブリッジと、小ぶりなサイズ感がクラシックな印象です。全15色のカラバリの中でもマット素材のため、存在感も際立ちます。2万6000円(白山眼鏡店WALLS)

 


メタルフレーム


999.9 [フォーナインズ]


マットなカーキがちょいミリタリー


メガネ4
メタルサーモント「S-170T」。フェイスフロントとインナーフロントの2層で構成するダブルフロント構造。レンズを独立して一ヵ所で固定することで使用時の負荷が直接干渉しません。横顔のヌケ感とフォーナインズの機能美を兼備しました。3万5000円(フォーナインズ)

Ray-Ban [レイバン]


装いを問わずに似合う所以とは!?


メガネ5
シャイニーブラックのメタルフレーム前方にマットブラックのシートリムをくっ付けた、ちょいタレ目がちなラウンドメタル「RX6378」。ゆえにフレームが全体的にマットな質感となった黒一色でも二面性のある印象をもたらしてくれます。2万2000円(ミラリ ジャパン)

 


コンビフレーム


OG×OLIVER GOLDSMITH [オージー・バイ・オリバー・ゴールドスミス]


色味によっては近未来的な印象も


メガネ6
職業にインスパイアされたOGの5thコレクションより、ソフト枠風のアセテートフロントとメタルフロントをコンビネーションさせた「キュレーター」。マットグレーリムとゴールドテンプルで、厳格にして遊び心も備えた学芸員の目元を再現しました。4万2000円(コンティニュエ)

CLAYTON FRANKLIN [クレイトン フランクリン]


メタルもプラもマットブラック一色


メガネ7
1995年創業の国産ブランドが作る「595」は、リムとテンプルにアセテート、ブリッジとヨロイにチタンを用いたコンビネーションフレーム。随所の接続部分には計10本ものネジを使用。あえてネジ山をアクセントにしたことで印象が際立ちます。3万2000円(ブリンク ベース)

問い合わせ先


コンティニュエ ☎03-3792-8978

L.L.Bean カスタマーサービスセンター ☎0120-81-2200


タトラス ジャパン ☎03-5708-5188


白山眼鏡店WALLS ☎03-5468-0397


フォーナインズ ☎03-5797-2249


ミラリ ジャパン ☎03-3514-2950


ブリンク ベース ☎03-3401-2835

記事の一覧へ