アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
キャンプに広いシェルターがあると居心地よい!4シーズン使えて、グループキャンプにもうってつけ

LIFE

キャンプに広いシェルターがあると居心地よい!4シーズン使えて、グループキャンプにもうってつけ

  • 2022.03.25

キャンプの満足度を大きく左右するのが、テントやシェルター。だからこそ、お洒落で機能的なモノを選びたいですよね。韓国で誕生したミニマルワークスの「V HOUSE L」は、広々スペースでゆったりとくつろげるキャンプギア。テント愛用者にもぜひチェックして欲しいシェルターです!

風の抵抗を考えて作られた、長さ7mの大型シェルター

引用元/UNBY。
とにかくゆったりと過ごせるシェルターが欲しい! そんなキャンパーの皆さんに筆者がイチオシしたいのが、ミニマルワークスの「V HOUSE L」。ビニールハウスをモチーフに作られた、4シーズン使える優秀なシェルターです。

MINIMAL+WORKSの合成語から名付けられたMINIMAL WORKS(ミニマルワークス)は、韓国で生まれたミニマルキャンプ、バックパッキング用品専門ブランド。日本のアウトドアブランドとは一味違った、シンプルで機能的なキャンプギアを取り扱っています。
引用元/UNBY。
直径は7mとかなり大きく、パーソナルな空間を広く作り出せます。横幅は約3mとそこまで大きくないので、一般的な区画サイトでも問題なく設営可能。

1本のリッジポールと3本のポールで形作られた流線型で、風の抵抗力も想定したデザイン。もちろん、対策や注意は必要ですが、風の強い日でも安心してキャンプを楽しめます。
引用元/UNBY。
V HOUSE Lには前面後面に4つのドアが付いており、それぞれレイアウトに合わせた動線を作り出せます。メッシュスクリーンを使えば、虫が多い夏場も快適に過ごせます。
引用元/UNBY。
V HOUSE Lが凄いのは、内部にポールが立っていないところ。ポールがあると動きにくかったり、レイアウトに制限がかかったりと、何かと不便に感じることもありますが、これならゆったりと快適に過ごせます。シェルター内にリビングルームと寝室の両方を作り出すこともできますよ!
引用元/UNBY。
出入りするドア以外全て閉め切ってしまえば、寒さの厳しい季節にも使えます。内部空間がとにかく広いので、グループキャンプの時はメインシェルターに大活躍してくれそう。
引用元/UNBY。
商品名/V HOUSE L TAN/シェルター
価格/19万8000円
サイズ/(使用時)700×305×205cm、(収納時)70×28×28cm
重量/11.3㎏(ペグを除く)
素材/(スキン)Nylon 40D Water Proof 2,000mm、(ポール)ジュラルミン
●UNBY
記事の一覧へ