アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
絶対に持っていきたい!コールマン「ハンギングドライネット」はキャンプのマストアイテム

LIFE

絶対に持っていきたい!コールマン「ハンギングドライネット」はキャンプのマストアイテム

  • 2021.11.11

キャンプでも料理した後には必ずしなくてはならないのが、食器洗い。そんな時に活躍してくれるのが、ハンギングドライネット。今回は、コールマンの「ハンギングドライネット」をチェック。今や欠かせないキャンプギアとなっているおすすめのアイテムです!

今回取り上げるのは、コールマンの「ハンギングドライネットⅡグリーン」。食器や食品を乾燥させられる、キャンプやBBQなどのアウトドアシーンにぴったりなネットです。本体はポリエステル素材なので、洗った食器を入れる際に濡れてしまっても、干しておくだけで、すぐに乾きます。
ドライネット上部にはフックが搭載されており、吊り下げて使用可能。チャックは上部から下部まで幅広く付いているので、大きな食器や食材を入れても無理なく取り出せますよ。
洗った食器を入れてそのまま乾燥させられるため、今やキャンプに欠かせないギアの1つ。隙間なくチャックが付いているためか、今まで虫が入り込んでしまったことはありません。
筆者が使用しているのはグリーンカラーですが、コールマン公式サイトでは色あざやかなブルーカラーでも販売されています。その他にもアパレルブランドとのコラボで、限定カラーが取り扱われていますよ。
商品名/ハンギングドライネットⅡグリーン
価格/1780円
サイズ/約32×80cm(使用時)、約15×8cm(収納時)
重量/約180g
材質/ポリエステル、スチール、ステンレス

3段に分けて食器を入れられる!

ハンギングドライネットは3段になっており、食器のサイズや種類別に分けて保管可能。筆者は上段の高さが少々低いので高さのないカトラリーを一番上に入れ、2段目、3段目に食器類を入れています。

コンパクトにまとまる

ファスナーを完全に閉め平らな状態にしたら、両端を持ち反対方向に回転させます。後は、付属している袋に入れ込むだけ。最初は少し時間がかかりますが、慣れれば30秒足らずで収納できます。持ち手もついているので、とても便利です。
●Coleman Japan

買ってよかった!キャンプに欠かせないマストギア

コールマンのハンギングドライネットは、数あるギアの中でも買ってよかったと本当に思えるギアの1つ。ぜひ今回の記事を参考に購入を検討してみてください。
記事の一覧へ