アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
ツルハで売ってる「-5℃」冷感シートはどこまで冷たいのか?買ってみた

LIFE

ツルハで売ってる「-5℃」冷感シートはどこまで冷たいのか?買ってみた

  • 2022.07.19

日差しが暑い季節。多種多様な冷感グッズがある中で、筆者が愛用しているのがドラッグストアを展開するツルハグループのプライベートブランド「くらしリズム」の冷感ボディシート。このシート、実際のところどのぐらい冷たいものなのか、検証してみました。

猛暑日に効果てきめん!「-5℃」のスースー感

商品名/くらしリズム 冷感ボディシートS シトラスの香り 20枚
価格/327円

●ツルハグループ
猛暑日が続いた先日、思わず近所のドラッグストアに駆け込んで購入したこちらの冷感シート。リーズナブルでしっかり使えそうな冷感グッズを探していたところ目に飛び込んできたのが、パッケージに大きく書かれた「冷感」の文字。

肌温度は「-5℃」とあります。実は「-4℃」も一緒に並んでいましたが、この猛暑で冷たいほうを選ばない手はありません。という訳で、迷わず「-5℃」をチョイス。
さっそく2度ほど肌を拭いてみると、すぐに強力なスースー感が到来! さらにその後、3分くらい経つとスースー感がいよいよ増して、湿布を貼ったような感覚に。

冷たさが持続するだけでなく、取り出した後もすぐには乾かないため、1枚で何度も使えるというのもポイント。連日の猛暑日の中、BBQをした際にはこれが大活躍し、野外でも欠かせないアイテムになってしまいました。シトラスの香りがしっかりと濃いので、汗のニオイも拭き取れて冷感以外のところにも感動です。

そのままバッグに入れてもおしゃれ

シックなパッケージにも注目。冷感シートなどはそのままバッグに入れるとどうしてもお洒落な感じがなくなってしまいがちですが、このパッケージならこのままバッグに入れても良さげな雰囲気です。

本当に-5℃?体温計で計ってみた

パッケージにもある通り、本当に-5℃になるのか、自宅の非接触型体温計で計ってみることにしました。商品情報によると、「-5℃」の数値は2往復拭いた直後の肌表面温度だそうです。

さっそくおでこで計測してみたところ、通常体温36.7度に対し、冷感シート使用後は、なんとエラーが出てしまう結果に。34.0度以下はエラーが出るようになっているため、肌表面温度が下がっていたのは確かだと思います。

「-4℃」とも比べてみました

商品名/くらしリズム 冷感ボディシート せっけんの香り 20枚
価格/327円

●ツルハグループ
せっかくなので、「-4℃」も購入して比べてみることにしました。確かにこちらも強いスースー感があるものの、「-5℃」にはやや劣る感じがします。ただ、せっけんの香りをチョイスしたので、シトラスのツンとする香りよりはこちらのほうに好感が持てそうな気がします。

実は「-5℃」も「-4℃」も価格自体は同じなのですが、「-5℃」のほうがスースー感がきついので、外で使うのがおすすめ。一方の「-4℃」はスースー感がスッと引いていく感じなので、就寝前にひと拭きするとサッパリして気持ちいいかもしれませんね。
300円程度で購入できて、スースー感も持続する冷感シート。これから訪れる暑い日々の頼もしい相棒になってくれるはず。ぜひ一度試してみてはいかがでしょう。
記事の一覧へ