アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
ダイソーの「クールネック」をついにゲット!見つけたら即買いするべき理由とは

LIFE

ダイソーの「クールネック」をついにゲット!見つけたら即買いするべき理由とは

  • 2022.07.24

今年も冷感グッズが恋しい季節がやってきました。なかでもダイソーの「クールネック」は、6月に猛暑日が続いたこともあり、品薄状態がずっと続いていたようです。今回ようやくゲットすることができたので、さっそく使ってみました!

ダイソーの「クールネック」ここがすごい!

商品名/クールネック
価格/1100円
サイズ/39×2×2cm
素材/TPU 熱可塑性ポリウレタン、PCM 特殊冷却材

●大創産業
ダイソーで販売中の「クールネック」。SNS等で話題となったことから、夏本番を目前に完売する店舗が続出していたようです。1100円のアイテムなのでダイソーでは高額な部類に入りますが、それでも殺到したのにはワケがありそうです。

24℃以下で自然凍結する仕組み

最大の特徴は、24℃以下の外気温で自然凍結すること。もちろん充電や電池などを必要とせず、繰り返し使用できるのもポイントです。

冷蔵庫で冷やせば30分前後で凍結完了

24℃以下での自然凍結に加えて、冷蔵庫や水で冷やして凍結させることも可能。公式には凍結するまでの所要時間がこのように。

・冷蔵 約30分
・冷凍 約20分
・流水 約8~15分(5~10℃の流水使用時)


地域にもよりますが、夏場の水道水は28℃前後だそうなので、家では冷蔵庫か冷凍庫に入れる必要がありそうです。とはいえ、外気温30℃で使用した場合、80~120分冷たさが持続するというのは、意外に長時間使用できることに驚きです。

冷蔵庫で30分!実際に使ってみた

冷蔵庫に30分、取り出してみると中のジェルが凍り、白っぽくなっています。手で持つと、ものすごく冷たいというわけでなく、ほどよくひんやり。ココがクールネックの優秀ポイントだと確信した筆者。なぜかというと……。

首に巻くとその冷たさにビクッとなるのかと思いきや、肌が心地良いと感じる絶妙な冷たさなのです。これはもう、やみつきになりそう。5分、10分経っても変わらない冷たさで、結露もしません。
おうち時間では、首以外にカチューシャのように付けてみるのも頭がすっきりして良かったです。意外と伸びが良く、締まりもいいので、おでこにつけて耳の辺りでフィットさせることも可能。

最大のポイントは、結露しないから濡れないこと

繰り返し使用できるので、旅行やレジャーで大活躍しそう。ホテルなどに冷蔵庫があれば、旅先でも快適に使えます。また、エアコンの節電対策にもなりそう。
もう一つ、筆者がダイソーのクールネックに魅力を感じた最大のポイントは、結露しないこと。冷やして使うアイテムは溶け始めると結露でびしゃびしゃに濡れてしまいますが、なんとこのクールネックは結露しない。直接首に巻くので、これはおすすめです。
記事の一覧へ