アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
ご飯が袋で炊ける!? キャンプや災害時にも便利なセリア「ごはんが炊ける袋」を試してみた

LIFE

ご飯が袋で炊ける!? キャンプや災害時にも便利なセリア「ごはんが炊ける袋」を試してみた

  • 2021.11.13

「キャンプでご飯を炊くのは、面倒」「飯盒を持っていない」そんな方におすすめしたいのが、セリアで販売されている「ごはんが炊ける袋」。これがあれば、炊飯器がないキャンプでも、簡単に美味しいご飯を炊き上げられます。避難袋にも入れておきたい、そんな有能な袋を試してみました。

キャンプ時にも便利な「ごはんが炊ける袋」

セリアで販売されている「ごはんで炊ける袋」は、沸騰するお湯に入れれば、簡単にご飯を炊き上げられる優れもの。電子レンジを必要としないため、キャンプなどのアウトドアや災害時にも使えます。
商品名/ごはんが炊ける袋
枚数/4枚入り
価格/110円

作り方

お茶碗1杯分なら、1/2合。どんぶり1杯なら、2/3合のお米を袋に入れます。お米の量は正確に計らなくても、美味しく炊き上げられるようです。
中にお米を入れたら、上部の二重になっている部分に親指を入れて、ひっくり返します。人差し指を視点に回転させると、スムーズにできますよ!
沸騰している状態のお湯に袋を入れて、フタをせずに15分煮詰めたら、お湯を捨てフタをし10〜15分蒸らしたら完成です。
袋を開けてみると、炊き立てのご飯特有の美味しそうなニオイが! フタをして蒸すだけで水気が取れるのか心配でしたが、ベタつきもなくしっかり炊き上がっていました。

気になる味は?

所々水っぽさは感じましたが、芯も残っておらず炊飯器で炊き上げたものとほとんど変わらない美味しいご飯でした。袋だけで、こんなにしっかりとしたご飯を炊飯できるなんて驚きです!

途中で火加減やお米の状態を確認する必要がないので、かなり手軽に調理可能。お米の量も正確に計量する必要がないのは、アウトドアや災害時にうれしいですね。使用した水は、スープなどに活用できます。

キャンプでも、災害時でも!簡単に美味しいご飯が食べられる

セリアで販売されている「ごはんが炊ける袋」があれば、炊飯器がなくても炊き立ての美味しいご飯を食べられます。使用後はそのまま捨てられるので、洗浄する手間もありません。1人前のご飯を食べたいけど、1合はちょっと多い…なんて時にも活躍してくれそうですね!
●セリア
記事の一覧へ