アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
夜釣り、キャンプに必携!ソーラー内蔵LEDライトで、スマホも充電できる

LIFE

夜釣り、キャンプに必携!ソーラー内蔵LEDライトで、スマホも充電できる

  • 2022.05.12

これ一つでキャンプや釣り、DIYに大活躍。さらにソーラーパネルも搭載しているから、いざという時のスマホ充電にも使える!

最大500ルーメン!手のひらサイズのUSBポート付き強力ライト

引用元/ASK。
キャンプなどのアウトドアや自宅ガレージでのDIYなど、電気を自由に使えないシーンではライトの存在が必要不可欠。周囲を明るくしてくれるランタンがあれば便利ですが、手元などをピンポイントで集中的に照射するのには不向きです。
引用元/ASK。
「Torch 500」は、スポットライトとフラッドライトの2つの点灯モードを搭載。鍵穴やバッグの中など狭い範囲を照らしたい時はスポットライトを、より広い範囲を照らしたい時はフラッドライトに切り替えて使用できます。
引用元/ASK。
明るさは最大500ルーメン。3段階で輝度調整できるので、用途に応じた使い分けが可能です。弱モードでの使用なら、点灯時間はおよそ50時間。足元に気を付けたい夜釣りやキャンプなど、長時間の点灯が欠かせないシーンでも余裕を持って使えます。
引用元/ASK。
さらにUSB出力ポートを備えているので、スマートフォンやデジタル機器への給電も。もちろん、電源出力しながらライトを照らすこともできます。
内蔵されているソーラーパネルを活用すれば、太陽光の下に置いておくだけで充電可能。電源の確保が難しい災害時や2泊以上の長期間にわたるキャンプでも重宝しそうです。
引用元/ASK。
LEDインジケーターでバッテリー残量をすぐにチェックできるので、作業中にいきなり電源が切れてしまった…なんていう心配もいりません。また吊り下げ用のハンガーを装備しているので、高いところに取り付けて蛍光灯のように使うこともできます。
引用元/ASK。
「Torch 500」は、安心のIP67防水防塵仕様。急な雨や砂、ホコリにも強いのが特徴です。手のひらサイズでどこにでも持って行けるから、自宅玄関やガレージに常備しておくのも良さそうですね。
商品名/Torch 500
価格/8300円 ※amazon価格(参考)
USB出力/USB Type-Aポート(最大10.5W、5V 2.1A)
バッテリー/リチウムイオン電池(NMC)
バッテリー容量/18.7Wh(3.6V、5,200mAh)
連続使用時間の目安/2~50時間
充電時間の目安/(USB充電時)約4時間、(内蔵ソーラーパネル)約23~46時間、(Nomad 10ソーラーパネル)約4~6時間
本体重量/約363g
本体サイズ/約224×56×114mm
推奨使用温度域/0~40℃
●ASK
記事の一覧へ