アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
格好いい家族の作り方・過ごし方「長谷川あやさん家族の場合」

LIFE

格好いい家族の作り方・過ごし方「長谷川あやさん家族の場合」

  • 2021.01.28

毎回、好評な大特集「格好いい家族の作り方・過ごし方」。今回は、CLUB MADURO MEMBERのインフルエンサー家族を徹底取材。ウィズコロナで新しい生活様式になり、大人数での集まりや自由に家族でお出かけができない昨今、家族で一緒にお家で過ごす時間が増えました。そこで、MADUROとしては、インフルエンサーの格好いい家族のライフスタイルの実例に迫りました。そこには家族全員が笑顔にお洒落に楽しく暮らすヒントが隠されていました。

CLUB MADURO MEMBERS
長谷川あやさん


Instagram@ayasuke_0516(フォロワー5.3万人前後)


Profile
パパ34歳、ママ32歳、娘1歳。
世界遺産検定3級を持つあやさんは、阪急交通社の旅コーデ・アンバサダーとして活躍中。日本をはじめ海外などにも詳しい情報通です。結婚前は、雑誌S Cawaii!やviviなどの読者モデルとしても活躍してきました。パパの教道さんは美容師のお仕事をしています。そ娘の小夏ちゃんは、最近歩きはじめた元気いっぱいの1歳ちょっと。


クラブマデュロ


「料理や掃除が趣味のパパのおかげで、夫婦で家事と育児を分担しています!」


「私と娘の髪は美容師のパパがカットしてくれます。料理や掃除がパパの趣味なので、夕飯作りは基本的にパパの担当。育児と家事を夫婦2人で分担できている環境に感謝です」と話すあやさん。「パパは自粛期間中も通常通り出勤していたので、1ヶ月間ほど別の場所で暮らしてもらいました。落ち着いてからは家族一緒に過ごせるようになって安心。家にいる時間が増えたので、少しでも快適に過ごせるように、お醤油やワサビなど、いつも使っている調味料をワンランク上のものに変えるなど生活を工夫しています」。家族円満の秘訣を伺うと「小さいことでも溜め込まないこと。言いすぎるのはよくないけど、思ったことをお互いキチンと伝えるのが一番いいと思います。ただ、パパはあまり言わないんですけどね(笑)」と教えてくれました。


クラブマデュロ


「今はあんまり行けないけど、家族旅行が大好きなのでいろんな場所に出かけます。」


あやさんのお仕事で最近、半月ほど沖縄に滞在した家族3人。「フクギ並木は結構ソーシャルディスタンスが保たれていたので、ゆったりお散歩できました。美ら海水族館もかなり徹底されたウィルス感染対策をしていたので安心して過ごせました。最近歩きはじめた娘は、まるで怪獣みたいに元気なんです(笑)」


クラブマデュロ


クラブマデュロ


「贈り物用に見つけたティラミス。あまりの美味しさに自分でヘビロテ。」


よくお取り寄せしをしている名古屋のプティラのスウィーツ。手作りのティラミスが、可愛らしい瓶に入って自宅に届けられます。「生粋のティラミス好きで、友達への贈り物用に探していたとき、見つけました。一度食べたらあまりの美味しさにハマってしまい、今は自分用にお取り寄せ。しつこくない甘さとちょうどいいサイズ感で、一気に2つ食べちゃいます」。


クラブマデュロ


「お家時間が増えたからお部屋の香りを充実♡インテリアとしても◎」


「娘が小さいうちは、ルームフレグランスの香りが強いものは避けていました。しかし、最近は徐々に解禁。お気に入りはアポテーケ フレグランスのルーム用の香りたち。お香、オイルがお気に入りです。香りの種類も多いのも、見た目がかわいいのも◎。だから、インテリアとしても◎です」。


クラブマデュロ


「果物を丸ごと挟んだ重量感たっぷりなフルーツサンドを堪能!」


五反田駅に期間限定でオープンしていたフルーツダイニング 8010(パレット)のフルーツサンド。バナナをはじめ、イチゴやキウイなど果物がぎっしり詰まったスウィーツ系サンドイッチです。「あまりにも美味しそうなビジュアルに惹かれて、思わず買っちゃいました。ラッキーなことに。私が行ったときは並ばずに買えました」。


クラブマデュロ


「おこもりステイや広大な公園で3人だけの時間を満喫。」


クラブマデュロ
横須賀・三浦半島にあるソレイユの丘のひまわり畑。「パパは娘が生まれる前までは人見知りで、絶対に写真にも映らない性格でした」。でも、今はとびっきりの笑顔で応えてくれているようです。
クラブマデュロ
リゾート旅館、箱根 藍瑠に泊まったときのお写真。「おこもりに最適と紹介されていたのを見て、訪れました。お部屋に個室露天風呂が付いていて、食事も仕切られた場所だったので、安心でした。箱根湯本駅から歩いて行けるので電車でも便利です」。

 「服の好みが似ているので気に入ったアイテムは夫婦でシェアしています。」


「肌着ブランドのサクレにはメンズもあるので、パパとシェアして着ています。私がオーバーサイズのアイテムが好きな分、シェアできる服が自然と多くなります。彼の方はもともと濃い発色の服が好きだったのですが、最近は私と同じベージュ系が好きになったみたい。娘も同じベージュの色味の服が多いので、自然とお揃いにしたいみたいです。(笑)」。


クラブマデュロ

記事の一覧へ