アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
ダイソーのiPhone防水ケースは本当に水が入らない?24時間ガチで沈めてみた結果

LIFE

ダイソーのiPhone防水ケースは本当に水が入らない?24時間ガチで沈めてみた結果

  • 2022.06.19

ビーチやプール、お風呂、キッチンなど、水回りで大切なスマホを守ってくれる、防水ケース。ダイソーで見つけた100均の防水ケースは、はたして本当にiPhoneを水濡れから守ってくれるのでしょうか…?

大切なiPhoneを水中にイン!あとはダイソーさんを信じるのみ…

実験台になっていただくiPhone11。
最近は防水仕様のスマホも珍しくありませんが、画面が割れていたりすると、隙間から水が侵入してしまうことも…。特に水まわりでスマホを使用する際は、防水ケースを装着しておくと安心ですよね。

1000円以上するスマホ用の防水ケースも多いなか、ダイソーの「防水ケース」はたったの110円! しかし手頃なだけに気になるのは、肝心の防水性。しっかりiPhoneを水濡れから守ってくれるのでしょうか。今回は24時間水に浸して、実際に防水ケースの中に水が入ってこないのかチェックしてみました。
ダイソーの「防水ケース」はIP68基準を取得済みとのこと。つまり、最高水準の防じん・防水国際保護等級をクリアしています。使用できるスマホのサイズは16.7×8.8cm。比較的サイズが大きいので、iPhone13 Pro Maxでもギリギリ入りそうです。
両側にロックが付いており、しっかり密閉できます。密閉されていないと上の写真のようにフックが立つので、ロックの有無を一目で確認可能。これで閉め忘れも予防できますね。
防水ケースの中に入れていても、いつもと同じようにタッチしたり、側面ボタンの操作が可能。マリンアクティビティで思い出の写真を撮影することもできます。ただし水中だと、別のことに気を取られて操作に手間取りそうではありますが…。
ケースに入れた状態で撮影した写真がこちら。ピンボケ気味ではあるものの、意外とキレイな写真に!
ネックストラップが付いているので、首からぶら下げて持ち歩くこともできます。お風呂場ではフックなどに引っ掛けておけば、入浴中も快適に使えそうですね。

24時間後も侵水なし!

ケースの色が透明なので、海やプールに落としてしまったら見つけにくそう…。
今回はダイソーを信じて、手持ちのiPhone11を防水ケースに入れて24時間放置してみました。ただただ無事を祈ります…。
そして、24時間後のiPhone11がこちら。防水ケースの周りはもちろん濡れていますが、内側は濡れていなそう…?
iPhone11そのものは全く濡れていませんでした。試しにLINEなどの操作をしてみましたが、沈める前と比べても性能面は全く問題なし! 

水中での操作性など多少の使いにくさは感じたものの、110円でここまでしっかりしているとはダイソーさん、流石です…!
商品名/防水ケース(スマートフォン用)
価格/110円
材質/塩化ビニル樹脂、ABS樹脂、ポリエステル
サイズ/12.2×1.4×20.3cm
カラー/ブル- 、ピンク 、ブラック 、透明
●大創産業
記事の一覧へ