アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
ロイヤルエンフィールド「Continental GT 650」をカスタムしたらカッコいいぞ

BIKE

ロイヤルエンフィールド「Continental GT 650」をカスタムしたらカッコいいぞ

  • 2023.03.18

ロイヤルエンフィールドはインテックス大阪で開催されている「大阪モーターサイクルショー」にて、カスタムバイク「Royal Enfield-改」(ロイヤルエンフィールド・カイ)を世界初公開。さっそくどんなバイクなのか見てみましょう。

1970~80年代のレーサーをイメージした「カフェレーサー」仕様

このカスタムバイクを製作したのは、愛知県名古屋市を拠点とするカスタムファクトリー「AN-BU Custom Motors」(アンブ・カスタムモータース)の代表・藤田浩一氏。
「Royal Enfield-改」は、カフェレーサースタイルと、排気量648cc空冷4ストローク並列2気筒エンジンを採用したロイヤルエンフィールド「Continental GT 650」(コンチネンタル・ジーティー・ロクゴーマル)をベースに製作されています。
アルミ鋼鈑から叩き出して成型したフューエルタンクは細く長く、どの角度から見ても美しいラインで構成。
燃料タンクを支えるフレーム上部は、タンク形状に合わせ、1970年代から1980年代に活躍したレーシングマシンのフレームレイアウトをモチーフに再構築されているといいます。
フロントフォークはKAYABA製で、80年代のレーシングマシンに多く採用されていた38mm径を選択。そのフロントフォークとフレームを繋げる三つ叉は、フロントフォークに合わせた設計となっていて、藤田氏がイメージするスポーツライディングを実現するためにフォークピッチやフォークオフセットも専用設計されています。
また、オリジナル製作されたカーボン製カウルには、カウル中央からオフセットした場所にヘッドライトを配置し、80年代の耐久レーサーのような仕上がり。カウルのカーボン繊維を目立ちすぎないよう、表面には絶妙な濃度でマットブラックの塗料がペイントされています。
カウルの装着やライディングポジションのバランスもさることながら、タンク形状やフレームが美しく、レトロレーサー好きも納得のカッコよさ。これ売ってたら、ちょっと欲しくないですか?
記事の一覧へ